168件中 31 - 40件表示
  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    昨場所の7月場所で大関・魁皇が引退したため、この場所は大関以上に日本人力士がいないという状況になった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年7月場所

    大相撲平成21年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    朝青龍は中日に関脇稀勢の里に敗れて土が着いた後、千代大海と魁皇の2大関にも相次いで敗れて大崩れ。琴欧洲も11日目に千代大海に敗れ1敗。単独トップとなった白鵬はその3番後に未だ1敗を守る琴光喜と対戦。これを琴光喜が制し、この時点で白鵬と佐渡ヶ嶽部屋の両大関の3人が1敗で並ぶという展開となった。大相撲平成21年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年5月場所

    大相撲平成21年5月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    前場所を全勝で終え連勝を20としていた横綱白鵬はこの場所に入っても崩れることなく白星を並べた。それについて行ったのが大関3場所目の日馬富士で、白鵬と並ぶ形で全勝をキープ。序盤から完全にこの2人が引っ張る形となって場所は進行した。中日の時点で優勝争いには全勝の2人に加えて、1敗を守る横綱朝青龍、大関魁皇、平幕の稀勢の里らが顔を揃えた。大相撲平成21年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 浅香山部屋

    浅香山部屋から見た魁皇博之魁皇博之

    2011年7月場所限りで現役を引退し、以降は友綱部屋の部屋付き親方となっていた年寄・15代浅香山(元大関・魁皇)が、2014年2月1日付で内弟子2人を連れて友綱部屋から分家独立して浅香山部屋を創設した。浅香山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 凱皇仁

    凱皇仁から見た魁皇博之魁皇博之

    同じ読みの魁皇博之は師匠である10代友綱の四股名(魁輝)から一字を取っており、出身地も一門も異なり直接の関係はない。 また魁皇博之が相撲界に入ったのも、凱皇仁が廃業した後である(1988年3月場所)。凱皇仁 フレッシュアイペディアより)

  • DIGITAL MORNING DRIVE

    DIGITAL MORNING DRIVEから見た魁皇博之魁皇博之

    前日に行われたスポーツの結果を紹介。番組では特に福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)と直方市出身の力士魁皇を重点的に放送した。DIGITAL MORNING DRIVE フレッシュアイペディアより)

  • 花のサンパチ組

    花のサンパチ組から見た魁皇博之魁皇博之

    花のサンパチ組(はなのさんぱちぐみ)は、1980年代後半から1990年代に活躍した、昭和38年(1963年)生まれの大相撲力士らのことを指す。彼らよりちょうど10年前に生まれた「花のニッパチ組」(昭和28年・1953年生まれ)に由来する。世代としてこれに続いたのは昭和48年(1973年)生まれではなく、横綱・貴乃花光司や大関・魁皇博之らをはじめとする昭和47年(1972年)前後の生まれで、昭和63年(1988年)3月場所初土俵の「花の六三組」と呼ばれる力士らであった。花のサンパチ組 フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た魁皇博之魁皇博之

    1998年5月場所千秋楽で花田勝(元3代目若乃花)が横綱昇進を決定付ける優勝を成し遂げるのを目の当たりに観戦して以来、若乃花に憧れているほか、時に破壊的な小手投げを披露する大関魁皇の全盛期のような力相撲を目標としている(平成19年3月場所で初めて魁皇と対戦し、見事小手投げで勝利している)。また、引退後は日韓両国にまたがる実業家になる夢を持っていたことから、この面においても花田勝に憧れていたとされる。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 皇牙篤

    皇牙篤から見た魁皇博之魁皇博之

    「皇牙」という四股名は、同じ直方市立直方第二中学校出身の魁皇と、長年付き人を務めていた闘牙の両関取から一字ずつ取って闘牙が名付けた。皇牙篤 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た魁皇博之魁皇博之

    2010年(平成22年)から2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となったが、2015年(平成27年)11月(九州場所中)の理事長在任中に死去した。2015年(平成27年)12月に八角信芳が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が新たに日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍が暴行事件の責任で引退したことで、2010年(平成22年の初場所)を最後に朝青龍時代が終わり、代わって2010年代は白鵬時代になる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、7場所連続優勝などの記録を更新した。さらに2015年(平成27年)の初場所で優勝32回の元横綱の大鵬幸喜を超える最多優勝33回以上となった。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1046勝目を上げた。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象が起きて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本出身力士の幕内最高優勝が10年間と長らく途切れていたが、2016年(平成28年)の初場所に日本出身力士(福岡県出身)の大関琴奨菊が優勝した。2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退して以来日本人横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計9人の中で日本人横綱が3人(旭富士正也〈青森県出身〉・貴乃花光司〈東京都出身〉・若乃花勝〈東京都出身〉)と、6人(曙太郎〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・武蔵丸光洋〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・朝青龍明徳〈モンゴル出身〉・白鵬翔〈モンゴル出身〉・日馬富士公平〈モンゴル出身〉・鶴竜力三郎〈モンゴル出身〉)が外国出身の外国人横綱である。恒心 フレッシュアイペディアより)

168件中 31 - 40件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード