前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 小千谷市

    小千谷市から見た魚沼郡魚沼郡

    新潟県のほぼ中央、越後平野の南端にあり、中越地方に属している。隣接する十日町市とともに、魚沼地域の中ではいち早く市制施行し(昭和の大合併時)、国や県の出先機関が置かれるなど、主に北魚沼地域の行政の中心として発展してきた。現在、都市圏では長岡都市圏に属しており、長岡市のベッドタウンの機能も有している。小千谷市 フレッシュアイペディアより)

  • 西川口 (長岡市)

    西川口 (長岡市)から見た魚沼郡魚沼郡

    この地には先土器時代末期の荒屋遺跡が魚野川左岸台地に存在する。この遺跡からは彫刻刀及び細石器が出土している。縄文時代の遺跡として信濃川左岸に西倉遺跡・上ノ原遺跡当地は和名抄の魚沼郡剌上郷にあたる。中世に入り、この近辺は藪神ノ内と呼ばれ、下川郷十九半名の一部として内ヶ巻城主である新田一族の田中氏の支配下にあった。1542年(天文11年)に起きた天文の乱において、田中氏当主である田中太郎左衛門長義は越後国守護上杉定実の側につき、長尾為景と対立したが、為景没後、田中氏の自立の承認と引き換えに守護代長尾晴景に帰服した。西川口 (長岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 東川口 (長岡市)

    東川口 (長岡市)から見た魚沼郡魚沼郡

    東川口(ひがしかわぐち)は、新潟県長岡市の地名。郵便番号は949-7504。2011年4月1日現在の人口は1,337人。以前は、北魚沼郡川口町大字川口(2010年(平成22年)3月31日以前)、北魚沼郡川口村(1889年(明治22年)以前)・越後国魚沼郡河口村(中世)などと呼ばれていた。東川口 (長岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 柏崎県

    柏崎県から見た魚沼郡魚沼郡

    幕末の柏崎は桑名藩の越後国における飛地領の中心都市で、同藩の陣屋が置かれていた。1868年(慶応4年)の戊辰戦争の際には、伊勢の桑名藩本藩が新政府軍に恭順して以降も藩主松平定敬らはこれに従わずに飛地領の柏崎に移り、会津藩兵および旧幕府歩兵とともに新政府軍に抵抗した。これに対して上越地方を掌握した新政府軍は高田(現上越市)を拠点にして刈羽郡、魚沼郡方面への侵攻を進め、柏崎を制圧下に置いた。柏崎県 フレッシュアイペディアより)

  • 水原親憲

    水原親憲から見た魚沼郡魚沼郡

    天文15年(1546年)、魚沼郡浦佐城主・大関親信の子として生まれる。『上杉将士書上』によれば、永禄4年(1561年)の川中島の戦いで武功を挙げ上杉謙信より賞賛されたという。確実な史料に親憲が登場するのは御館の乱以降のことである。謙信の死後に起こった御館の乱では上杉景勝を支持、天正7年(1579年)2月、広瀬(魚沼郡)の小平尾の地を攻略し、天正8年(1580年)5月には、深沢利重・栗林政頼らとともに上田の守備についている。この頃、親憲は一時期上杉家を離れ、会津蘆名氏家臣で長沼城主・新国貞通の下に身を寄せていたという。天正8年(1580年)6月には、蘆名盛隆の家臣・栗村範通(新国貞通の子)から、親交を求める盛隆の意を景勝に披露してほしいと依頼されている。天正11年(1583年)2月、越中の防備にあたり、その功により知行を与えられた。『北越詩話』『水原氏の研究』では、天正14年(1586年)に景勝の命により水原満家が新発田重家の乱で討死して断絶していた揚北衆・水原氏の名跡を継ぐことになったとしているが、文禄3年(1594年)2月、出羽最上表での戦功に対する景勝からの朱印状の宛名は大関常陸となっている。一方、同年付の『文禄三年定納員数目録』では水原常陸となっている。同目録によれば、親憲は3,414石を知行し、149人の軍役を担っていた。水原親憲 フレッシュアイペディアより)

  • 水原県

    水原県から見た魚沼郡魚沼郡

    8月25日 - 上越・中越地方の頸城郡、刈羽郡、魚沼郡、三島郡、古志郡が柏崎県(第2次)として分離。蒲原郡のみの管轄となる(この時点で岩船郡は既に村上藩領に一本化されていた)。水原県 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼コシヒカリ

    魚沼コシヒカリから見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼産コシヒカリ(うおぬまさんこしひかり)は、新潟県魚沼地域(5市2町)で収穫されるイネの品種コシヒカリの米の産地ブランド。環境条件がコシヒカリの最適生育条件に近く農業技術も生産農家の栽培技術向上により、日本穀物検定協会の米食味ランキングでは1989年(平成元年)より24年連続「特A」認定と国内最高評価の良質米である。魚沼コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 越後国

    越後国から見た魚沼郡魚沼郡

    蝦夷政策の拠点国として大宝2年(702年)3月に、越中国から親不知以東、すなわち頸城郡、古志郡、魚沼郡、蒲原郡の四郡を譲り受けた。和銅元年(708年)に、北に領域を伸ばして出羽郡を新しく設置し七郡体制となった。出羽郡を建てるのと前後して出羽柵の築造と柵戸の移住が行われた。さらに、和銅5年(712年)9月23日 に、出羽郡が出羽国として分離したことで、後々まで続く越後の形ができあがった。天平16年(743年)2月11日に佐渡国を合わせたが、天平勝宝4年(752年)11月3日に元に復した。その後、沼垂郡が蒲原郡に統合されたり、古志郡から三嶋郡(みしまぐん、のちの刈羽郡)、ついで三島郡(さんとうぐん)が分立するなど郡に変動があった。越後国 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡市

    長岡市から見た魚沼郡魚沼郡

    平成の大合併の結果、かつての古志郡、三島郡の大部分を占める他、蒲原郡、魚沼郡、刈羽郡にも跨る広大な市域を持つ都市となった。長岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 武川米

    武川米から見た魚沼郡魚沼郡

    山梨県内を中心に新潟県魚沼産の「コシヒカリ」と同等のブランド米として認知され、高い人気を誇っている米である。武川米 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示