164件中 61 - 70件表示
  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た琴錦功宗

    小結で迎えた2000年(平成12年)5月場所、14勝1敗でついに自身念願の幕内初優勝を果たす。次の翌7月場所通算7回目の大関獲りながら10日目で6勝4敗、又しても失敗に終わるかと思われたが、終盤戦は千秋楽まで5連勝し11勝4敗、三役3場所合計33勝の成績を挙げ、同7月場所後にようやく大関昇進となった。なお魁皇の関脇在位は21場所で、当時長谷川・2代目琴錦(二人共元関脇)と並ぶ史上1位タイの記録であったが、のちに大関となった力士は魁皇のみ。また三役(関脇・小結)在位は32場所で、2代琴錦の34場所に次ぐ史上2位の記録。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た雷電爲右エ門

    さらに、2007年(平成19年)1月場所で、小結以上在位71場所の新記録を樹立した。これも魁皇の実力を裏打ちするものであり、「もしタイムマシーンがあれば、魁皇を、江戸時代の古今無双大関雷電爲右エ門(長野県小県郡東部町(現・東御市)出身)と対戦させてみたい」という声も聞かれたことがあった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た魁輝薫秀

    2005年1月場所から2006年3月場所までは、途中休場により翌場所大関角番・角番脱出の繰り返しが続き、大関の地位を辛うじて維持するという状況だった。特に9回目の角番となった2006年3月場所は、序盤から本来の相撲が取れず負けが先行すると引退を示唆して、師匠の友綱親方(元関脇魁輝)と相談し負け越したら引退する決意を固めた。しかし7敗してから踏ん張り、千秋楽に朝青龍と優勝争いをしていた白鵬を寄り切って勝ち越しを決めた。2006年5月場所以降、千秋楽まで皆勤の出場場所が増えてはいるが、成績は10勝すらままならず勝ち越しがやっとの状態が多く、特に2005年以降は何度も引退の危機を迎えていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た千代の富士

    1月場所 - 2日目に豪栄道に勝ち(この1番は魁皇得意の左四つ右上手)、19年ぶりに千代の富士の持つ幕内通算807勝達成、3日目に長年共に支えあってきた千代大海に勝って(豪快な送り投げ)幕内勝星808勝達成(歴代単独1位)、9勝6敗(9勝以上は8場所ぶり)また、横綱白鵬にも2006年3月場所以来となる勝利をし、対白鵬戦の連敗を17でストップした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見たプロレスラー

    6月12日 - 元女子プロレスラー・充子夫人と結婚魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た日本相撲協会

    2004年9月場所13勝2敗で5回目の幕内優勝、次の11月場所は12勝3敗の優勝次点の成績を挙げ、一昔前なら「大関で2場所連続優勝、又はそれに準ずる成績」に当てはまり、横綱になって当然だった。しかし日本相撲協会は11月場所千秋楽終了後、大関魁皇の横綱昇進問題について「『2場所連続優勝』の内規を満たしてない」の理由で、横綱審議委員会への諮問は却下されてしまう。翌2005年1月場所、再び綱獲りにチャレンジした魁皇であったが途中休場に終わり、以降横綱挑戦の場所は二度と巡らなかった。それでも大関在位65場所と長期間「名大関」として君臨、39歳になる寸前まで多くの大相撲ファンを沸かせた。魁皇自身は引退後著書で「もし自分が横綱に昇進していれば、通算1047勝の記録は達成出来なかったと思う」「横綱の地位に求められる成績を自分は残せなかった、というのが本音。だから全く後悔はない」と記している。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見たリンゴ

    握力・腕力が非常に強く、中学時代の体力測定で握力100キロを超え(握力計を振り切ったこともあった)、更に入幕した頃には既にリンゴを握りつぶせたほどであった。左四つ右上手が絶対の形。腰をぶつけながら寄る型もあるが、それ以上に魁皇を魁皇たらしめているものは右からの豪快な上手投げ、小手投げ。特に怪力の右腕から放たれる上手投げは魁皇の代名詞と言え、横綱曙をも破った豪快な上手投げは今でも語り草になっている。また、小手投げに関しては、数々の力士の腕を怪我させたことから、四股名をもじって「破壊王(魁皇)」と呼ばれた[浪之花、栃乃洋(現・竹縄)、琴龍、栃東(現・玉ノ井)、玉乃島(現・西岩)、豪栄道、豊ノ島ら多くの力士がそれぞれ左の肩、肘を負傷した。特に浪之花は、引退の直接的な原因となり、玉乃島に関しては、この小手投げによって左腕が泣き所となってしまい、長期に渡り苦しんだ。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た横綱審議委員会

    2004年9月場所13勝2敗で5回目の幕内優勝、次の11月場所は12勝3敗の優勝次点の成績を挙げ、一昔前なら「大関で2場所連続優勝、又はそれに準ずる成績」に当てはまり、横綱になって当然だった。しかし日本相撲協会は11月場所千秋楽終了後、大関魁皇の横綱昇進問題について「『2場所連続優勝』の内規を満たしてない」の理由で、横綱審議委員会への諮問は却下されてしまう。翌2005年1月場所、再び綱獲りにチャレンジした魁皇であったが途中休場に終わり、以降横綱挑戦の場所は二度と巡らなかった。それでも大関在位65場所と長期間「名大関」として君臨、39歳になる寸前まで多くの大相撲ファンを沸かせた。魁皇自身は引退後著書で「もし自分が横綱に昇進していれば、通算1047勝の記録は達成出来なかったと思う」「横綱の地位に求められる成績を自分は残せなかった、というのが本音。だから全く後悔はない」と記している。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た金星

    新入幕場所こそ4勝11敗と大きく負け越してしまい十両陥落となるものの、同年11月場所に再入幕後は日の出の勢いで番付を上げ、1994年(平成6年)3月場所には横綱曙を下し初金星を獲得、他若ノ花、武蔵丸(のち67代横綱・現武蔵川)の2大関を下すなどで初の三賞受賞(殊勲賞)、翌夏場所には早くも新小結となる。1995年(平成7年)1月場所の新関脇場所からは、実に13場所も連続して関脇に在位(史上最長)し、その後も度々三役に上がり、有力な大関候補として期待を寄せられた。しかし1997年(平成9年)5月場所11日目、貴ノ浪(元大関・現音羽山)戦で左太股を大怪我してしまい、そのケガの回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。それでも大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た番付

    ウィンブルドン現象(引退に伴い、2011年秋場所は大関以上の番付に日本人力士が不在となった。なお秋場所後に琴奨菊が大関昇進を決め、同年九州場所は2場所ぶりに日本出身の大関が復活した)魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

164件中 61 - 70件表示

「魁皇博之」のニューストピックワード