146件中 91 - 100件表示
  • 岩木山竜太

    岩木山竜太から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇には、11戦全敗と苦手にしていた。逆に、垣添には、稽古場では勝てないものの2009年5月場所終了時点で16戦全勝であったが、2009年11月場所で初黒星を喫した。岩木山竜太 フレッシュアイペディアより)

  • たむらけんじ

    たむらけんじから見た魁皇魁皇博之

    魁皇 - 現役力士(大関)時代の晩年に、大相撲春場所で「炭火焼肉 たむら」名義の懸賞金を出した。たむらけんじ フレッシュアイペディアより)

  • 武田頼政

    武田頼政から見た魁皇博之魁皇博之

    2008年(平成20年)10月3日に東京地裁で行われた口頭弁論では、被告側証人として武田と板井圭介、原告側証人として朝青龍が出廷した。板井は自身の現役時代に八百長が行われていたことを証言する一方、裁判の争点となっている朝青龍らの八百長に関しては「全然知らない」と答えた。武田は金銭の授受があったが、その具体的な証拠や証言者は明かせないとした。日本相撲協会側の弁護士の質問の返答で、支度部屋に入ったことがないことを認めている。また、自身が八百長に関与していると報じた力士のうち、過去に魁皇、栃東、朝青龍の三人に取材をしたと述べ、詳細を当時証人申請していた元若ノ鵬が証言してくれるとした。朝青龍は報道直後と同様疑惑を全面否定した。2008年(平成20年)10月27日、原告の元露鵬と元白露山が訴えを取り下げた。その一方で、「週刊現代」から八百長の告発を依頼されたが、必要がないことを理由にノーコメントとしている。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勝敏

    長谷川勝敏から見た魁皇博之魁皇博之

    幕内上位から三役で活躍し、関脇を当時最多記録の21場所も務め、時津山と並び「戦後最強の関脇」と言われた(現在は琴光喜(元大関)の22場所が史上最多記録。次いで2代琴錦(現秀ノ山)、魁皇(現浅香山と並び史上2位タイ)。また小結(9場所)・関脇の通算在位合計30場所も当時の最多記録だった(現在は2代琴錦・34場所、魁皇・32場所、武双山(現藤島)・31場所に次ぎ、琴光喜と並び史上4位タイ)。長谷川勝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た魁皇博之魁皇博之

    新小結の初日は横綱・朝青龍から見事勝利を挙げた。一度は土俵際まで攻められるも素早く体位を入れ替え、朝青龍の腰に後ろからしがみついた。そして朝青龍が無理に向きを変えようとしたところをついて送り倒した。その日は既に3大関が敗れており波乱の形相を呈していたが、朝青龍の手がついた途端館内の熱気は最高潮に達し、座布団が乱れ飛んだ。2006年後半から、上位に対して白星を挙げられるようになってきてはいたが、この場所も魁皇・琴欧洲の2大関を倒す活躍を見せ、最終的には7勝8敗と惜しくも負け越してしまったものの、勝ち星を挙げた取組には、内容のいいものが多かった。5月場所では西前頭筆頭となり、8勝7敗と勝ち越し、7月場所では再び三役に番付を戻した。5月、7月では、なかなか本来の相撲が取れなかったが、7月場所の千秋楽では高見盛を内掛けで崩しながら寄り切った。久々に時天空らしさがのぞいた一番であったが、9月場所ではやはり本来の形が出ず、6勝9敗に終わった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃花仁

    栃乃花仁から見た魁皇博之魁皇博之

    そして2005年11月場所は東前頭14枚目の地位で11勝4敗と大きく勝ち越し、敢闘賞を受賞した。2006年1月場所は一気に西前頭3枚目まで番付を上げたが、4勝11敗と大きく負け越してしまった。しかし、大関・魁皇や優勝争いに加わっていた関脇・白鵬を破るなど実りのある場所でもあった。2006年9月には、年寄名跡・二十山株を取得した。栃乃花仁 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐望将輔

    嵐望将輔から見た魁皇博之魁皇博之

    東京都福生市の中学校を卒業して二子山部屋に入門し、1988年3月場所で初土俵を踏む。この場所に入門した力士は花の六三組と呼ばれ、横綱曙、貴乃花、3代目若乃花、大関魁皇らそうそうたる面々が並んでいる。初土俵時の四股名は「若井上」。嵐望将輔 フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛

    栃ノ心剛から見た魁皇博之魁皇博之

    2010年5月場所は西前頭2枚目で迎えた。初日は把瑠都に敗れたものの翌日以降4大関(日馬富士・琴欧洲・琴光喜・魁皇)を次々になぎ倒し、順調な滑り出しをしたが、その後は失速し千秋楽に8勝7敗とぎりぎり勝ち越した。それでも4大関撃破の星が認められて2回目の敢闘賞を受賞した。翌7月場所は新三役となり西小結に昇進したものの、琴欧洲を除く横綱・大関陣に全て敗れるなど上位の壁に阻まれ6勝9敗で負け越した。栃ノ心剛 フレッシュアイペディアより)

  • 智ノ花伸哉

    智ノ花伸哉から見た魁皇博之魁皇博之

    2001年9月場所、十両下位で5勝10敗と負け越し幕下への陥落が決定的となったため、11月場所前に37歳で現役引退。引退後は、準年寄・智乃花から年寄・浅香山を襲名した(引退時に年寄名跡を取得していなかったため、大関・魁皇から借用)。智ノ花伸哉 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た魁皇博之魁皇博之

    ところが、新入幕の場所は初日から連敗を喫し、3日目には栃乃花に対し土俵際で突き落としを辛くも決めて幕内初白星を挙げたが、その際に右膝と右足首を痛めて休場した。結局1勝3敗11休に終わり十両に転落した。9月場所に13勝2敗の好成績で十両優勝を果たし、翌場所に幕内に復帰した。その後も大勝ちはなく、ぶどう膜炎を患って十両に落ちるなど一進一退を続けたが、2006年1月場所に東前頭3枚目に番付を上げ、初めて横綱・大関と総当たりする位置についた。そして千代大海、魁皇の2大関を破る活躍を見せたが、最終的には4勝11敗で負け越してしまった。それでも、その後は前頭上位から中位あたりに定着するようになった。そして、2008年1月場所では、自己最高となる12勝3敗の好成績をあげて、初めての三賞となる敢闘賞を受賞した。翌3月場所には小結に昇進し、初めての三役を務めたが、初日から5連敗を喫するなど3勝12敗と大きく負け越して1場所で陥落となった(なお初白星は大関・琴光喜から挙げた)。2010年9月場所にも再び12勝3敗という好成績を挙げ、2回目の敢闘賞を受賞した。現在は中下位で勝ち越し→上位で負け越しという場所が続いている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

146件中 91 - 100件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード