82件中 21 - 30件表示
  • 魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会

    魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会(うおぬまちいきおふせっと・くれじっとかつようすいしんきょうぎかい)は、新潟県魚沼地域のカーボンオフセット・プロジェクトを支援している組織である。魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 上野家成

    上野家成から見た魚沼郡魚沼郡

    上野 家成(うえの いえなり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。上杉氏の家臣。越後国の国人。魚沼郡妻有郷の節黒城主。上野家成 フレッシュアイペディアより)

  • 北越雪譜

    北越雪譜から見た魚沼郡魚沼郡

    『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)は、江戸後期における越後魚沼の雪国の生活を活写した書籍。初編3巻、二編4巻の計2編7巻。雪の結晶のスケッチ(雪華図説からの引用)から雪国の風俗・暮らし・方言・産業・奇譚まで雪国の諸相が、豊富な挿絵も交えて多角的かつ詳細に記されており、雪国百科事典ともいうべき資料的価値を持つ。著者は、現在の新潟県南魚沼市塩沢で縮仲買商・質屋を営んだ鈴木牧之。1837年(天保8年)に江戸で出版されると当時のベストセラーとなった。北越雪譜 フレッシュアイペディアより)

  • 福島忠勝

    福島忠勝から見た魚沼郡魚沼郡

    翌元和6年(1620年)、父に先立って死去。この時、正則は悲しみのあまり、越後国魚沼郡2万5000石を幕府に返上している。墓所は須坂市小河原の大乗寺。墓石には正勝と記されている。ほかに京都市妙心寺塔頭・海福院(正則創建)にも墓がある。福島忠勝 フレッシュアイペディアより)

  • 河野通忠

    河野通忠から見た魚沼郡魚沼郡

    また、通忠の子である通貞は越後国魚沼郡上田荘小栗山郷を領していたことが知られており(『予章記』には元亨年間に通忠が恩賞として得たと伝える)、後世の越後河野氏がその子孫であったとみられる。河野通忠 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井吉晴

    桜井吉晴から見た魚沼郡魚沼郡

    桜井 吉晴(さくらい よしはる、? - 慶長10年(1605年))は、戦国時代から江戸時代初期の武将。越後国魚沼郡広瀬の地侍で、越後上杉家臣。通称・三介、三助。名を晴吉とするものもあるが誤記か。桜井吉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 伊米神社八幡宮

    伊米神社八幡宮から見た魚沼郡魚沼郡

    伊米神社八幡宮(いめじんじゃはちまんぐう)は、新潟県小千谷市桜町にある神社。『延喜式神名帳』に魚沼郡五座の一つとして記されている「伊米神社」の論社の一つ。伊米神社八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼神社

    魚沼神社から見た魚沼郡魚沼郡

    創建は崇神天皇の時代と伝えられている。魚沼神社という名は平安時代からあり、『延喜神名式』にも魚沼郡の神社5社が記され、その中に「魚沼神社」もあるが、当神社と一致するか否かについては江戸時代以来諸説がある。戦国時代には、彌彦神社(弥彦村)と祭神が同じことから「上弥彦神社」と呼ばれ、上杉謙信の時代の史料にも「上弥彦大明神」とあり、拝殿にも「彌彦大明神」の額が掲げられている。越後国一宮である弥彦村の彌彦神社に対し、当神社を「二の宮」と呼び、この地域の人々の信仰の中心となった。「魚沼神社」と称したのは幕末頃で、式内社であるという確証はない。現在の土川に移る前は上ノ山にあった。魚沼神社 フレッシュアイペディアより)

  • カラムシ

    カラムシから見た魚沼郡魚沼郡

    中世の越後国は日本一のカラムシの産地だったため、戦国大名として有名な上杉謙信は衣類の原料として青苧座を通じて京都などに積極的に売り出し、莫大な利益を上げた。新潟県の魚沼地方で江戸時代から織られていた伝統的な織物、越後縮はこれで織られていた。また上杉氏の転封先であった出羽国米沢藩では藩の収入源のひとつであった。このため、カラムシの専売化をめぐり、宝暦10年(1760年)の『青苧騒動』や文化4年(1807年)の『青苧一件』が起こる。なお、置賜地方産のカラムシを「米沢苧」という。カラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 大橋佐平

    大橋佐平から見た魚沼郡魚沼郡

    万延元年(1860年) - 魚沼郡関の上村新左衛門の長女松子と結婚大橋佐平 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード