164件中 21 - 30件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た垣添徹

    2010年1月場所2日目に前頭2枚目豪栄道に勝ち、19年ぶりに横綱・千代の富士の持つ幕内通算白星807勝に並んだが、この一番は魁皇得意の左四つ右上手だった。そして3日目には、奇しくも九重親方の愛弟子でかつ長年共に大関として支えあった千代大海(当時、関脇)に対し、豪快な送り投げで勝利し、ついに幕内通算808勝を達成して史上単独1位になった。なお、この千代大海戦が幕内通算54回目の取組となり、史上2位の記録であったが(対戦成績は魁皇の34勝20敗。幕内対戦の史上1位は武蔵丸対貴ノ浪の58回)、この一番で千代大海は現役最後の相撲となり、翌4日目に引退を表明した。10日目には引き落としで日馬富士戦の連敗を8で止め、さらに13日目には、2006年3月場所以来23場所ぶりに横綱白鵬を破り、白鵬戦での連敗を17で止めた。白鵬はこの敗北の翌日から63連勝を記録している。14日目には前頭3枚目稀勢の里を上手投げで破って勝ち越し。そして千秋楽でも同4枚目垣添(現・雷)を送り倒しで勝利、8場所ぶりの9勝6敗で終えた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た旭國斗雄

    7月場所 - 11勝4敗で10回目の殊勲賞(歴代1位タイ)、大関昇進を決め大関推挙伝達式での口上は「大関の地位を汚さぬよう稽古に精進します」、花の六三組では曙、貴乃花、若乃花に次ぐ4人目の大関。なお戦後に大関昇進を果たした力士のうち、十両での休場と、幕内からの十両以下への陥落の双方を経験したのは大麒麟1、旭國2、琴風3、魁皇4の4人のみ(大麒麟と琴風は幕下までの陥落を経験)。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た土佐ノ海敏生

    1月場所 - 土佐ノ海が11月場所を最後に引退したためこの場所から関取最年長力士となる。12日目に把瑠都に勝ち、史上初の通算100場所勝ち越しを達成した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た玉乃島新

    握力・腕力が非常に強く、中学時代の体力測定で握力100キロを超え(握力計を振り切ったこともあった)、更に入幕した頃には既にリンゴを握りつぶせたほどであった。左四つ右上手が絶対の形。腰をぶつけながら寄る型もあるが、それ以上に魁皇を魁皇たらしめているものは右からの豪快な上手投げ、小手投げ。特に怪力の右腕から放たれる上手投げは魁皇の代名詞と言え、横綱曙をも破った豪快な上手投げは今でも語り草になっている。また、小手投げに関しては、数々の力士の腕を怪我させたことから、四股名をもじって「破壊王(魁皇)」と呼ばれた[浪之花、栃乃洋(現・竹縄)、琴龍、栃東(現・玉ノ井)、玉乃島(現・西岩)、豪栄道、豊ノ島ら多くの力士がそれぞれ左の肩、肘を負傷した。特に浪之花は、引退の直接的な原因となり、玉乃島に関しては、この小手投げによって左腕が泣き所となってしまい、長期に渡り苦しんだ。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴欧洲勝紀

    2008年8月のモンゴル巡業では、当時の両横綱朝青龍、白鵬などモンゴル出身力士以上の大人気ぶりだった。2008年11月場所前、大関琴欧洲との稽古で右足を痛め、休場が濃厚だったが強行出場した。しかし、3日目に前頭2枚目若の里との取組み中に左腕まで痛めてしまい途中休場した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴ノ若晴將

    11月場所 - 8度目の角番、地元の声援もあり10勝5敗、琴ノ若の引退により幕内最古参力士魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た安美錦竜児

    2010年11月場所は初日に前頭2枚目安美錦に敗れるも、2日目から12日目まで11連勝の快進撃を続け優勝争いを演じた。13日目に1敗の白鵬、14日目に同じく1敗の同9枚目豊ノ島に敗れ優勝争いから脱落したが、千秋楽に大関把瑠都を破って2004年11月場所以来36場所ぶりの12勝3敗の好成績を挙げ、九州場所を盛り上げる一因となった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴奨菊和弘

    しかし怪我や加齢による体力の衰えも顕著となり、立合いの鋭さ・重さに欠け、かつて握力計を振り切ったほどの握力は衰え、70キロ台にまで落ちていた。左四つに組むことが難しくなり、組んでも左四つ得意の若手(稀勢の里、琴奨菊など)や、もろ差しがうまい豊ノ島には分が悪くなってきた。太ももの故障を抱えてからは左右の動きの対処できずあっけなく土俵を割ることが増え、また上手投げが難しくなり叩きが増える相撲も多く、魁皇らしさが半減した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た豪栄道豪太郎

    2010年1月場所2日目に前頭2枚目豪栄道に勝ち、19年ぶりに横綱・千代の富士の持つ幕内通算白星807勝に並んだが、この一番は魁皇得意の左四つ右上手だった。そして3日目には、奇しくも九重親方の愛弟子でかつ長年共に大関として支えあった千代大海(当時、関脇)に対し、豪快な送り投げで勝利し、ついに幕内通算808勝を達成して史上単独1位になった。なお、この千代大海戦が幕内通算54回目の取組となり、史上2位の記録であったが(対戦成績は魁皇の34勝20敗。幕内対戦の史上1位は武蔵丸対貴ノ浪の58回)、この一番で千代大海は現役最後の相撲となり、翌4日目に引退を表明した。10日目には引き落としで日馬富士戦の連敗を8で止め、さらに13日目には、2006年3月場所以来23場所ぶりに横綱白鵬を破り、白鵬戦での連敗を17で止めた。白鵬はこの敗北の翌日から63連勝を記録している。14日目には前頭3枚目稀勢の里を上手投げで破って勝ち越し。そして千秋楽でも同4枚目垣添(現・雷)を送り倒しで勝利、8場所ぶりの9勝6敗で終えた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た栃乃洋泰一

    握力・腕力が非常に強く、中学時代の体力測定で握力100キロを超え(握力計を振り切ったこともあった)、更に入幕した頃には既にリンゴを握りつぶせたほどであった。左四つ右上手が絶対の形。腰をぶつけながら寄る型もあるが、それ以上に魁皇を魁皇たらしめているものは右からの豪快な上手投げ、小手投げ。特に怪力の右腕から放たれる上手投げは魁皇の代名詞と言え、横綱曙をも破った豪快な上手投げは今でも語り草になっている。また、小手投げに関しては、数々の力士の腕を怪我させたことから、四股名をもじって「破壊王(魁皇)」と呼ばれた[浪之花、栃乃洋(現・竹縄)、琴龍、栃東(現・玉ノ井)、玉乃島(現・西岩)、豪栄道、豊ノ島ら多くの力士がそれぞれ左の肩、肘を負傷した。特に浪之花は、引退の直接的な原因となり、玉乃島に関しては、この小手投げによって左腕が泣き所となってしまい、長期に渡り苦しんだ。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

164件中 21 - 30件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード