71件中 11 - 20件表示
  • 坂戸藩

    坂戸藩から見た魚沼郡魚沼郡

    坂戸藩(さかとはん)は、越後国魚沼郡(現在の新潟県南魚沼郡六日町)に存在した藩。居城は坂戸城。坂戸藩 フレッシュアイペディアより)

  • へぎそば

    へぎそばから見た魚沼郡魚沼郡

    へぎそばとは、新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた蕎麦のこと。へぎそば フレッシュアイペディアより)

  • 小千谷縮

    小千谷縮から見た魚沼郡魚沼郡

    17世紀、堀次郎将俊(明石次郎)が、絹織物であった明石縮の技法を応用し、越後麻布の改良に成功した。その改良は魚沼地方全体に広がっていった。当時は、越後縮と呼ばれていた。小千谷縮 フレッシュアイペディアより)

  • ほんやら洞のべんさん

    ほんやら洞のべんさんから見た魚沼郡魚沼郡

    主人公は越後魚沼郡のはずれにある「べんぞうや」という半年も客が来ない貧しい宿屋に泊まり、主人であるべんぞうとお互いの身の上話を囲炉裏を囲み話し込む。一介の旅人である主人公は信濃川のハヤ捕りや宿の雰囲気に旅の気分に浸るが、べんさんは半年振りの客に張り切ったり落ち込んだりを繰り返しあくまで生活者の視点で行動する。鳥追い祭の夜、他家の錦鯉泥棒を決意し、主人公もついてゆく。ほんやら洞のべんさん フレッシュアイペディアより)

  • 越後府

    越後府から見た魚沼郡魚沼郡

    新政府軍の掌握地域の拡大に伴い、6月1日に知事代行の四条は新たに支配下に入った柏崎に出張し、直ちに南部権判事らを柏崎に置いて刈羽郡・魚沼郡の旧幕府領や桑名藩・会津藩領の人心掌握に当たらせた。南部権判事らの柏崎移転をもって、越後府(第1次)が柏崎に移転したと理解することもある。越後府 フレッシュアイペディアより)

  • 山内氏勝

    山内氏勝から見た魚沼郡魚沼郡

    兵部大輔舜通の嫡男。山内氏は代々会津黒川城主・蘆名氏に臣従していた。天正17年(1589年)の摺上原の戦いで蘆名氏は伊達政宗に滅ぼされる。しかし、氏勝は、居城の中丸城、その落城後は水久保城に拠り、政宗に抵抗を続けた。その間、豊臣秀吉の意を受けた石田三成や上杉景勝の助勢もあり、ついには翌年の奥州仕置までに水久保城を持ちこたえることができた。しかし、奥州仕置によって所領は没収され、その後は越後国魚沼郡に蟄居したという。政宗との交戦中、石田三成から本領を安堵するので秀吉が会津に攻め入るまで政宗との戦いを継続せよという旨の書状が氏勝へ送られたが、結局は反故にされた。山内氏勝 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井吉晴

    桜井吉晴から見た魚沼郡魚沼郡

    桜井 吉晴(さくらい よしはる、? - 慶長10年(1605年))は、戦国時代から江戸時代初期の武将。越後国魚沼郡広瀬の地侍で、越後上杉家臣。通称・三介、三助。名を晴吉とするものもあるが誤記か。桜井吉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 高井野藩

    高井野藩から見た魚沼郡魚沼郡

    しかし元和5年(1619年)、広島城の無断修築を武家諸法度違反として改易され、改めて信濃国高井郡2万石、越後国魚沼郡2万5000石の捨て扶持計4万5000石を与えられることとなった。このとき正則は嫡男の福島忠勝に家督を譲っているが、その忠勝が翌年に死去したことから、正則は魚沼2万5000石を幕府に返上している。なお、高井郡は川中島四郡の一つであったため、正則の改易後の配流地を信濃川中島とする史料が多い。高井野藩 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林政頼

    栗林政頼から見た魚沼郡魚沼郡

    天正9年(1581年)、荒砥城に置かれ、肥前守の名を与えられる。以後は主に外務を担当するなど、景勝の重臣として仕えた。天正12年(1584年)には魚沼郡の郡司に任命されており、慶長3年(1598年)の会津移封にも従った。栗林政頼 フレッシュアイペディアより)

  • 福島忠勝

    福島忠勝から見た魚沼郡魚沼郡

    しかし翌年、父に先立って死去した。この時、正則は悲しみのあまり、越後国魚沼郡2万5,000石を幕府に返上している。墓所は、須坂市小河原の大乗寺。墓石には、正勝と記されている。ほかに京都市妙心寺塔頭・海福院(福島正則創建)にも墓がある。戒名は、性光院殿前忠勝太子華香清徹大禅定門神儀。福島忠勝 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード