168件中 51 - 60件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た2009年

    2009年頃からは満足な稽古もままならない状態からぶっつけ本番での本場所の連続となり、千代大海と共に角番を繰り返す状況を見かねた横審が「累積5回の角番で降格や引退勧告」なる具体案まで出すほどの風当たりの厳しさとなってきた。 1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録(ハチナナグランドスラム)を成し遂げ、「ハチナナ大関」を流行語とした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見たベースボール・マガジン社

    2009年11月9日に自伝「怪力」(ベースボール・マガジン社)が発売された。発売前々日の7日には紀伊国屋書店福岡本店でサイン会が行われた。同年12月18日には、文化放送の正月特番「新春スポーツスペシャル 工藤公康・魁皇 新春ビッグ対談〜生涯現役!」で、埼玉西武ライオンズに復帰した工藤公康との対談に臨み、「生涯現役」にこだわることを宣言。魁皇と工藤はこのとき初対面だった。対談の様子は翌年1月2日に放送された。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た貴ノ花利彰

    11月場所 - 大関在位50場所(貴ノ花と並び歴代2位タイ)、右下腿三頭筋筋挫傷及び左上腕三頭筋筋挫傷のため4日目から途中休場魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た北尾光司

    明治時代以降、最高位が大関だった力士の中では、魁皇が史上最多の幕内最高優勝5回を誇っている。なお横綱昇進を果たした力士の大関以下での幕内優勝は、同期の貴乃花が優勝22回中7回、同期の若乃花が5回(横綱では優勝なし)、武蔵丸が優勝12回中5回をそれぞれ記録し、同世代の横綱に多かった(これは元横綱双羽黒が優勝ゼロのまま廃業して以降、横綱昇進の規定が厳密になり『原則として大関の地位で2場所連続優勝が絶対条件』となったため)。さらに、優勝力士からの白星も最も多く、地力の高さも示していた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴乃峰篤実

    3月場所 - 初土俵、同期の曙、貴花田(後に貴乃花)、若花田(後に若乃花)、和歌乃山、力櫻、琴乃峰などと花の六三組と称される魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た双葉山定次

    引退相撲を控えた2012年4月4日・11日に放送されたNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、笑福亭鶴瓶とともに熊本県人吉市を訪れた。行き先の店でかつて昭和初期に双葉山らが人吉で巡業を行ったときの板番付が勧進元の人物の孫が経営する和菓子店に今も残されているのを聞き、現物を見て驚きを見せた。また、同行していた枝川親方も同じく驚いていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た能代潟錦作

    初土俵以来23年以上の長きに渡る現役生活、また2000年9月に大関に昇進して以来、10年以上に渡り関脇に一度も陥落することなく大関の座を守り続けた。また2007年9月場所の番付で、35歳の大関となり戦後最高齢記録を更新、2010年3月場所には昭和以降の最高齢大関在位記録をも更新した(2011年7月場所引退時で38歳11か月、従来は1932年10月場所、能代潟の37歳6か月)。2011年版ギネス・ワールド・レコーズに「幕内通算846勝」「幕内在位103場所」として掲載された。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た沖ツ海福雄

    小結で迎えた2000年(平成12年)5月場所、14勝1敗でついに自身念願の幕内初優勝を果たす。福岡県出身力士としての優勝は1932年(昭和7年)3月場所の小結沖ツ海(9勝1敗)以来2人目で、68年ぶりの快挙であった。次の翌7月場所通算7回目の大関獲りながら10日目で6勝4敗、またしても失敗に終わるかと思われたが、終盤戦は千秋楽まで5連勝し11勝4敗、三役3場所合計33勝の成績を挙げ、同7月場所後にようやく大関昇進となった。なお魁皇の関脇在位は21場所で、当時長谷川・2代目琴錦(二人共元関脇)と並ぶ史上1位タイの記録であったが、のちに大関となった力士は魁皇のみ。また三役(関脇・小結)在位は32場所で、2代琴錦の34場所に次ぐ史上2位の記録である。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た皇牙篤

    高砂部屋の弓取り力士に、「弓取り関取」で話題となった皇牙(元十両、2007年5月場所直前に引退。十両昇進後も引退直前まで弓取り式を務めた)がいたが、皇牙も直方市出身でしかも出身中学校(直方第二中学校)の5学年後輩であり、四股名は魁皇から一字拝借したものである。さらに、鳴戸部屋出身の元前頭・力櫻が、プロレス転向後「力皇」と改名したきっかけも、大相撲では同期入門だった魁皇にあやかったものと言われた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た朝潮太郎 (4代)

    対横綱戦勝利:37勝(歴代5位・最高位が大関以下の力士の中では朝潮に次いで歴代2位)(曙6勝、貴乃花12勝、若乃花2勝、武蔵丸7勝、朝青龍8勝、白鵬2勝)魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード