前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た魁皇博之魁皇博之

    (大相撲)大相撲九州場所13日目の26日は、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬は魁皇との1敗同士対決となり、寄り切って1敗をまもり、大関陣では魁皇は2敗目となり、把瑠都は琴欧洲との大関同士の対戦となり、上手投げで勝った。1敗は、白鵬、豊ノ島の2人、2敗は魁皇、把瑠都の2人となった。時事ドットコムスポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た魁皇博之魁皇博之

    2009年の5月場所では12日目で5勝7敗、更に左足太もも肉離れという絶望的な状況に追い込まれたが、その後大関琴光喜と魁皇、関脇把瑠都に対し3連勝をし、8勝7敗で13度目の角番を脱出した。しかし、角番を脱出した取組となった千秋楽の把瑠都戦が、故意によるものでは無いが「無気力相撲」に相当すると判断され、両者に対して師匠を通じ注意処分を受けた。翌7月場所は序盤から勝ち負けを繰り返し、14日目には魁皇に負け7勝7敗になるも、千秋楽に関脇鶴竜に勝って勝ち越したが、これが最後に勝ち越した場所となった。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た魁皇博之魁皇博之

    その後は1993年9月場所から6場所連続、1995年11月場所から4場所連続で関脇を保つなど常に三役から幕内上位で活躍する。このころから貴乃花や曙には歯が立たなくなっていたが、若乃花に対しては1995年1月場所から4連勝するほか、武蔵丸や貴ノ浪の大関陣をたびたび破るほか、次の大関を狙う魁皇や武双山などに対しても重要なところで痛い黒星をつけるなど存在感を示した。1998年1月場所では武双山に対して、同年5月場所では貴闘力に対して八艘飛びの奇襲を仕掛けともに勝利するなどファンを驚かせる相撲を見せた。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 花田虎上

    花田虎上から見た魁皇博之魁皇博之

    1988年3月場所初土俵。「花の六三組」の一人で、弟の貴花田(のち横綱貴乃花)の他、のち横綱曙・大関魁皇らと同期入門だった。初土俵以降順調に出世するも、1989年11月場所で史上最年少関取となった貴花田には一歩出遅れたが、若花田も弟の後を追いかけるように1990年3月場所で新十両となる。同年9月場所には新入幕を果たした。花田虎上 フレッシュアイペディアより)

  • 琴欧洲勝紀

    琴欧洲勝紀から見た魁皇博之魁皇博之

    手繰りに弱く、少しの手繰りであっさりと負けてしまうことが多い。特に魁皇との対戦でその傾向がよく見られた。琴欧洲勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た魁皇博之魁皇博之

    翌3月場所は、自身2度目の大関獲りの場所であった。11日目に全勝の横綱朝青龍との相星決戦で、左四つに組み合った後、左手で朝青龍の左ももを払いながらの上手出し投げで完勝し、大関昇進の基準といわれる33勝目をあげた。千秋楽では魁皇に敗れたが、優勝を争っていた朝青龍も栃東に敗れたため13勝2敗同士の優勝決定戦で再び朝青龍と対戦。朝青龍に得意の左四つからの下手投げで敗れ優勝は逃したが、技能賞と殊勲賞を獲得するなど高く評価された。この一番はモンゴル国内において、瞬間視聴率は驚異の93パーセントを記録したとされる。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 花の六三組

    花の六三組から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇博之(最高位大関、現在の年寄・浅香山)花の六三組 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    三役以上に日本出身力士が2人(魁皇、栃煌山)は、前9月場所での3人を更新する、史上最少。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年5月場所

    大相撲平成22年5月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    また、大関魁皇は平成5年11月場所から継続している連続幕内在位記録を当場所で100場所とした(幕内通算在位記録は101場所)。大相撲平成22年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年1月場所

    大相撲平成22年1月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    史上最長の65場所大関を務め、この場所関脇に陥落した千代大海は、10勝を挙げれば特例で大関に復帰することが可能であったが、初日から連敗、3日目に魁皇に敗れた翌日、遂に引退を発表した。現役最後の相手となった魁皇とはこれが通算54回目の対戦で、これは歴代2位の対戦回数。また魁皇はこの一番に勝利したことで幕内勝利数の新記録となる通算808勝目を上げた。大相撲平成22年1月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード