168件中 41 - 50件表示
  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    幕内最高優勝 : 魁皇博之(13勝2敗,2回目)2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ニュースシャトル北九州

    ニュースシャトル北九州から見た魁皇博之魁皇博之

    大相撲情報…大相撲開催中に放送。刈屋富士雄アナと電話を繋ぎ、魁皇、琴奨菊をはじめとした地元出身力士の情報を伝える。九州場所が行われる11月は会場となる福岡国際センターの放送席と結んで情報を伝える。ニュースシャトル北九州 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースなっとく福岡

    ニュースなっとく福岡から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇、琴奨菊ら福岡県出身力士のその日の結果を、福岡局の相撲担当アナウンサーと電話で結び伝える。九州場所が行われる11月は会場の福岡国際センターの放送席から顔出しで伝える。なお場所前の金曜日の放送では展望を行う。ニュースなっとく福岡 フレッシュアイペディアより)

  • 逆とったり

    逆とったりから見た魁皇博之魁皇博之

    幕内では1995年5月場所千秋楽に大至が三杉里にこの決まり手で勝利したのを最後に出ていなかったが、2010年9月場所11日目の幕内での一番で豊桜が垣添に、この決まり手で勝った。実に15年ぶりに出た一番である。更に同じ日の大関同士の一番、角番であった魁皇が日馬富士に対して決めたため珍手が1日に2度幕内で使われることとなった。その次に幕内で逆とったりが記録された2016年9月場所では、隠岐の海が4日目の大関照ノ富士戦と、14日目の琴勇輝戦の2回決めている。逆とったり フレッシュアイペディアより)

  • 武田頼政

    武田頼政から見た魁皇博之魁皇博之

    2008年(平成20年)10月3日に東京地裁で行われた口頭弁論では、被告側証人として武田と板井圭介、原告側証人として朝青龍が出廷した。板井は自身の現役時代に八百長が行われていたことを証言する一方、裁判の争点となっている朝青龍らの八百長に関しては「全然知らない」と答えた。武田は金銭の授受があったが、その具体的な証拠や証言者は明かせないとした。日本相撲協会側の弁護士の質問の返答で、支度部屋に入ったことがないことを認めている。また、自身が八百長に関与していると報じた力士のうち、過去に魁皇、栃東、朝青龍の三人に取材をしたと述べ、詳細を当時証人申請していた元若ノ鵬が証言してくれるとした。朝青龍は報道直後と同様疑惑を全面否定した。2008年(平成20年)10月27日、原告の元露鵬と元白露山が訴えを取り下げた。その一方で、「週刊現代」から八百長の告発を依頼されたが、必要がないことを理由にノーコメントとしている。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • ハンドグリッパー

    ハンドグリッパーから見た魁皇博之魁皇博之

    必要握力で見ていくと、フルレンジでのクローズは、CoCのトレーナーやRB/130がおよそ45kg程度必要となり、一般店で売られている限界である。CoCはNo1であっても55kg程度が必要とされる。CoC/No2は元大関魁皇がクローズさせた記録があり、88kg程度の握力が必要である。この程度のものではBBのマスターなどが存在する。一般的には75kgが「りんごをつぶせる握力」として認知されている。BBグランドマスター RB/240などは片方の手で補助をするセットクローズでも握力90kg程度が必要とされ、約10名がクローズ認定(RB社)している。CoC/No3は127kg程度が必要である。日本においてこのクラスに入っているCoC/No3をクローズ認定(アイアンマインド社)させたのは4人しかいない。本人が申請していないため非公式であるが、ハンマー投げの室伏広治もCoC/No3をクラッシュしたことがMILO: A Journal For Serious Strength Athletes(アイアンマインド社)で特集された。ハンドグリッパー フレッシュアイペディアより)

  • 閂 (相撲)

    閂 (相撲)から見た魁皇博之魁皇博之

    大柄な体格と強い筋力が必要とされる技で、相撲では降参による勝利がないため、この体勢から別の技に移行したり、あるいは閂のまま押し出したり押し倒したりする。閂状態での押し出しは極め出し、押し倒したときは極め倒しという。かつて魁皇がよく使っていたように片閂から小手投げに行くこともあったが、この場合で相手がこらえたりすると相手の腕がきわめて危険な状態となる。閂 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • TKF

    TKFから見た魁皇博之魁皇博之

    芸人以外のメンバーの中では大相撲力士の魁皇と特に良く飲み、サバンナを含め4人で飲みに行った際に、たむらと魁皇の飲み比べが始まり結果的にたむらが泥酔してしまい後日二日酔いでたむらが寝ているとたむらの嫁が「あんた、玄関先に相撲取りおるわ!!」と叫んでおり、魁皇が謝りにきたことがある。TKF フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (29代)

    式守伊之助 (29代)から見た魁皇博之魁皇博之

    不屈の闘志を持つ行司で、1998年11月場所6日目では控えに入っていた際に、土俵上の前頭筆頭魁皇(現浅香山)ー大関武蔵丸(現武蔵川)の取組で土俵から落ちた魁皇の下敷きとなり左手首を骨折。この取組を裁いていた8代式守勘太夫が気付いて交代を申し出たにも関わらず立行司としての責任感から自らが受け持つ2番を裁き、勝ち名乗りを上げる際には折れた左手で呼出から懸賞を受け取り渡した。だがこの負傷のため翌日から長期休場せざるを得なくなった。式守伊之助 (29代) フレッシュアイペディアより)

  • 垣添徹

    垣添徹から見た魁皇博之魁皇博之

    岩木山を大の苦手としており、2003年9月場所における初顔合わせ以来16連敗していた。2009年11月場所3日目に、17回目の対戦にして初めて岩木山に勝利した。2010年1月場所では千秋楽に大関・魁皇と対戦が組まれて自身初となるこれより三役を経験した。垣添徹 フレッシュアイペディアより)

168件中 41 - 50件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード