146件中 71 - 80件表示
  • 唐橋 ユミ

    唐橋ユミから見た魁皇博之魁皇博之

    趣味・特技は、大相撲観戦(魁皇のファン)、料理・洋服リメイクなど。身長155cm。唐橋ユミ フレッシュアイペディアより)

  • 闘牙進

    闘牙進から見た魁皇博之魁皇博之

    2007年5月に準年寄の期限が切れる前に大関・千代大海から名跡を借りて年寄・佐ノ山を襲名し、2008年2月にはその千代大海が在籍する九重部屋へ移籍した。2010年1月13日には千代大海が引退して年寄・佐ノ山を襲名したため、大関・魁皇から名跡を借りて年寄・浅香山を襲名した。同年9月には豪風から名跡を借りて年寄・押尾川を、2012年4月には元大関・前の山が保有する名跡を借りて年寄・千田川を襲名した。2012年6月5日に錦戸部屋へ移籍し、同年6月25日(7月場所番付発表日)までに、襲名中の年寄名跡・千田川を正式に取得した。闘牙進 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (29代)

    式守伊之助 (29代)から見た魁皇博之魁皇博之

    不屈の闘志を持つ行司で、1998年(平成10年)11月場所6日目では控えに入っていた際に、土俵上の前頭筆頭魁皇(現浅香山)ー大関武蔵丸(現大島)の取組で土俵から落ちた魁皇の下敷きとなり左手首を骨折。この取組を裁いていた式守勘太夫が気付いて交代を申し出たにも関わらず立行司としての責任感から自らが受け持つ2番を裁き、勝ち名乗りを上げる際には折れた左手で呼出から懸賞を受け取り渡した。だがこの負傷のため翌日から長期休場せざるを得なくなった。式守伊之助 (29代) フレッシュアイペディアより)

  • 大関力士碑

    大関力士碑から見た魁皇博之魁皇博之

    1983年(昭和58年)10月5日に完成。九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎が1898年(明治31年)に寄付した2個の仙台石である。現存する最古の番付である1757年(宝暦7年)10月のものに大関として記されている雪見山堅太夫を初代とし、霧島一博までの104人の四股名が刻まれている。このうち横綱に昇進したものや、看板大関は刻まれていない。なお、霧島以後に大関に昇進した横綱未昇進の元力士には貴ノ浪、千代大海、出島、武双山、魁皇、栃東、琴光喜がいるが、彼らの四股名は現時点で刻まれていない。大関力士碑 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本

    2011年の日本から見た魁皇博之魁皇博之

    7月19日 - 大相撲名古屋場所10日目大関 魁皇博之が現役引退、通算勝利記録1047勝で歴代1位だった、年寄浅香山を襲名。引退相撲は2012年5月27日に両国国技館で開催された。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た魁皇博之魁皇博之

    1996年(平成8年)11月場所、横綱曙、大関3代若乃花、同武蔵丸、同貴ノ浪、関脇魁皇の5人(いずれも11勝4敗、優勝は武蔵丸)による優勝決定戦が行われた。これが2009年5月場所現在においても幕内における優勝決定戦の最多出場人数である。また、この時の11勝4敗は、2009年現在幕内優勝としては15日制定着後最少勝ち星となっている(ほかに1972年1月場所、先代栃東も11勝4敗で優勝、このときは決定戦なし)。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • エバーライフ

    エバーライフから見た魁皇博之魁皇博之

    古賀博之(大相撲・元大関魁皇、現・浅香山親方)エバーライフ フレッシュアイペディアより)

  • 一錦周之助

    一錦周之助から見た魁皇博之魁皇博之

    引退後は年寄・安治川を経て8代友綱(小結・巴潟)の夫人の妹と結婚し、8代友綱停年後は9代友綱に名跡変更して友綱部屋を継いだ。先代からの弟子であった魁輝を関脇に昇進させ、娘婿に取って自身の定年退職後に10代友綱として部屋を継承させた。在職中は、魁輝以外にも先代からの弟子である王湖(現・世話人)と直弟子で後にプロレスラーに転身した大刀光を関取に昇進させている。また、アメリカ出身の戦闘竜もスカウトし入門させた。さらに停年寸前に入門した古賀博之が大関・魁皇となっていることもあり、現役時よりも師匠として力を発揮したといえる。元十両の年寄が定年まで在職したのは一錦が5人目。また、一錦の退職後元十両の年寄は1997年7月場所に引退した元十両4・大竜(大鵬部屋)が15代大嶽を襲名するまで途絶えた。一錦周之助 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た魁皇博之魁皇博之

    2008年5月場所では、出場停止中だった2007年11月場所以来の東横綱となったが、初日に稀勢の里に敗れた。その後は連勝したが11日目にこの場所初優勝した琴欧洲に敗れ、翌日以降さらに千代大海、魁皇にも敗れて3連敗となり、優勝候補から外れた。翌日は琴光喜に勝って連敗を止めた。千秋楽では横綱白鵬に引き落としで勝ったが、この直後に負けて土俵上で四つんばいになっている白鵬を横から駄目押し、その行為に対し白鵬が立ち上がりながら朝青龍に右肩をぶつけ、両者がにらみ合う事件が起こった。この事件で北の湖理事長が朝青龍と白鵬を厳重注意した。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田賢

    吉田賢から見た魁皇博之魁皇博之

    2010年夏場所千秋楽 大関魁皇博之の通算1000勝達成吉田賢 フレッシュアイペディアより)

146件中 71 - 80件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード