146件中 11 - 20件表示
  • 大相撲平成20年9月場所

    大相撲平成20年9月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    4日目に横綱白鵬が初日から4連敗中の平幕の稀勢の里に敗れ7月場所から続く連勝が19で止まった。また、横綱朝青龍が3日目の雅山に、6日目の安美錦に敗れ金星を与えてしまう。大関陣では魁皇が5日目の時点で2勝3敗、琴欧洲が6日目の時点で2勝4敗と調子が上がらない。琴光喜は3日目に敗れたがその後は連勝した。千代大海は初日から3連勝だったが4日目に敗れ、6日目から2連敗した。大相撲平成20年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    5月21日 - 大相撲五月場所で、魁皇初優勝2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲八百長問題

    大相撲八百長問題から見た魁皇博之魁皇博之

    4月3日、処分発表を受け緊急に力士会が召集される。モンゴル出身の力士などを中心に5月場所ボイコットの提案もなされたが、魁皇博之が反対意見を唱えこの提案はお流れとなった。大相撲八百長問題 フレッシュアイペディアより)

  • 北天佑勝彦

    北天佑勝彦から見た魁皇博之魁皇博之

    それでも1988年11月場所から翌年9月場所にかけては平均勝ち星を二桁とし、1989年1月場所では10勝5敗で横綱千代の富士から3年ぶりの勝ち星を挙げ、翌3月場所では12勝3敗の好成績で、久々に終盤まで優勝を争う活躍をみせた。さらに同年7月場所は千秋楽では千代の富士を下して、同部屋横綱による優勝決定戦(千代の富士VS北勝海)をもたらした。4度目の大関角番だった1990年1月場所での10勝5敗が最後の二桁勝ち星となり、4場所後の同年9月場所途中に引退を表明した。この時点では角番どころか負け越しもしていなかった状況であったが、場所前に左手の指を痛めており場所に入って悪化させてしまったのが致命的となった。引退会見では2連勝の後の4連敗で引退を決意したと語り、あと6場所で貴ノ花が持つ当時の大関在位記録1位の50場所に並ぶというところで土俵を去った。なお北天佑の大関在位44場所は、当時大相撲史上第2位の記録だった(現在は共に大関在位数1位タイ記録・65場所の千代大海と魁皇に抜かれ、史上4位)。北天佑勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    13日-【相撲】名古屋場所4日目大関 魁皇博之が豊ノ島大樹を突き落としで下し元・横綱千代の富士貢(現・九重親方)が持っている初土俵からの通算勝利記録1045勝に並ぶ。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉エリ

    小泉エリから見た魁皇博之魁皇博之

    趣味は大相撲観戦 (特に魁皇のファン)。特技はピアノ、英会話、着付。小泉エリ フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た魁皇博之魁皇博之

    2003年3月場所に豪風と共に新入幕。入幕後しばらくはパッとしなかったが、2004年3月場所では幕内下位ながら好調で、横綱朝青龍、大関魁皇(現浅香山)、大関千代大海(現佐ノ山)と共に初日から11連勝。12日目には魁皇を破って12連勝としたが、翌日千代大海との全勝対決は、突き合い押し合いの大激闘の末、押し出しで敗れた。それでも千秋楽まで優勝争いを展開し(優勝は全勝の朝青龍)、結局13勝2敗の優勝次点で終えて殊勲賞と技能賞を同時に受賞した。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た魁皇博之魁皇博之

    2010年5月場所で6場所ぶりに西小結へ復帰し、その5月場所では7勝8敗と負け越したものの、東前頭筆頭の位置で迎えた翌7月場所では9勝6敗と勝ち越し、翌9月場所で西関脇へ昇進した。その9月場所では魁皇・日馬富士・琴欧洲という3大関を破る活躍で、11勝4敗と自身初となる三役での二桁勝利を挙げて2回目の技能賞を獲得した。東関脇となった翌11月場所では5日目までは4勝1敗と順調な成績だったものの、6日目から7連敗して結果的に7勝8敗と負け越してしまい、東小結となった翌2011年1月場所でも6勝9敗と負け越して三役から陥落した。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 曙太郎

    曙太郎から見た魁皇博之魁皇博之

    同期入門は「花の六三組」と言われる横綱・若乃花(現タレント・花田虎上)、貴乃花、大関・魁皇、小結・和歌乃山、前頭・力櫻(現プロレスラー・力皇猛)、十両・須佐の湖、鶴ノ富士、琴岩国、琴乃峰など。序ノ口では貴乃花(当時・貴花田)に勝ったが、琴乃峰にプロ初黒星を喫している。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た魁皇博之魁皇博之

    1994年(平成6年)1月場所後に貴ノ浪と同時に大関に昇進し、新入幕同時の貴ノ浪とは対照的な取り口ながら実力は伯仲、大関昇進後も良きライバルとして長く名勝負を繰り広げた。ちなみに武蔵丸対貴ノ浪の幕内対戦回数58回は、大相撲史上第1位の記録であり、対戦成績は武蔵丸の37勝21敗となっている(2位は魁皇対千代大海の54回、3位は北の富士対清國の52回)。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

146件中 11 - 20件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード