164件中 31 - 40件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴光喜啓司

    2010年7月、場所前に大関琴光喜が解雇されたため大関以上の地位での日本人力士は魁皇のみとなった。同時に、幕内最高優勝の経験を持つ唯一の現役日本人力士ともなった。11日目から怪我のため途中休場、休場中の7月場所14日目(7月24日)に38歳の誕生日を迎えた。翌9月場所に13回目の大関角番を迎えたが14日目に勝ち越して角番を脱出。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た豪風旭

    2009年1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録も発生した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た日馬富士公平

    2007年9月場所4日目の小結安馬(現・日馬富士)戦で、幕内通算706勝を達成した。この記録は武蔵丸の706勝に並ぶもので、大関以下の力士としては1番、現役の力士としてももちろんダントツの記録。しかし、その2日後、右太腿の負傷を悪化させまたしても途中休場となった。翌11月場所は、2006年同様に再起をかける場所となったが、14日目で勝ち越して11度目の角番を脱出、引退の危機から免れた。勝ち越しが決まった瞬間には、観客はその日の結びの一番よりも大きな声援を魁皇に送った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た高見盛精彦

    大関昇進前の1999年に結婚、子供はいない。5歳年上の妻・充子は元タレントであるが、それ以前は女子プロレスラーであった。そのためか、女子プロレス関係者の中にもファンを有した。また現役当時の力士の中では、高見盛(最高位・小結)を凌ぐほどの、一番人気の高い力士の一人であった。福岡県出身だけに、福岡市で開催される九州場所での館内での声援は絶大で、11月場所(九州場所)での声援は他の力士を圧倒していた。対戦相手は「魁皇関にとってはホームゲーム、こちらはアウェーゲームみたいなものだ」と、かつて青森県出身の音羽山親方(元大関貴ノ浪)がこのような発言をしていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た若の里忍

    2008年8月のモンゴル巡業では、当時の両横綱朝青龍、白鵬などモンゴル出身力士以上の大人気ぶりだった。2008年11月場所前、大関琴欧洲との稽古で右足を痛め、休場が濃厚だったが強行出場した。しかし、3日目に前頭2枚目若の里との取組み中に左腕まで痛めてしまい途中休場した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た豪栄道

    1月場所 - 2日目に豪栄道に勝ち(この1番は魁皇得意の左四つ右上手)、19年ぶりに千代の富士の持つ幕内通算807勝達成、3日目に長年共に支えあってきた千代大海に勝って(豪快な送り投げ)幕内勝星808勝達成(歴代単独1位)、9勝6敗(9勝以上は8場所ぶり)また、横綱白鵬にも2006年3月場所以来となる勝利をし、対白鵬戦の連敗を17でストップした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た出島武春

    大関獲りでは千代大海(現佐ノ山)・出島(現大鳴戸)・武双山(現藤島)・雅山らに遅れをとったが、大関昇進後は豪快な相撲で地力の高さを見せ付け、大関としては合計4度の優勝を経験、横綱候補の1番手だった時期もあった。しかし、怪我の多さや精神的な脆さもあり、途中休場して綱取りのチャンスを無下にしてしまうことも多かった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た九州旅客鉄道

    その人気はとどまることを知らず、2001年10月に九州旅客鉄道(JR九州)筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)博多駅 - 直方駅間で運行を開始した特急列車の名称「かいおう」にも採用された。力士の四股名に限らず、人名、しかも存命中の人物の名前がJRグループの列車名に採用されることは極めて異例。その特急「かいおう」の出発式には魁皇本人も出席し、テープカットも行った。「かいおう」の運行決定は、魁皇が3度目の優勝をした2001年7月場所後だったが、翌9月場所は途中休場していた。前述の通り魁皇本人は2011年7月場所で現役引退したが、JR九州は「かいおう」の名称について「(現時点では)改称の予定はない」とコメントしている。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た花田虎上

    中学校卒業後に友綱部屋に入門し、1988年(昭和63年)3月場所で初土俵を踏んだ。同期には大海(後に64代横綱・曙、現タレント)、貴花田(後に65代横綱・貴乃花、現貴乃花親方)、若花田(後に66代横綱・3代若乃花、現タレント)、和歌乃山(元小結)、力櫻(元幕内)など有望な新弟子がおり、「花の六三組」とも称された。ちなみに貴乃花・和歌乃山・力櫻とは同い年・同学年であった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た寺尾常史

    5月場所 - 初日から6連勝で通算勝星861勝達成(寺尾の860勝を抜いて歴代単独5位)、13日目に朝青龍を2004年11月場所以来15場所ぶりに破り連敗を8で止める、3場所ぶりの10勝5敗だった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

164件中 31 - 40件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード