146件中 81 - 90件表示
  • 白崎義彦

    白崎義彦から見た魁皇博之魁皇博之

    大相撲、ウインタースポーツ、競馬をメインとするスポーツアナウンサーとして活動。2011年には名古屋場所で大関の魁皇が千代の富士に並ぶ1045勝目の一番をテレビ中継で実況した。白崎義彦 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐よしひろ

    甲斐よしひろから見た魁皇博之魁皇博之

    同じ福岡県出身ということで、大関力士の魁皇博之を応援するメッセージを、雑誌『相撲』に寄せたことがある。甲斐よしひろ フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た魁皇博之魁皇博之

    全盛期は立ち合いの馬力と突き押しを武器に、三役、幕内上位に定着して活躍。魁皇、武双山とともに御三家と称され、大関候補と目された時期もあった。全盛期の立合いの馬力は幕内で一二を争う威力を誇り、立合いでの頭からの強烈な当たりから突き押しに転じ、再度頭からぶちかます取り口である。しかし、腰高で上半身に比べ下半身が脆く、はたきや引き技に屈して前に落ちる悪癖によって負けるケースが多かった。土俵際まで追い詰めておきながら、捨て身の叩きや突き落としに屈することもしばしば見受けられた。ベテランの域に入ってからは馬力・足腰の衰えが顕著で、自分より軽い相手でも容易に押せない展開になることが増えたり自らが引き技に出る展開が増えた。副次的な手段として右四つで相撲を取ったり、頭を付けて食い下がる事もあったが、基本的には愚直に押す相撲を貫いていた。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 大潮憲司

    大潮憲司から見た魁皇博之魁皇博之

    1988年1月場所を最後に満40歳で現役を引退。通算出場1891回は全大相撲力士中の第1位、十両在位55場所は歴代1位タイ(他に蜂矢)、幕内昇進13回も歴代1位の記録である。通算勝ち星の964勝は、魁皇の1047勝、千代の富士の1045勝に次ぐ第3位の記録である。通算黒星の927敗は寺尾の938敗に次ぐ第2位である。現役在位156場所は、引退時から2008年に栃天晃(元・十両)によって更新されるまで、20年間にわたり歴代1位の記録であった。この他にも再十両昇進の最年長記録(39歳5ヶ月)を持っている。古武士を思わせる、揉み上げの長い風貌で人気があり、悲壮感すら漂う立ち合いの後の睨みに風格があった。大潮憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 浅香山 (相撲)

    浅香山 (相撲)から見た魁皇博之魁皇博之

    浅香山(あさかやま)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつである。現在は魁皇(元大関・友綱部屋)が襲名している。浅香山 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 玉乃島新

    玉乃島新から見た魁皇博之魁皇博之

    腕力が強く、右のおっつけが峻烈で、これを利して前に出るのが理想であった。押し相撲でも強かったが、左を差して出る形も良かった。だが、ツラ相撲の傾向があり、調子がよいと大勝ちを収めることも多かったが、大負けを喫することもままあった。また、怪我の多い力士で、魁皇の小手投げによって痛めた左腕をはじめ、右肩・股関節・背中などを痛めた経験があった。玉乃島新 フレッシュアイペディアより)

  • 浪乃花教天

    浪乃花教天から見た魁皇博之魁皇博之

    1996年3月場所での魁皇戦に於いて左肘を痛め、この負傷が致命傷となって同場所から6場所連続負け越し。これにより、1997年3月場所では幕下にまで陥落してしまった。そして、同場所初日の取組を最後に27歳の若さで引退。年寄名跡を取得できなかったため、引退後、直ちに日本相撲協会から去った。浪乃花教天 フレッシュアイペディアより)

  • 極め出し

    極め出しから見た魁皇博之魁皇博之

    極め出し(きめだし)とは、相撲の決まり手のひとつである。相手の差手や首、肩の関節を腕で挟み込み(極めるという)、相手を土俵の外へ出す技。大型で懐の深い力士が多用する。この技をかけられた場合、肘の関節等を故障する可能性がある。明治の大関鳳凰馬五郎や、昭和では大関清國勝雄、関脇若見山幸平、関脇高見山大五郎、平成では大関貴ノ浪貞博、大関魁皇博之。現役力士では把瑠都凱斗などが得意とした。極め出し フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た魁皇博之魁皇博之

    現役後期では以前のような勢いのある相撲は影を潜め、主に幕内中位から下位にかけて在位することが多くなり、十両への陥落も見られるようになったものの、それでも十両では自身の地力の違いを示していた。2011年7月場所途中に魁皇が現役を引退したため、その後は関取における最年長力士となった。東十両8枚目の位置で迎えた2012年1月場所に3勝12敗と大敗して幕下への陥落が濃厚となり、同場所の千秋楽に引退を表明、年寄・竹縄を襲名した。現在は春日野部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっている。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 刈屋富士雄

    刈屋富士雄から見た魁皇博之魁皇博之

    「NHKの相撲アナでは魁皇に最も詳しい」ちなみに、魁皇は直方市出身。刈屋富士雄 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード