168件中 71 - 80件表示
  • 和歌乃山洋

    和歌乃山洋から見た魁皇博之魁皇博之

    1988年3月場所初土俵。曙、貴乃花、若乃花、魁皇らと同期。俗に言う「花の六三組」の1人である。早くから期待の星とされ1991年7月場所に十両に昇進。和歌乃山洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    15日 - 【大相撲】大相撲九州場所が開幕。地元福岡県出身の魁皇博之が初日出場し白星。6月に定年退職した高見山こと渡辺大五郎の幕内通算出場場所数記録を塗り替える幕内98場所出場を達成。17日には歴代3位の幕内通算800勝、24日には、日本相撲協会前理事長北の湖敏満が持っていた記録を破り、歴代2位となる幕内通算805勝を、それぞれ達成。元横綱千代の富士の九重親方が持つ幕内最多通算勝星807勝超えはならず。なおこれらの勝星記録は横綱未経験者では初。2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た魁皇博之魁皇博之

    桜井東中学校時代は野球部に所属していたが、元横綱・隆の里の鳴戸親方から熱心に勧誘されて二子山部屋に鳴戸親方の内弟子として入門した。1988年3月場所に本名で初土俵を踏むが、同期には曙(後に第64代横綱)、貴乃花(後に第65代横綱)、若乃花(後に第66代横綱)、魁皇(後に大関)、和歌乃山(後に小結)など、多くの強豪力士がおり「花の六三組」と称された。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の相撲

    2003年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    幕内最高優勝 : 魁皇博之(友綱部屋・12勝3敗, 4回目)2003年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の相撲

    2004年の相撲から見た魁皇博之魁皇博之

    幕内最高優勝 : 魁皇博之(13勝2敗,5回目)2004年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た魁皇博之魁皇博之

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見た魁皇博之魁皇博之

    幕内最高優勝 : 魁皇博之(13勝2敗,5回目)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 一錦周之助

    一錦周之助から見た魁皇博之魁皇博之

    引退後は年寄・安治川を経て8代友綱(小結・巴潟)の夫人の妹と結婚し、8代友綱停年後は9代友綱に名跡変更して友綱部屋を継いだ。先代からの弟子であった魁輝を関脇に昇進させ、娘婿に取って自身の定年退職後に10代友綱として部屋を継承させた。在職中は、魁輝以外にも先代からの弟子である後に世話人に転身した王湖と直弟子で後にプロレスラーに転身した大刀光を関取に昇進させている。また、アメリカ出身の戦闘竜もスカウトし入門させた。さらに停年寸前に入門した古賀博之が大関・魁皇となっていることもあり、現役時よりも師匠として力を発揮したといえる。元十両の年寄が定年まで在職したのは一錦が5人目。また、一錦の退職後元十両の年寄は1997年7月場所に引退した元十両4・大竜(大鵬部屋)が15代大嶽を襲名するまで途絶えた。一錦周之助 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木健介

    佐々木健介から見た魁皇魁皇博之

    2014年4月11日、引退記念パーティーが東京で開かれ、選手、関係者ら約400人が出席。小橋建太らプロレス関係者、政界からはアントニオ猪木や馳浩が駆けつけた。野田佳彦前首相からはメッセージが届けられた。角界からも浅香山親方(元大関・魁皇)、芸能界からも小林幸子や榊原郁恵、竹内力、南原清隆、はるな愛、はしのえみらが“健介引退"を彩った。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年3月場所

    大相撲平成21年3月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    前場所を14勝1敗で優勝した朝青龍と、優勝同点に終わった白鵬の両横綱がこの場所も勢いを保ち、9日目の時点で全勝の両横綱に迫っていたのは2敗の大関魁皇のみだった。魁皇は7日目まで1敗で踏ん張るも、絶不調の千代大海を除く上位陣に全敗してしまい、優勝争いから脱落した。大相撲平成21年3月場所 フレッシュアイペディアより)

168件中 71 - 80件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード