168件中 61 - 70件表示
  • 唐橋ユミ

    唐橋ユミから見た魁皇博之魁皇博之

    趣味・特技は、大相撲観戦(魁皇のファン)、料理・洋服リメイクなど。近年ではゴルフに興じている。プレバト!!では漢字の書き順の知識を披露。開運、なんでも鑑定団では、曽祖父が買ったとする松平定信の書を鑑定依頼した。評価額は自己申告よりも大幅ダウンしたものの、本物であった。唐橋ユミ フレッシュアイペディアより)

  • 闘牙進

    闘牙進から見た魁皇博之魁皇博之

    2007年5月に準年寄の期限が切れる前に大関・千代大海から名跡を借りて年寄・19代佐ノ山を襲名し、2008年2月にはその千代大海が在籍する九重部屋へ移籍した。2010年1月13日には千代大海が引退して年寄・20代佐ノ山を襲名したため、大関・魁皇から名跡を借りて年寄・13代浅香山を襲名した。同年9月には幕内・豪風から名跡を借りて年寄・20代押尾川を襲名し、2012年4月には2010年3月に日本相撲協会を定年退職した17代千田川(元大関・前の山)が保有する名跡を借りて年寄・20代千田川を襲名した。2012年6月5日に錦戸部屋へ移籍し、同年6月25日(同年7月場所番付発表日)までに襲名中の年寄名跡・千田川を正式に取得した。闘牙進 フレッシュアイペディアより)

  • 魁将龍邦昭

    魁将龍邦昭から見た魁皇博之魁皇博之

    元関脇・魁輝(現・友綱親方)の長男、祖父は元十両・一錦。叔父は元小結巴潟。大関・魁皇の付け人を務め、懐の深い取り口で投げも得意とした。趣味は読書、スポーツ観戦、映画鑑賞。好きな食べ物は和食。スポーツ歴はバスケットボール、野球、柔道。魁将龍邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    7月24日 - 魁皇博之(福岡県、相撲)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アームドラッグ

    アームドラッグから見た魁皇博之魁皇博之

    魁皇博之 - 手繰りの名手として知られている。アームドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (30代)

    式守伊之助 (30代)から見た魁皇博之魁皇博之

    2000年7月に29代伊之助が停年。勘太夫もその2場所後の同年11月場所で停年を迎えるため、三役格のまま停年を迎えると思われた。しかし大方の予想を覆し同年9月場所に立行司昇格、30代伊之助を襲名。2000年11月後に停年退職。最後の一番は2000年11月場所千秋楽の横綱貴乃花?大関魁皇(現浅香山)戦。立行司在位2場所は死跡1場所のみであった14代伊之助を除けば、在位5場所の27代伊之助を下回り当時最短記録であったが、伊之助在位時は差し違え無しの完璧な裁きを見せた。式守伊之助 (30代) フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た魁皇博之魁皇博之

    現役後期では以前のような勢いのある相撲は影を潜め、主に幕内中位から下位にかけて在位することが多くなり、十両への陥落も見られるようになったものの、それでも十両では自身の地力の違いを示していた。2011年7月場所途中に魁皇が現役を引退したため、その後は関取における最年長力士となった。東十両8枚目の位置で迎えた2012年1月場所に3勝12敗と大敗して幕下への陥落が濃厚となり、同場所の千秋楽に引退を表明、年寄・竹縄を襲名した。現在は春日野部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっている。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 高見山大五郎

    高見山大五郎から見た魁皇博之魁皇博之

    幕内在位:97場所(歴代3位。現在1位は大関・魁皇、関脇・旭天鵬にも抜かれた)高見山大五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 琴椿克之

    琴椿克之から見た魁皇博之魁皇博之

    1993年5月場所2日目、琴椿は新入幕の魁皇に敗れた。これが幕内初勝利になった魁皇は後に大関へ昇進し、17年後の2010年1月場所には幕内通算勝利数が歴代最多の力士となった(3日目の通算808勝で新記録を達成)。琴椿克之 フレッシュアイペディアより)

  • 一本背負投

    一本背負投から見た魁皇博之魁皇博之

    2000年11月場所14日目、魁皇が武蔵丸相手に不完全な形ながらも決める。幕内では26年ぶり。一本背負投 フレッシュアイペディアより)

168件中 61 - 70件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード