168件中 51 - 60件表示
  • 大相撲平成20年7月場所

    大相撲平成20年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇がこの場所で幕内在位90場所目となり琴ノ若と並び歴代4位の記録となった。大相撲平成20年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年7月場所

    大相撲平成23年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    大関・魁皇が千代の富士のもつ歴代1位の1045勝まであと1つと迫った歴代通算勝ち星記録を達成できるかがこの場所の大きな焦点となった。大相撲平成23年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉エリ

    小泉エリから見た魁皇博之魁皇博之

    趣味は大相撲観戦 (特に魁皇のファン)。特技はピアノ、英会話、着付。小泉エリ フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山竜太

    岩木山竜太から見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇には、11戦全敗と苦手にしていた。逆に、垣添には、稽古場では勝てないものの2009年5月場所終了時点で16戦全勝であったが、2009年11月場所で初黒星を喫した。岩木山竜太 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽錦忠雄

    出羽錦忠雄から見た魁皇博之魁皇博之

    新入幕の場所ではこの場所で幕内最高優勝を果たした羽黒山政司に次ぐ9勝2敗の好成績を挙げ、この場所から新設された三賞(殊勲賞)の受賞力士第一号となった。幕内では三役在位17場所、金星獲得10個(高見山大五郎に破られるまで歴代1位タイ)、史上初の幕内通算1000回出場を達成する(1963年9月場所5日目)など相当な実力者だったことは言うまでもなく、1964年9月場所を最後に現役を引退するまで16年10ヶ月もの長きに渡って幕内に在位し続けた。16年10ヶ月の在位期間は、年6場所制が定着した1958年以降では2010年に魁皇博之が更新するまで歴代1位の記録であった。出羽錦忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃花仁

    栃乃花仁から見た魁皇博之魁皇博之

    そして2005年11月場所は東前頭14枚目の地位で11勝4敗と大きく勝ち越し、敢闘賞を受賞した。2006年1月場所は一気に西前頭3枚目まで番付を上げたが、4勝11敗と大きく負け越してしまった。しかし、大関・魁皇や優勝争いに加わっていた関脇・白鵬を破るなど実りのある場所でもあった。2006年9月には、年寄名跡・二十山株を取得した。栃乃花仁 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の相撲

    2000年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    幕内最高優勝 : 魁皇博之(14勝1敗,初)2000年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 天間林村

    天間林村から見た魁皇博之魁皇博之

    魁輝薫秀(1952年- ):大相撲元関脇。友綱親方。大関魁皇博之を育てる。天間林村 フレッシュアイペディアより)

  • 上手投げ

    上手投げから見た魁皇博之魁皇博之

    四つ相撲の王道を行く技といわれることがままあり、四つに組む相撲での強豪力士の多くは、上手投げを得意としている(例:双葉山、千代の富士、魁皇、白鵬、琴欧洲など)。特に、昭和の大横綱と言われた千代の富士の上手投げは、相手の頭を押さえながら投げる独特のものであり、「ウルフスペシャル」の名で他の力士達に恐れられ、千代の富士の名をいっそう高めた。上手投げ フレッシュアイペディアより)

  • 魁輝薫秀

    魁輝薫秀から見た魁皇博之魁皇博之

    1989年5月には岳父である先代(元十両・一錦)の停年に伴い友綱部屋を継承し、大関・魁皇、関脇・魁聖、前頭・戦闘竜、同・大刀光、十両・魁道らを育てた。 師匠となることへの戸惑いはあったが、古賀(後の魁皇)を入門させたことが転機となり、後に友綱は「彼をスカウトできたのは自信になったし、指導したいと思った」と語っている。力士らを見る目も口も、指導も厳しいが、げんこつ主流の時代で手を上げたことはほとんどない。「横綱が少しでも聞いてくれれば先々、相撲協会のためになるから」と横綱に面と向かって諭せる姿を持つことで知られた。魁輝薫秀 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード