168件中 81 - 90件表示
  • 大相撲平成29年7月場所

    大相撲平成29年7月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    前場所に1年ぶりの優勝を果たした白鵬が、連覇を達成。この場所を通算1036勝でスタートさせた白鵬は、初日から10連勝してこの日までで通算1046勝、千代の富士がもつ通算1045勝を抜いて史上単独2位となる。11日目に御嶽海に敗れたが翌日以降は再び連勝し、13日目に魁皇がもつ通算1047勝を抜く史上1位の1048勝目を挙げた。そのまま千秋楽まで白星を重ね、千秋楽までで通算1050勝を達成、また優勝回数も自身の記録を更新する39回目となった。大相撲平成29年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 浅香山 (相撲)

    浅香山 (相撲)から見た魁皇博之魁皇博之

    浅香山(あさかやま)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつである。現在は魁皇(元大関・友綱部屋)が襲名している。浅香山 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 炭火焼肉たむら

    炭火焼肉たむらから見た魁皇博之魁皇博之

    2010年3月14日から同年3月28日まで大阪府立体育会館で開催された大相撲春場所では、当時大関だった魁皇に対して、初日・中日・千秋楽を含む4日間の取組で懸賞金を提供。いずれの日にも、取組前にはたむらの自費で作った「炭火焼肉たむら」名義の懸賞幕が登場した。炭火焼肉たむら フレッシュアイペディアより)

  • 永源遙

    永源遙から見た魁皇博之魁皇博之

    2006年1月、還暦記念試合が行われ、その後のセレモニーで赤い帽子とちゃんちゃんこに身を包んだ永源は自らの口から3月末に現役を引退することを発表した。2006年3月26日、永源の出身地である旧鹿西町のスポーツセンターろくせい大会で現役引退試合を実施、試合は永源が井上雅央からの首固めで負けを喫した。同年4月28日、引退記念パーティが帝国ホテルにて行われ各界の著名人ら800人が出席して催された。プロレス関係者以外にも梅宮辰夫、渡哲也、西城秀樹、せんだみつお、栃東、魁皇、千代大海をはじめとした各界の有名人が参加し、西城はミニライブまで披露した。永源遙 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘竜

    戦闘竜から見た魁皇魁皇博之

    立合い頭から当たる取り口の影響からか、20代後半から髪が薄くなってしまい、十両復帰を目指していた1997年から1999年の時期には、同部屋の兄弟子魁皇から、「早く十両に戻ってこないと、大銀杏が結えなくなっちゃうよ。」と発破をかけられていたという。戦闘竜 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井康生

    藤井康生から見た魁皇博之魁皇博之

    2017年名古屋・13日目白鵬が新大関高安を下し、魁皇が保持していた単独勝ち星1047勝を超え、単独勝ち星一位となる1048勝を達成した一番の実況を担当。藤井康生 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年1月場所

    大相撲平成22年1月場所から見た魁皇博之魁皇博之

    史上最長の65場所大関を務め、この場所関脇に陥落した千代大海は10勝を挙げれば特例で大関に復帰することが可能であったが、初日から連敗を喫し、3日目に魁皇に敗れた翌日、遂に引退を発表した。千代大海の現役最後の相手となった魁皇とはこれが通算54回目の対戦で、これは歴代2位の対戦回数である。また、魁皇はこの一番に勝利したことで幕内勝利数の新記録となる通算808勝目を上げた。大相撲平成22年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • かいおう

    かいおうから見た魁皇博之魁皇博之

    「かいおう」の列車名は、沿線の直方市出身で運転開始当時現役の大相撲力士だった魁皇博之の四股名に由来している。かいおう フレッシュアイペディアより)

  • 横綱審議委員会

    横綱審議委員会から見た魁皇博之魁皇博之

    逆に日本人大関には、「次の場所は優勝せずとも、勝利数次第では昇進の話が出てくる」など大きく内容が異なる(魁皇、栃東等)。このような背景から、外国人に比べ日本人が優遇されていることへの一般のファンからの疑問も存在する。横綱審議委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 小城錦康年

    小城錦康年から見た魁皇博之魁皇博之

    新入幕を果たした1993年5月場所では9勝6敗と勝ち越したものの、翌7月場所は4勝11敗と大敗して十両に陥落。再入幕の11月場所(前頭16枚目)で11勝を挙げて敢闘賞を受賞。東前頭5枚目で迎えた1994年1月場所は7勝8敗と惜しくも負け越したが、続く3月場所で、優勝した横綱曙から金星を奪うなど9勝を挙げて技能賞を獲得、当時新鋭だった武双山、魁皇とともに「若手三羽烏」と呼ばれ、3人で相撲雑誌の表紙を飾ったこともある。東前頭筆頭で迎えた5月場所は7勝8敗と惜しくも負け越して、三役昇進を逃す。以降は、故障がちで低迷を続ける。幕内下位では勝ち越すものの、横綱・大関との対戦がある上位では大負けする時期が長く続いた。小城錦康年 フレッシュアイペディアより)

168件中 81 - 90件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード