前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た魁皇博之魁皇博之

    (大相撲)大相撲九州場所13日目の26日は、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬は魁皇との1敗同士対決となり、寄り切って1敗をまもり、大関陣では魁皇は2敗目となり、把瑠都は琴欧洲との大関同士の対戦となり、上手投げで勝った。1敗は、白鵬、豊ノ島の2人、2敗は魁皇、把瑠都の2人となった。時事ドットコムスポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た魁皇博之魁皇博之

    2009年の5月場所では12日目で5勝7敗、更に左足太もも肉離れという絶望的な状況に追い込まれたが、その後大関琴光喜と魁皇、関脇把瑠都に対し3連勝をし、8勝7敗で13度目の角番を脱出した。しかし、角番を脱出した取組となった千秋楽の把瑠都戦が、故意によるものでは無いが「無気力相撲」に相当すると判断され、両者に対して師匠を通じ注意処分を受けた。翌7月場所は序盤から勝ち負けを繰り返し、14日目には魁皇に負け7勝7敗になるも、千秋楽に関脇鶴竜に勝って勝ち越したが、これが最後の皆勤場所、また最後に勝ち越した場所となった。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た魁皇博之魁皇博之

    東前頭筆頭に据え置かれた2007年1月場所では栃東と魁皇の2大関を破る活躍を見せて9勝6敗と勝ち越し、翌3月場所では一気に西関脇へ昇進した。その3月場所では7勝8敗と負け越し、西小結へ下がった同年5月場所でも千秋楽に出島に敗れて7勝8敗と負け越し、翌5月場所では平幕へ陥落した。小結へ復帰した2007年11月場所では初日に横綱・白鵬に初めて勝利して、9勝6敗と勝ち越しを果たして2回目の技能賞を受賞した。翌2008年1月場所では9日目から途中休場したものの、12日目から再出場して9勝を挙げた。西関脇へ復帰した翌3月場所では12日目に横綱・朝青龍に初めて勝利し、8勝7敗と勝ち越しを決めて初の殊勲賞を受賞した。翌5月場所でも8勝7敗と勝ち越したものの、翌7月場所では6勝9敗と負け越して5場所連続して務めた三役から陥落した。以降は大関昇進を期待されながらも、2008年9月場所から2009年5月場所にかけては5場所連続で平幕に留まるなど、三役には定着しきれない日々が続いた。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 琴欧洲勝紀

    琴欧洲勝紀から見た魁皇博之魁皇博之

    2007年9月場所では新入幕の豪栄道の活躍で、大関という立場では対戦があるはずの大関・千代大海、横綱・白鵬との取組が外されてしまった。さらに、横綱・朝青龍、大関・魁皇が休場、大関・琴光喜が同部屋所属のため、大関なのに大関以上との対戦がないという事態となった。さらに、そのような事態にもかかわらず下位力士に大きく取りこぼし、8勝7敗に終わった。琴欧洲勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    三役以上に日本出身力士が2人(魁皇、栃煌山)は、前9月場所での3人を更新する史上最少のこととなった。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年5月場所

    大相撲平成22年5月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    また、大関魁皇は平成5年11月場所から継続している連続幕内在位記録を当場所で100場所とした(幕内通算在位記録は101場所)。大相撲平成22年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 花の六三組

    花の六三組から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇博之(最高位大関、現在の年寄・浅香山)花の六三組 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年11月場所

    大相撲平成28年11月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    休場明けの横綱白鵬は今場所3番勝てば千代の富士・魁皇に次いで史上3人目の通算1000勝を達成するとあって、その取組に注目された。大相撲平成28年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年9月場所

    大相撲平成20年9月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    4日目に横綱白鵬が初日から4連敗中の平幕の稀勢の里に敗れ7月場所から続く連勝が19で止まった。また、横綱朝青龍が3日目に雅山、6日目に安美錦に敗れ金星を与えてしまう。大関陣では魁皇が5日目の時点で2勝3敗、琴欧洲が6日目の時点で2勝4敗と調子が上がらない。琴光喜は3日目に敗れたがその後は連勝した。千代大海は初日から3連勝だったが4日目に敗れ、6日目から2連敗した。大相撲平成20年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大納川憲治

    大納川憲治から見た魁皇魁皇博之

     2012年5月27日、甚句づくりの名手、元三役格呼出し永男の遺作となった怪力大関魁皇博之(2012年3月コロムビアから相撲甚句?名力士編?CD発売 永男の指名で大納川がレコーディング)を魁皇引退相撲で数十年ぶりに本土俵で満員の国技館で熱唱して相撲甚句の真髄を披露した。大納川憲治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード