71件中 21 - 30件表示
  • 上野家成

    上野家成から見た魚沼郡魚沼郡

    上野 家成(うえの いえなり、生没年不詳)は、戦国時代の武士。上杉家家臣。清和源氏新田氏里見流の後裔。越後国魚沼郡妻有郷の節黒城を本拠とした国人。源六。中務大輔。上野家成 フレッシュアイペディアより)

  • 一志太夫

    一志太夫から見た魚沼郡魚沼郡

    元は伊勢神宮の神官で、伊勢国一志郡の人であったという。弘治3年(1557年)越後国魚沼郡堀之内に伊勢から皇大神宮を勧請して皇大神宮を草創し(現新潟県魚沼市の皇大神宮)、御師として越後に移ったという。もっとも同神宮は、一説に南北朝期頃には既に創設されていたとも言われる。一志太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 川口田麦山

    川口田麦山から見た魚沼郡魚沼郡

    当地は和名抄の魚沼郡剌上郷にあたるが、正確な位置は比定されていない。、中世に入ると、下川郷十九半名のひとつとして田麦山の名が現れる。この地域には1495年(明応5年)に小田原から退いて当地内南部の山ノ相川に拠った大淵氏の支配下であった。大淵氏は1561年(永禄4年)の上杉謙信の小田原攻めに際しては新田一族の田中氏に付き従って出陣した。1542年(天文11年)に起きた天文の乱において、田中氏当主である田中太郎左衛門長義が越後国守護上杉定実の側につき、長尾為景と対立したが、為景没後、田中氏の自立承認と引き換えに守護代長尾晴景に帰服した。川口田麦山 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木牧之

    鈴木牧之から見た魚沼郡魚沼郡

    明和7年(1770年)越後国魚沼郡の塩沢で生まれる。鈴木屋の家業は地元名産の縮の仲買と、質屋の経営であった。地元では有数の豪商であり、三国街道を往来する各地の文人も立ち寄り、父・牧水もそれらと交流した。牧之もその影響を受け、幼少から俳諧や書画をたしなむ。鈴木牧之 フレッシュアイペディアより)

  • 新編会津風土記

    新編会津風土記から見た魚沼郡魚沼郡

    巻之一(提要之一)から巻之百二十(外篇下野国塩屋郡)までの120巻から構成されている。冒頭には、会津松平家7代藩主松平容衆の自序があり、藩内古文書、領内(陸奥国会津郡、耶麻郡、大沼郡、河沼郡、安積郡福良組、越後国蒲原郡、魚沼郡、下野国塩谷郡川島組)の界域、山川、原野、土産、関梁、水利、郡署、倉廩、神社、寺院、墳墓、古蹟、釈門、人物、旧家、褒善の16部門にわたり記述されている。新編会津風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸

    坂戸から見た魚沼郡魚沼郡

    坂戸藩 - 越後国魚沼郡(現在の南魚沼市)に存在した藩。坂戸 フレッシュアイペディアより)

  • 金城山

    金城山から見た魚沼郡魚沼郡

    にある山で、標高は1,369mで高低差は1,100m以上ある。県立自然公園「魚沼連峰」に隣接し、紅葉の名所で山頂からは魚沼盆地の360度パノラマ眺望が素晴らしく越後百名山でもある。山名は「雲洞庵」の山号で麓から見ると金の字に似ていることから名付けられたと言う。金城山 フレッシュアイペディアより)

  • 下平吉長

    下平吉長から見た魚沼郡魚沼郡

    下平 吉長(しただいら よしなが、生年不詳 - 永禄7年7月5日(1564年8月11日)?)は、戦国時代の武将。上杉氏の家臣。越後国魚沼郡妻有郷の千手城城主。名は秀広とも。下平吉長 フレッシュアイペディアより)

  • 預地

    預地から見た魚沼郡魚沼郡

    会津藩預所 - 陸奥国(岩代国)河沼郡67村、大沼郡104村、耶麻郡68村、越後国魚沼郡81村預地 フレッシュアイペディアより)

  • 中越地方

    中越地方から見た魚沼郡魚沼郡

    コシヒカリの産地として有名である。南部は古来より越後国魚沼郡に属しており、今日でも魚沼地方(うおぬまちほう)と呼ばれている。「米どころ・新潟」と呼ばれるほどに米の大産地である新潟県であるが、そのうち信濃川、魚野川流域など中越地方、特に魚沼コシヒカリは、当地の水や気候がコシヒカリの栽培に最も適していると言われ、高級米であり味もよいということで全国的に有名である。中越地方 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード