魁皇博之 ニュース&Wiki etc.

魁皇 博之(かいおう ひろゆき、1972年(昭和47年)7月24日 - )は、福岡県直方市出身で友綱部屋所属の元大相撲力士。本名は古賀博之(こが ひろゆき)、愛称はキンタ、ゴリライモ。身長185cm、体重175kg、血液型はA型。得意手は左四つ、寄り、上手投げ、小手投げ。最高位は東大関。現在は年寄・浅香山を名乗り、浅香山… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「魁皇博之」のつながり調べ

  • 東龍強

    東龍強から見た魁皇

    初めて三段目に昇格した2009年9月場所は7戦全勝とし、優勝同点。初土俵から1年足らずの翌11月場所で幕下に昇進して以降は幕下に定着し、2011年9月場所では関取昇進の可能性があるとされる、幕下15枚目以内に初めて昇格。2012年11月場所では西幕下筆頭で6勝1敗の好成績で、場所後の番付編成会議で翌2013年1月場所での新十両昇進が決まった。新十両発表を受けた2012年11月28日は母親の命日であり、明徳義塾高校2年生の時に母親が死去した時には「聞いた時は涙も出ないくらい信じられなかった」といい、命日からちょうど8年で念願の関取の座を掴んで母親の供養を果たした恰好となった。新十両発表に際して「魁皇関のような相撲を取りたい」と話した。(東龍強 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た魁皇博之

    1996年(平成8年)11月場所、横綱曙、大関3代若乃花、同武蔵丸、同貴ノ浪、関脇魁皇の5人(いずれも11勝4敗、優勝は武蔵丸)による優勝決定戦が行われた。これが2009年5月場所現在においても幕内における優勝決定戦の最多出場人数である。また、この時の11勝4敗は、2009年現在幕内最高優勝としては15日制定着後最少勝ち星となっている(ほかに1972年1月場所、先代栃東も11勝4敗で優勝、このときは決定戦なし。また、2017年9月場所、日馬富士も豪栄道との優勝決定戦の末、11勝4敗で優勝している。)(優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

「魁皇博之」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「魁皇博之」のニューストピックワード