168件中 21 - 30件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た大鵬幸喜

    7月場所 - 12日目(36歳の誕生日)に幕内勝星747勝達成(大鵬の746勝を抜き歴代単独3位)魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た旭國斗雄

    7月場所 - 11勝4敗で10回目の殊勲賞(歴代1位タイ)、大関昇進を決め大関推挙伝達式での口上は「大関の地位を汚さぬよう稽古に精進します」、花の六三組では曙、貴乃花、若乃花に次ぐ4人目の大関。なお戦後に大関昇進を果たした力士のうち、十両での休場と、幕内からの十両以下への陥落の双方を経験したのは大麒麟1、旭國2、琴風3、魁皇 4 の4人のみ(大麒麟と琴風は幕下までの陥落を経験)。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴ノ若晴將

    11月場所 - 8度目の角番、地元の声援もあり10勝5敗、琴ノ若の引退により幕内最古参力士魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た笑福亭鶴瓶

    引退相撲を控えた2012年4月4日・11日に放送されたNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、笑福亭鶴瓶とともに熊本県人吉市を訪れた。行き先の店でかつて昭和初期に双葉山らが人吉で巡業を行ったときの板番付が勧進元の人物の孫が経営する和菓子店に今も残されているのを聞き、現物を見て驚きを見せた。また、同行していた枝川親方も同じく驚いていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た蒼樹山秀樹

    引退相撲を控えた2012年4月4日・11日に放送されたNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、笑福亭鶴瓶とともに熊本県人吉市を訪れた。行き先の店でかつて昭和初期に双葉山らが人吉で巡業を行ったときの板番付が勧進元の人物の孫が経営する和菓子店に今も残されているのを聞き、現物を見て驚きを見せた。また、同行していた枝川親方も同じく驚いていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た雅山哲士

    大関獲りでは千代大海・出島・武双山・雅山らに遅れをとったが、大関昇進後は豪快な相撲で地力の高さを見せ付け、大関としては合計4度の優勝を経験、横綱候補の1番手だった時期もあった。しかし、怪我の多さや精神的な脆さ(若貴兄弟や曙に注目が集まったおかげでプレッシャーに押しつぶされずに稽古に集中できたと本人が語っている) もあり、途中休場して綱取りのチャンスを無下にしてしまうことも多かった。2001年1月場所は5大関が2日目までに8敗、4日目までに10敗を喫する不甲斐ない有様で、唯一下位に対するの壁になっていた魁皇も4日目の栃乃洋戦で右上手を取りながら寄り切りに敗れた際には「前に出ればよかったけど、失敗した雰囲気が悪いね。大関陣がのろわれてる? 分からない」と話していた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴風豪規

    7月場所 - 11勝4敗で10回目の殊勲賞(歴代1位タイ)、大関昇進を決め大関推挙伝達式での口上は「大関の地位を汚さぬよう稽古に精進します」、花の六三組では曙、貴乃花、若乃花に次ぐ4人目の大関。なお戦後に大関昇進を果たした力士のうち、十両での休場と、幕内からの十両以下への陥落の双方を経験したのは大麒麟1、旭國2、琴風3、魁皇 4 の4人のみ(大麒麟と琴風は幕下までの陥落を経験)。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た垣添徹

    2010年1月場所2日目に前頭2枚目豪栄道に勝ち、19年ぶりに横綱・千代の富士の持つ幕内通算白星807勝に並んだが、この一番は魁皇得意の左四つ右上手だった。そして3日目には、奇しくも九重親方の愛弟子でかつ長年共に大関として支えあった千代大海(当時・関脇)に対し、豪快な送り投げで勝利、ついに幕内通算808勝を達成して史上単独1位になった。10日目には引き落としで日馬富士戦の連敗を8で止め、さらに13日目には2006年3月場所以来23場所ぶりに横綱白鵬を破り、白鵬戦での連敗を17で止めた。白鵬はこの敗北の翌日から63連勝を記録している。14日目には前頭3枚目稀勢の里を上手投げで破って勝ち越し。そして千秋楽でも同4枚目垣添を送り倒しで勝利、8場所ぶりの9勝6敗で終えた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た土佐ノ海敏生

    1月場所 - 土佐ノ海が11月場所を最後に引退したためこの場所から関取最年長力士となる。12日目に把瑠都に勝ち、史上初の通算100場所勝ち越しを達成した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た玉乃島新

    上手投げは魁皇の代名詞と言えるもので、横綱曙を破った際の豪快な上手投げは今でも語り草になっている。小手投げに関しては、手繰りを活かして相手の肘を極めながら両手で抱え、力任せに横へ向かって打つのがやり方で、浪之花、栃乃洋、琴龍、栃東、玉乃島、豪栄道、豊ノ島ら多くの力士がこれを受け、それぞれ左の肩、肘を負傷した。中でも浪之花は引退の直接的な原因となるほど深い負傷であり、玉乃島は怪我をして以降左腕が泣き所となってしまい、長期に渡り苦しんだ。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

168件中 21 - 30件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード