168件中 11 - 20件表示
  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    5月21日 - 大相撲五月場所で、魁皇初優勝2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    1月12日 - 【大相撲】大相撲一月場所三日目。大関・魁皇博之が、この場所関脇に陥落した千代大海龍二を送り投げで破り、幕内での通算勝星数を808に伸ばし、史上単独1位の記録を達成。皮肉にも、記録を破られたのは千代大海の師匠でもある元横綱千代の富士の九重親方という、因縁めいたものとなった。千代大海は翌13日に現役を引退、年寄「佐ノ山」を襲名した。魁皇と千代大海の幕内での通算取組54回は当時の史上2位だった。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    7月13日-【大相撲】名古屋場所4日目大関 魁皇博之が豊ノ島大樹を突き落としで下し元・横綱千代の富士貢(現・九重親方)が持っている初土俵からの通算勝利記録1045勝に並ぶ。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 琴光喜啓司

    琴光喜啓司から見た魁皇博之魁皇博之

    2005年5月場所は小結で13勝2敗の好成績をあげ、翌7月場所では3年半ぶりとなる3度目の大関挑戦を地元で迎えるとあって異常な熱気につつまれたが、再び7勝8敗と負け越した。翌9月場所は、東小結で9勝6敗と勝ち越して再び関脇に復帰する。しかしそれ以降の8場所中7場所までが8勝7敗という勝ち越しギリギリの成績で、関脇の地位を守り通すという状態が続く。前半は好調ながら、後半急に失速するパターンが何場所も連続して続いた。2006年は初めて二桁勝ち星がなかったが、初の全6場所勝ち越しとなり、安定感は増しつつあった。2006年5月場所から2007年1月場所まで5場所連続で雅山とともに関脇を務めた。5場所連続同じ力士が関脇を務めたのは131年振り。また2007年7月場所には、関脇在位が22場所となり、魁皇などの21場所を抜いて歴代1位である。琴光喜啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た魁皇博之魁皇博之

    2003年3月場所に豪風と共に新入幕。入幕後しばらくはパッとしなかったが、2004年3月場所では幕内下位ながら好調で、横綱朝青龍、大関魁皇、大関千代大海と共に初日から11連勝。12日目には魁皇を破って12連勝としたが、翌日千代大海との全勝対決は、突き合い押し合いの大激闘の末、押し出しで敗れた。離れた相撲としては珍しい1分12秒の大激闘であった。それでも千秋楽まで優勝争いを展開し(優勝は全勝の朝青龍)、結局13勝2敗の優勝次点で終えて殊勲賞と技能賞を同時に受賞した。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大潮憲司

    大潮憲司から見た魁皇博之魁皇博之

    1988年1月場所後、満40歳で現役を引退。なお、通算出場1891番は全大相撲力士中の第1位、十両在位55場所は歴代1位タイ(他に蜂矢)、幕内昇進13回も歴代1位の記録である。通算勝ち星の964勝は、白鵬(現役)の1050勝、魁皇の1047勝、千代の富士の1045勝に次ぐ第4位の記録である。また、通算黒星の927敗は、旭天鵬の944敗、寺尾の938敗に次ぐ第3位である。現役在位156場所は、引退時から2008年に栃天晃(元・十両)によって更新されるまで、20年間に亘って歴代1位の記録であった。この他にも、再十両昇進の最年長記録(39歳5ヵ月)を持っている。大潮憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 情報ワイド福岡いちばん星

    情報ワイド福岡いちばん星から見た魁皇博之魁皇博之

    国会中継が行われる際は放送時間が変動することが多かった。また、大相撲開催中は福岡局エリアで3部のニュースが放送されるのみであった(春と夏の高校野球中継放送時も同様)。その代わり大相撲期間中は『ニュースシャトル北九州』ともども、番組内で刈屋富士雄アナウンサー(NHKの相撲担当者で魁皇関に最も詳しいといわれる)によるその日の郷土力士情報が提供された。情報ワイド福岡いちばん星 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た魁皇博之魁皇博之

    その後は1993年9月場所から6場所連続、1995年11月場所から4場所連続で関脇を保つなど常に三役から幕内上位で活躍する。このころから貴乃花や曙には力負けすることが多くなったが、若乃花に対しては1995年1月場所から4連勝するほか、武蔵丸や貴ノ浪の大関陣をたびたび破り大関陣には互角に近い力を発揮(対・若乃花の対戦成績は16勝25敗、対・武蔵丸の対戦成績は18勝26敗、対・貴ノ浪の対戦成績は19勝21敗である)また次の大関を狙う魁皇や武双山などに対しても重要なところで痛い黒星をつけるなど存在感を示し、たびたび三賞を受賞した。1998年1月場所では武双山に対して、同年5月場所では貴闘力に対して八艘飛びの奇襲を仕掛けともに勝利するなどファンを驚かせ楽しませる相撲を見せた。正攻法の速攻相撲が基本だが、このような奇襲戦法もたびたび用いて成功させることがあった。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た魁皇博之魁皇博之

    逆に千代大海には6勝18敗と相性が悪く、2007年11月場所までは15戦全敗と1度も勝利していなかった。2008年1月場所に初めて勝利してからは、同年9月場所と続く11月場所では変化して2連勝したが、続く2009年1月場所は変化を読まれて敗れた。その後は千代大海の衰えもあり、初勝利を挙げてからは5勝3敗と勝ち越した。他にも琴光喜に8勝19敗、魁皇に8勝18敗と大きく負け越すなどベテランの日本人大関には相性が悪かった。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た魁皇博之魁皇博之

    2010年5月場所で6場所ぶりに西小結へ復帰し、その5月場所では7勝8敗と負け越したものの、東前頭筆頭の位置で迎えた翌7月場所では9勝6敗と勝ち越し、翌9月場所で西関脇へ昇進した。その9月場所では魁皇・日馬富士・琴欧洲という3大関を破る活躍で、11勝4敗と自身初となる三役での二桁勝利を挙げて2回目の技能賞を獲得した。東関脇となり、大関昇進への足固めが注目された翌11月場所では5日目までは4勝1敗と順調な成績だったものの、6日目から7連敗して結果的に7勝8敗と負け越してしまい、東小結となった翌2011年1月場所でも6勝9敗と負け越して三役から陥落した。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード