82件中 11 - 20件表示
  • 栗林政頼

    栗林政頼から見た魚沼郡魚沼郡

    天正9年(1581年)、荒砥城に置かれ、肥前守の名を与えられる。以後は主に外務を担当するなど、景勝の重臣として仕えた。天正12年(1584年)には魚沼郡の郡司に任命されており、慶長3年(1598年)の会津移封にも従った。栗林政頼 フレッシュアイペディアより)

  • 新編会津風土記

    新編会津風土記から見た魚沼郡魚沼郡

    巻之一(提要之一)から巻之百二十(外篇下野国塩屋郡)までの120巻から構成されている。冒頭には、会津松平家7代藩主松平容衆の自序があり、藩内古文書、領内(陸奥国会津郡、耶麻郡、大沼郡、河沼郡、安積郡福良組、越後国蒲原郡、魚沼郡、下野国塩谷郡川島組)の界域、山川、原野、土産、関梁、水利、郡署、倉廩、神社、寺院、墳墓、古蹟、釈門、人物、旧家、褒善の16部門にわたり記述されている。新編会津風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼

    魚沼から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡 - 越後国(古くは越中国)に存在した郡魚沼 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲原郡

    蒲原郡から見た魚沼郡魚沼郡

    当初は越中国に属していたが、大宝2年(702年)に頸城郡・魚沼郡・古志郡とともに越後国に管轄を移された。古代から中世にかけてのある時期に北部の沼垂郡(北蒲原郡にほぼ相当する地域)を編入したが、その時期は明らかでない。蒲原郡 フレッシュアイペディアより)

  • 世直し一揆

    世直し一揆から見た魚沼郡魚沼郡

    5月に入ると、佐幕派の桑名藩の飛領がある越後国魚沼郡で一揆が発生した。同郡に入った新政府軍が戦乱を理由とした年貢の半減に応じた結果、間もなく鎮圧された。また、8月には村松藩でも村役人の追放を訴える一揆が起きて藩と新政府軍に鎮圧されている。この地域の一揆の主な舞台は北越戦争及び会津戦争の主戦場でもあった長岡藩と会津藩であった。世直し一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢文雄

    平沢文雄から見た魚沼郡魚沼郡

    平沢 文雄(ひらさわ ふみお、1934年12月12日 - )は、日本のスキー指導者。第一期全日本スキー連盟デモンストレーター。新潟県魚沼郡出身。平沢文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 一志太夫

    一志太夫から見た魚沼郡魚沼郡

    元は伊勢神宮の神官で、伊勢国一志郡の人であったという。弘治3年(1557年)越後国魚沼郡堀之内に伊勢から皇大神宮を勧請して皇大神宮を草創し(現新潟県魚沼市の皇大神宮)、御師として越後に移ったという。もっとも同神宮は、一説に南北朝期頃には既に創設されていたとも言われる。一志太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中魚沼郡

    中魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(79村)中魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

  • 越後府

    越後府から見た魚沼郡魚沼郡

    新政府軍の掌握地域の拡大に伴い、6月1日に知事代行の四条は新たに支配下に入った柏崎に出張し、直ちに南部権判事らを柏崎に置いて刈羽郡・魚沼郡の旧幕府領や桑名藩・会津藩領の人心掌握に当たらせた。南部権判事らの柏崎移転をもって、越後府(第1次)が柏崎に移転したと理解することもある。越後府 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山嵯峨一郎

    丸山嵯峨一郎から見た魚沼郡魚沼郡

    越後国魚沼郡馬場村(現在の新潟県十日町市)出身。1887年(明治20年)に第一高等中学校に入学し、1891年(明治24年)に卒業。同年、東京帝国大学法科大学に入学し、1894年(明治27年)に卒業した。卒業後は弁護士事務所を新潟市に開いた。丸山嵯峨一郎 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード