168件中 21 - 30件表示
  • 花田虎上

    花田虎上から見た魁皇博之魁皇博之

    1988年3月場所初土俵。「花の六三組」の一人で、弟の貴花田(のち横綱貴乃花)の他、のち横綱曙・大関魁皇らと同期入門だった。入門に当たって、父である藤島親方(元大関貴ノ花、後に二子山親方)からは「今日限りお前たちとは親方と弟子になる。パパとママの呼び方は許さない。親方とおかみさんだ。わかったな」と言い放たれ、若貴兄弟が両親に存在を認めてもらうには稽古を重ねて早期に関取になるしかなかった。初土俵以降順調に出世するも、1989年11月場所で史上最年少関取となった貴花田には一歩出遅れたが、若花田も弟の後を追いかけるように1990年3月場所で新十両となる。同年9月場所には新入幕を果たした。花田虎上 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た魁皇博之魁皇博之

    また、この頃から稽古量が上向きになり、2000年(平成12年)1月場所は12勝3敗(優勝次点)、3月場所は11勝4敗、5月場所は13勝2敗(優勝次点)と復活間近を思わせた。だが7月場所は、5日目の土佐ノ海戦で勝ちながらも左手の上腕二頭筋を断裂する怪我を追い、2日後の7日目・魁皇戦で切り返しで敗れた際、その左腕のケガが悪化した為またもや途中休場となった。翌9月場所は全休。休場明けの11月場所は初日から順調に白星を重ね、14場所ぶりに中日勝ち越しを決めた。9日目に武双山、10日目に千代大海と連敗し、優勝争いからは後退したものの、12日目は、この場所1横綱3大関を破り、13勝を挙げ、三賞を総ナメにした新鋭の琴光喜の挑戦を小手投げで退け、横綱の意地を見せた。13日目に武蔵丸、14日目に曙と両横綱には敗れたものの、千秋楽は3連敗中だった魁皇を寄り切りで破り、11勝4敗で繋いで不振脱出の兆しを見せた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲八百長問題

    大相撲八百長問題から見た魁皇博之魁皇博之

    4月3日、処分発表を受け緊急に力士会が召集される。モンゴル出身の力士などを中心に夏場所ボイコットの提案もなされたが、魁皇博之が反対意見を唱えこの提案はお流れとなった。大相撲八百長問題 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐望将輔

    嵐望将輔から見た魁皇博之魁皇博之

    東京都福生市の中学校を卒業して二子山部屋に入門し、1988年3月場所で初土俵を踏む。この場所に入門した力士は花の六三組と呼ばれ、横綱曙、貴乃花、3代目若乃花、大関魁皇らそうそうたる面々が並んでいる。初土俵時の四股名は「若井上」。嵐望将輔 フレッシュアイペディアより)

  • 曙太郎

    曙太郎から見た魁皇博之魁皇博之

    同期入門は「花の六三組」と言われる横綱・3代目若乃花(現タレント・花田虎上)、貴乃花、大関・魁皇、小結・和歌乃山、前頭・力櫻(現プロレスラー・力皇猛)、十両・須佐の湖、鶴ノ富士、琴岩国、琴乃峰など。序ノ口では貴乃花(当時・貴花田)に勝ったが、琴乃峰にプロ初黒星を喫している。相撲教習所に入学したばかりの頃は来日から日が浅いことで若貴ブームのことを理解していない曙ですらも若貴兄弟との格の違いを思い知らされたといい、自身が基礎の稽古を行っていた際にはもう既に若貴兄弟は三段目や幕下の地位にいる教官と申し合いをしていたという。教習所時代には和歌乃山の強さにも驚いていたようであり、教習所の生徒達でトーナメント戦を行う度に優勝していたと述懐している。後年のインタビューでは「中学横綱のタイトルを引っさげて入ってきて、体はさほど大きくないんだけど、もう手がつけられないほど強いの。和歌乃山は入門して半年くらいで、教習所の先生たちと同じくらいの番付まで出世していました。中学を卒業して入門した力士で、そんな人はおそらくいないんじゃないかな?」と当時についての感想を述べていた。新弟子時代にはまだ相撲歴が浅かったこともあって場所入りの度に東関から「せいぜいがんばってくれよ。負けても仕方ないよ。相手のほうがちっちゃい時から相撲を取ってるんだから」という趣旨の冷やかし文句を浴びせられたという。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ島大樹

    豊ノ島大樹から見た魁皇博之魁皇博之

    2009年1月場所では西小結へ復帰したが、7日目の魁皇戦で小手投げで敗れた際に左肘を負傷してしまい、翌8日目からは休場した。休場は自身初のこととなった。その後の数場所は幕内中位であまり芳しい成績は収められなかったが、2009年11月場所において11勝4敗の好成績を挙げて2回目の技能賞を受賞した。豊ノ島大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇

    魁皇から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇 フレッシュアイペディアより)

  • ハードロック・ヘヴィメタル板

    ハードロック・ヘヴィメタル板から見た魁皇魁皇博之

    数多いイングヴェイ・マルムスティーンのネタスレの中で珍しくシリーズ化したスレッド。初期はイングヴェイや関連人物の名言を書き込むだけだったが、徐々に登場人物の一行AAが出来あがり、一行AAが台詞を話しながら学園生活を送る形で進行する。リッチー・ブラックモアとロブ・ハルフォードが教師であり、イングヴェイ、グラハム・ボネット、イェンス・ヨハンソン、アンダース・ヨハンソン、マーク・ボールズ、ジョー・リン・ターナーらの生徒を率いている。2008年に何故か朝青龍が生徒として登場したが、破天荒なキャラクターがヘヴィメタルっぽさにマッチし、現在は魁皇や琴欧州、日馬富士も相撲部に在籍中。最近太り気味のアンディ・デリスも相撲部員である。校長はジミー・ペイジ。ハードロック・ヘヴィメタル板 フレッシュアイペディアより)

  • 峰桜健士

    峰桜健士から見た魁皇博之魁皇博之

    中学卒業後、放駒部屋に入門し、1988年3月場所に初土俵を踏む。同期生には横綱曙太郎、貴乃花光司、3代目若乃花、大関魁皇博之ら花の六三組と呼ばれるそうそうたる面々が並ぶ。前相撲では二番出世であった。1988年12月に峰崎親方が峰崎部屋を創設して独立すると移籍する。峰桜健士 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    ベテラン栃乃洋は終盤に疲れが出たかその後千秋楽まで4連敗。琴欧洲は白鵬が敗れた翌12日目に小結鶴竜戦で痛い3敗目の後、白鵬・魁皇と横綱大関戦も連敗して脱落。最後まで2敗を守った隠岐の海は14日目に稀勢の里との対戦が組まれ、ここで稀勢の里が幕内上位の力を見せつけて隠岐の海は3敗目を喫した。白鵬は終盤の大関戦を連破し、隠岐の海が敗れた14日目の結びで把瑠都を掬い投げで破った時点で白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定した。6連覇は昭和37?38年と昭和41?42年の横綱大鵬、平成16?17年の横綱朝青龍に続く史上3人目、4度目の快挙となった。連覇記録としては朝青龍に次ぎ、大鵬と並ぶ2位タイとなる。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

168件中 21 - 30件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード