1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • 人権蹂躙

    人権蹂躙から見た高齢者虐待高齢者虐待

    さらに、20世紀末から21世紀にかけての日本では、従来「法は家庭に入らず」の法格言の下であまり干渉されなかった家庭内における虐待等が法律によって規制されるようになりつつある。具体的には、DV防止法(2001年)、高齢者虐待防止法(2006年)などが新たに制定されている。このような法律が近時次々と制定されていることは、ドメスティックバイオレンスや高齢者虐待など家庭内における弱者の虐待をも、「法的意味での人権侵害」と日本社会が捉えるようになってきた現われであるともいえる。人権蹂躙 フレッシュアイペディアより)

  • 機能不全家族

    機能不全家族から見た高齢者虐待高齢者虐待

    親から虐待を受けた子供は、幸運にも家庭から脱出できた場合、年老いた親を殊更に冷遇したり、または暴力的支配におよんだりなどして、「親への復讐」を始めるケースも見られる。酷い場合には、自分の親と同世代の老人全てに対して理由も無く憎悪や敵対心を抱くこともあり、「老人虐待」といった別の問題を惹き起こすことにもなる。機能不全家族 フレッシュアイペディアより)

  • 高齢者

    高齢者から見た高齢者虐待高齢者虐待

    過度の社会保障受益や認知機能や身体機能が低下し、認知症・寝たきりなど疾病に掛かり易い高齢者に対する介護の疲れや社会的負担から、高齢者に対する嫌悪や高齢者虐待 (Ageism) が増えてきた。これを受けて、「年をとった、年寄り、高齢の」といった年齢を強調した表現を避け、「より経験豊かな、先任の」といった価値中立な表現を工夫して用いるような傾向が出てきている。たとえばoldではなく、senior (シニア)、elderly、aged、後期高齢者医療制度の名称や高齢ドライバー標識の意匠変更など。高齢者 フレッシュアイペディアより)

  • 泉健太

    泉健太から見た高齢者虐待高齢者虐待

    高齢者虐待の防止等に関する国等の責務、高齢者虐待を受けた高齢者に対する保護のための措置、高齢者の養護者の負担の軽減を図るための措置等を定めるもの。泉健太 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示

「高齢者虐待」のニューストピックワード