146件中 51 - 60件表示
  • 大相撲平成21年3月場所

    大相撲平成21年3月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    前場所を14勝1敗で優勝した朝青龍と、優勝同点に終わった白鵬の両横綱がこの場所も勢いを保ち、9日目の時点で全勝の両横綱に迫っていたのは2敗の大関魁皇のみだった。魁皇は7日目まで1敗で踏ん張るも、絶不調の千代大海を除く上位陣に全敗してしまい、優勝争いから脱落した。大相撲平成21年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    ベテラン栃乃洋は終盤に疲れが出たかその後千秋楽まで4連敗。琴欧洲は白鵬が敗れた翌12日目に小結鶴竜戦で痛い3敗目の後、白鵬・魁皇と横綱大関戦も連敗して脱落。最後まで2敗を守った隠岐の海は14日目に稀勢の里との対戦が組まれ、ここで稀勢の里が幕内上位の力を見せつけて隠岐の海は3敗目。白鵬は終盤の大関戦を連破し、隠岐の海が敗れた14日目の結びで把瑠都を掬い投げで破った時点で白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定した。6連覇は昭和37?8年と昭和41?42年の横綱大鵬、平成16?17年の横綱朝青龍に続く史上3人目、4度目の快挙。連覇記録としては朝青龍に次ぎ、大鵬と並ぶ2位タイとなる。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年7月場所

    大相撲平成23年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    大関・魁皇が千代の富士のもつ歴代1位の1045勝まであと1つと迫った歴代通算勝ち星記録を達成できるかがこの場所の大きな焦点となる。大相撲平成23年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    昨場所の7月場所で大関・魁皇が引退したため9月場所は平成4年1月場所以来約19年ぶりとなる大関以上に日本人力士なしという状況になってしまった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年7月場所

    大相撲平成20年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇がこの場所で幕内在位90場所目となり琴ノ若と並び歴代4位の記録となった。大相撲平成20年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 魁将龍邦昭

    魁将龍邦昭から見た魁皇博之魁皇博之

    元関脇・魁輝(現・友綱親方)の長男、祖父は元十両・一錦。大関・魁皇の付け人を努め、懐の深い取り口で投げも得意とした。趣味は読書、パソコン、ラジコン。好きな食べ物はハンバーグ。スポーツ歴はバスケットボール、柔道。魁将龍邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 西脇充子

    西脇充子から見た魁皇博之魁皇博之

    西脇 充子(にしわき みつこ、1967年11月2日 - )は、日本の元女子プロレスラー、元タレント。本名・古賀 充子(こが みつこ)、旧姓・西脇。血液型O型。岐阜県安八郡神戸町出身。夫は大相撲の元大関魁皇西脇充子 フレッシュアイペディアより)

  • 峰桜健士

    峰桜健士から見た魁皇博之魁皇博之

    中学卒業後、放駒部屋に入門し、1988年3月場所に初土俵を踏む。同期生には横綱曙太郎、貴乃花光司、3代目若乃花、大関魁皇博之ら花の六三組と呼ばれるそうそうたる面々が並ぶ。前相撲では二番出世であった。1988年12月に峰崎親方が峰崎部屋を創設して独立すると移籍する。峰桜健士 フレッシュアイペディアより)

  • 山口達也 (アナウンサー)

    山口達也 (アナウンサー)から見た魁皇博之魁皇博之

    大相撲中継では大関の魁皇が大相撲歴代1位となる幕内通算808勝目の一番をテレビ放送で実況した(ラジオの中継では吉田賢アナが実況)。山口達也 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た魁皇博之魁皇博之

    桜井東中学校時代は野球部に所属していたが、元横綱・隆の里の鳴戸親方から熱心に勧誘されて二子山部屋に鳴戸親方の内弟子として入門した。1988年3月場所に本名で初土俵を踏むが、同期には曙(後に第64代横綱)、貴乃花(後に第65代横綱)、若乃花(後に第66代横綱)、魁皇(後に大関)、和歌乃山(後に小結)など、多くの強豪力士がおり「花の六三組」と称された。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード