168件中 91 - 100件表示
  • 西脇充子

    西脇充子から見た魁皇博之魁皇博之

    西脇 充子(にしわき みつこ、1967年11月2日 - )は、日本の元女子プロレスラー、元タレント。本名・古賀 充子(こが みつこ)、旧姓・西脇。血液型O型。岐阜県安八郡神戸町出身。夫は大相撲の浅香山親方(元大関魁皇)。西脇充子 フレッシュアイペディアより)

  • 小錦八十吉 (6代)

    小錦八十吉 (6代)から見た魁皇博之魁皇博之

    尚小錦の10勝以上の場所は32場所と、最高位が大関の力士としては魁皇の35場所、千代大海の33場所に次ぎ、歴代横綱と比しても中位に位置する。優勝3回で何度も「綱獲り」に手をかけるなど、戦後大関の中でも魁皇らと同様「最強大関」の一人に数えられる。しかし膝の負傷以降万全でない場所での大負けがあり、大関時代の勝率では小錦の.637に対して、同時代の霧島の方が大関在位は短い(16場所)ながら.647とわずかに上回っている。また後年、通算1047勝・幕内879勝など大相撲史上1位の記録を塗り替えた魁皇は、大関在位65場所・幕内優勝5回など大多数が小錦の成績を上回っているものの、大関時代の勝率は.615と小錦を下回っている。小錦八十吉 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た魁皇博之魁皇博之

    全盛期は立合いの馬力と突き押しを武器に、三役、幕内上位に定着して活躍。魁皇、武双山とともに御三家と称され、大関候補と目された時期もあった。全盛期の立合いの馬力は幕内で一二を争う威力を誇り、立合いでの頭からの強烈な当たりから突き押しに転じ、再度頭からぶちかます取り口である。しかし、腰高で上半身に比べ下半身が脆く、はたきや引き技に屈して前に落ちる悪癖によって負けるケースが多かった。土俵際まで追い詰めておきながら、捨て身の叩きや突き落としに屈することもしばしば見受けられた。ベテランの域に入ってからは馬力・足腰の衰えが顕著で、自分より軽い相手でも容易に押せない展開になることが増えたり自らが引き技に出る展開が増えた。副次的な手段として右四つで相撲を取ったり、頭を付けて食い下がる事もあったが、基本的には愚直に押す相撲を貫いていた。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 霧島一博

    霧島一博から見た魁皇博之魁皇博之

    前述の通り千代の富士、大乃国の引退を境に、旭富士も1992年1月場所で、北勝海も同年5月場所前に立て続けで引退し、横綱が空位となってしまったため大関以上では霧島が唯一の日本出身の力士だった(他大関は共にハワイ出身の小錦と後に横綱となる曙)。しかし11月場所で霧島の関脇転落決定により、1993年(平成5年)1月場所では日本人の横綱・大関が不在となってしまった(いわゆる「ウィンブルドン現象」とも言われる)。それでも同1月場所後に貴乃花(当時・貴ノ花)が大関に昇進したため、日本人不在は1場所で解消した(それから18年後の2011年(平成23年)9月場所、前7月場所で魁皇の引退で大関以上に日本出身力士が消えたが、同9月場所後に琴奨菊の新大関が決まり、これも1場所で終わった)。陥落前の力が落ちてきた時期の霧島の相撲には、三杉里を網打ちで倒したり、貴乃花(当時・貴花田)を内掛けで下すなど、技を活かしたものが多かった。霧島一博 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼樹山秀樹

    蒼樹山秀樹から見た魁皇博之魁皇博之

    『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合テレビ)に浅香山親方(元魁皇)が出演した際、友情出演した。蒼樹山秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬毅

    白馬毅から見た魁皇博之魁皇博之

    翌7月場所で新三役となる東小結へと昇進するものの、横綱・大関(途中休場した魁皇を除く)陣に対して1勝もできず、その場所では4勝11敗と大きく負け越した。同場所の10日目にウランバートルにいる父親が急死したという訃報を受けて、千秋楽の翌日にモンゴルに帰国した。白馬毅 フレッシュアイペディアより)

  • 二丁投げ

    二丁投げから見た魁皇博之魁皇博之

    幕内では2007年9月場所12日目、春日王が普天王に対して決めた。これは1996年3月場所初日、関脇時代の魁皇が浪之花に対して決めて以来、11年ぶりのことであった。ほか1992年5月場所2日目でも、関脇の琴錦が寺尾戦で、この決まり手により勝利している。二丁投げ フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た魁皇博之魁皇博之

    現在、関取在位110場所(昭和59年7月〜平成14年9月)は魁皇117場所、旭天鵬115場所に次ぐ史上3位。また幕内在位93場所も魁皇の107場所(平成5年5月、平成5年11月〜平成23年7月)、旭天鵬の99場所、高見山の97場所に次ぐ史上4位(寺尾の引退直後は当時史上2位)の記録である。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 直方市

    直方市から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇博之(大相撲元大関、現年寄浅香山親方): 幕内最高優勝5回、通算勝利数1047勝を誇る。JR九州の特急「かいおう」の名前の由来にも。直方市 フレッシュアイペディアより)

  • 浪乃花教天

    浪乃花教天から見た魁皇博之魁皇博之

    1996年3月場所での魁皇戦に於いて左肘を痛め、この負傷が致命傷となって同場所から6場所連続負け越し。これにより、1997年3月場所では幕下にまで陥落してしまった。そして、同場所初日の取組を最後に27歳の若さで引退。年寄名跡を取得できなかったため、引退後、直ちに日本相撲協会から去った。浪乃花教天 フレッシュアイペディアより)

168件中 91 - 100件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード