164件中 91 - 100件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た負け越し

    新入幕場所こそ4勝11敗と大きく負け越してしまい十両陥落となるものの、同年11月場所に再入幕後は日の出の勢いで番付を上げ、1994年(平成6年)3月場所には横綱曙を下し初金星を獲得、他若ノ花、武蔵丸(のち67代横綱・現武蔵川)の2大関を下すなどで初の三賞受賞(殊勲賞)、翌夏場所には早くも新小結となる。1995年(平成7年)1月場所の新関脇場所からは、実に13場所も連続して関脇に在位(史上最長)し、その後も度々三役に上がり、有力な大関候補として期待を寄せられた。しかし1997年(平成9年)5月場所11日目、貴ノ浪(元大関・現音羽山)戦で左太股を大怪我してしまい、そのケガの回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。それでも大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た藤島 (相撲)

    大関獲りでは千代大海(現佐ノ山)・出島(現大鳴戸)・武双山(現藤島)・雅山らに遅れをとったが、大関昇進後は豪快な相撲で地力の高さを見せ付け、大関としては合計4度の優勝を経験、横綱候補の1番手だった時期もあった。しかし、怪我の多さや精神的な脆さもあり、途中休場して綱取りのチャンスを無下にしてしまうことも多かった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た勝負審判

    32歳となる2004年には円熟期を迎え、全場所で二桁勝利を記録。9月場所には13勝2敗で5回目の優勝を遂げた。4度目の綱取りとなる翌11月場所では、2003年3月場所から続く日本人横綱不在に終止符を打って欲しいという期待が集まった。しかし12日目に3敗を喫し優勝争いから脱落。それでも「千秋楽で横綱朝青龍を破っての準優勝なら昇進の可能性がある」との発言が当時の押尾川(元大関大麒麟)審判部長からあり、千秋楽の結びの一番への期待が高まった。千秋楽では朝青龍を万全の相撲で下し12勝3敗、横綱昇進決定かと思われたが、結局昇進は見送られた。翌2005年1月場所までも綱取り場所とされたが、怪我で途中休場して失敗に終わった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た音羽山 (相撲)

    新入幕場所こそ4勝11敗と大きく負け越してしまい十両陥落となるものの、同年11月場所に再入幕後は日の出の勢いで番付を上げ、1994年(平成6年)3月場所には横綱曙を下し初金星を獲得、他若ノ花、武蔵丸(のち67代横綱・現武蔵川)の2大関を下すなどで初の三賞受賞(殊勲賞)、翌夏場所には早くも新小結となる。1995年(平成7年)1月場所の新関脇場所からは、実に13場所も連続して関脇に在位(史上最長)し、その後も度々三役に上がり、有力な大関候補として期待を寄せられた。しかし1997年(平成9年)5月場所11日目、貴ノ浪(元大関・現音羽山)戦で左太股を大怪我してしまい、そのケガの回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。それでも大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た両国国技館

    断髪式と引退相撲は2012年5月27日に両国国技館で行われ、同期の貴乃花や曙ら、約340人がはさみを入れた。「正直に言えば、いろんなところでこみあげてくるものがあった。親の時は、がまんできなかった」と述べた。止め鋏の前には、史上単独1位となる通算1046勝目を挙げた取組の実況が再現され、約1万人の観衆でぎっしりと埋まった館内が“魁皇コール”に包まれると魁皇は「鳥肌が立った。最高の一日だった」と涙を流した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た日本政府

    2010年3月場所で幕内通算在位が丁度100場所を迎え、この場所も8勝7敗と勝ち越した。3月30日、幕内在位100場所達成及び幕内通算勝利数を更新した功績を称え、日本政府は内閣総理大臣顕彰を魁皇に授与することを決定し、4月26日に総理大臣官邸で顕彰式が執り行われた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た佐ノ山

    大関獲りでは千代大海(現佐ノ山)・出島(現大鳴戸)・武双山(現藤島)・雅山らに遅れをとったが、大関昇進後は豪快な相撲で地力の高さを見せ付け、大関としては合計4度の優勝を経験、横綱候補の1番手だった時期もあった。しかし、怪我の多さや精神的な脆さもあり、途中休場して綱取りのチャンスを無下にしてしまうことも多かった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た小県郡

    さらに、2007年(平成19年)1月場所で、小結以上在位71場所の新記録を樹立した。これも魁皇の実力を裏打ちするものであり、「もしタイムマシーンがあれば、魁皇を、江戸時代の古今無双大関雷電爲右エ門(長野県小県郡東部町(現・東御市)出身)と対戦させてみたい」という声も聞かれたことがあった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た技量審査場所

    2011年1月場所12日目に把瑠都を破って、大相撲史上初となる通算100場所勝ち越しを達成した。2011年5月技量審査場所12日目には、大相撲史上単独1位となる幕内出場回数・1431回目を達成した。千秋楽では白鵬に右上手を掴んでの寄り切りで勝ち、通算勝ち星を1044勝とした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見たスチール缶

    市立直方第二中学校時代に柔道をしていたところその巨体から、顧問の教師に相撲を勧められる。その魁皇のためにわざわざ「柔道・相撲部」を作った(それまでは柔道部のみだった)。またその顧問の教師と相撲を取ったところ、教師は片手で体を持ち上げられ非常に驚かされたという。またその相撲部時代にはほかの生徒たちが飲んだスチール缶の空き缶を片手で潰して片づけていた。入幕前、水道の蛇口が硬くて廻らないのを無理に回そうとした所、怪力のあまり壊してしまったことがある。入門前は、元大関北天佑の大ファンだったと言われている。北天佑も魁皇も、共に、上手からの強烈な投げ技が持ち味の「怪力大関」と言われた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード