146件中 41 - 50件表示
  • 琴椿克之

    琴椿克之から見た魁皇博之魁皇博之

    1993年5月場所2日目、琴椿は新入幕の魁皇に敗れた。これが幕内初勝利になった魁皇は後に大関へ昇進し、17年後の2010年1月場所には幕内通算勝利数が歴代最多の力士となった(3日目の通算808勝で新記録を達成)。琴椿克之 フレッシュアイペディアより)

  • 成金饅頭

    成金饅頭から見た魁皇博之魁皇博之

    最盛期の1950年代には10軒ほどの店で作られていたが、炭鉱の衰退とともに2007年の時点では大石、喜久屋、四宮、博多屋の4軒まで減少した。一方で、近年ではインターネットや電話による通信販売での売れ行きが伸びている。2000年には直方市出身の魁皇が大関に昇進したのを記念して魁皇の焼印を押したものが商品化され、九州場所期間中やイベントなどで販売されるようになった。成金饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • かいおう (列車)

    かいおう (列車)から見た魁皇博之魁皇博之

    「かいおう」の列車名は、運行開始時点で大相撲の大関であった、沿線の直方市出身の魁皇博之の四股名に由来している。かいおう (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (30代)

    式守伊之助 (30代)から見た魁皇博之魁皇博之

    2000年9月に30代式守伊之助襲名。2000年11月後に停年退職。最後の一番は2000年11月場所千秋楽の横綱貴乃花?大関魁皇戦。立行司在位2場所は死跡1場所のみであった14代伊之助を除けば当時最短記録。ただし、29代伊之助が体調不良やケガでの休場した場所が多く、その際には当時三役格であった勘太夫が横綱の土俵入りなど立行司としての役割を行ったことがあった。式守伊之助 (30代) フレッシュアイペディアより)

  • TKF

    TKFから見た魁皇博之魁皇博之

    芸人以外のメンバーの中では大相撲力士の魁皇と特に良く飲み、サバンナを含め4人で飲みに行った際に、たむらと魁皇の飲み比べが始まり結果的にたむらが泥酔してしまい後日二日酔いでたむらが寝ているとたむらの嫁が「あんた、玄関先に相撲取りおるわ!!」と叫んでおり、魁皇が謝りにきたことがある。TKF フレッシュアイペディアより)

  • 友綱部屋

    友綱部屋から見た魁皇博之魁皇博之

    1976年3月に8代友綱は定年退職し、8代友綱の夫人の妹と結婚した2代安治川(元十両・一錦)が9代友綱を襲名して友綱部屋を継承した。その後、1989年5月に9代友綱は定年退職を迎えたため、9代友綱の娘婿で友綱部屋の部屋付き親方である12代高島(元関脇・魁輝)が10代友綱を襲名して部屋を継承した。現在までに、10代友綱は大関・魁皇や幕内・魁聖などといった関取を育てている。友綱部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 小城錦康年

    小城錦康年から見た魁皇博之魁皇博之

    新入幕を果たした1993年5月場所では9勝6敗と勝ち越したものの、翌7月場所は4勝11敗と大敗して十両に陥落。再入幕の11月場所(前頭16枚目)で11勝を挙げて敢闘賞を受賞。東前頭5枚目で迎えた1994年1月場所は7勝8敗と惜しくも負け越したが、続く3月場所で、優勝した横綱曙から金星を奪うなど9勝を挙げて技能賞を獲得、当時新鋭だった武双山、魁皇とともに「若手三羽烏」と呼ばれ、3人で相撲雑誌の表紙を飾ったこともある。東前頭筆頭で迎えた5月場所は7勝8敗と惜しくも負け越して、三役昇進を逃す。以降は、故障がちで低迷を続ける。幕内下位では勝ち越すものの、横綱・大関との対戦がある上位では大負けする時期が長く続いた。小城錦康年 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    大関陣では、琴欧洲が中日8日目まで全勝で白鵬に併走、把瑠都も1敗で追いすがったが、それぞれ後半戦に連敗を喫して脱落。日馬富士は中日までに3敗、魁皇は4敗だった。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年7月場所

    大相撲平成21年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    朝青龍は中日に関脇稀勢の里に敗れて土が着いた後、千代大海と魁皇の2大関にも相次いで敗れて大崩れ。琴欧洲も11日目に千代大海に敗れ1敗。単独トップとなった白鵬はその3番後に未だ1敗を守る琴光喜と対戦。これを琴光喜が制し、この時点で白鵬と佐渡ヶ嶽部屋の両大関の3人が1敗で並ぶという展開となった。大相撲平成21年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年5月場所

    大相撲平成21年5月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    前場所を全勝で終え連勝を20としていた横綱白鵬はこの場所に入っても崩れることなく白星を並べた。それについて行ったのが大関3場所目の日馬富士で、白鵬と並ぶ形で全勝をキープ。序盤から完全にこの2人が引っ張る形となって場所は進行した。中日の時点で優勝争いには全勝の2人に加えて、1敗を守る横綱朝青龍、大関魁皇、平幕の稀勢の里らが顔を揃えた。大相撲平成21年5月場所 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード