82件中 31 - 40件表示
  • 南魚沼郡

    南魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(178村)南魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

  • 火車 (妖怪)

    火車 (妖怪)から見た魚沼郡魚沼郡

    天正時代。越後国魚沼郡での葬儀で、突風とともに火の玉が飛来して棺にかぶさった。火の中には二又の尾を持つ巨大猫がおり、棺を奪おうとした。この妖怪は雲洞庵の和尚・北高の呪文と如意の一撃で撃退され、北高の袈裟は「火車落(かしゃおとし)の袈裟」として後に伝えられた。火車 (妖怪) フレッシュアイペディアより)

  • 下平吉長

    下平吉長から見た魚沼郡魚沼郡

    下平 吉長(しもだいら よしなが、生没年不詳)は、戦国時代の武将。上杉氏の家臣。越後国魚沼郡妻有郷の千手城城主。名は秀広とも。通称は修理亮。今井源右衛門国広は吉長の子とも。下平吉長 フレッシュアイペディアより)

  • 越中国

    越中国から見た魚沼郡魚沼郡

    律令施行時の大宝2年(702年)3月17日に、越中国の4郡(頸城郡・古志郡・魚沼郡・蒲原郡)を分ち越後国に属するという記録がある。これが文献上の越中国の初見である。越中国は礪波郡・射水郡・婦負郡・新川郡の4郡で構成される令制国となり、現在の富山県と領域をほぼ同じくする。越中国 フレッシュアイペディアより)

  • 村上義清

    村上義清から見た魚沼郡魚沼郡

    元亀4年(1573年)1月1日、越後根知城にて病死。享年73。仇敵・信玄の死の5ヶ月前であった。日滝寺に葬られたというが、その墓所については根小屋地内の安福寺とも言われ、魚沼郡赤沢の説もある。坂城町田町の出浦家墓所中には後年(天正4年、慶長4年、没後百年など数説あり)分骨されたという墓所が残る。村上義清 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県第3区 (中選挙区)

    新潟県第3区 (中選挙区)から見た魚沼郡魚沼郡

    この新潟3区は同選挙区から唯一内閣総理大臣になった自由民主党の田中角栄の選挙区であることで知られていたが、それでも田中の影響力は最初のうちは大きいとは言えなかった。むしろ地主や商家出身だった亘四郎らの方が強く、田中は彼らの後塵を拝していた。田中の勢力が伸びるようになったのは選挙区の中でも辺境とされた魚沼地区への浸透に加え、長岡鉄道の社長となって沿線に当たる三島郡で支持を拡大してからで、1952年の第25回衆議院議員総選挙でトップ当選を飾って以来は田中が、亘や大野市郎・更には1960年の第29回総選挙で初当選した村山達雄を凌駕する勢いとなる。新潟県第3区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟州構想

    新潟州構想から見た魚沼郡魚沼郡

    佐渡市と魚沼(施行時特例市)の基礎自治体の在り方については検討する。新潟州構想 フレッシュアイペディアより)

  • 頸城郡

    頸城郡から見た魚沼郡魚沼郡

    当初は越中国であったが、大宝2年(702年)3月、古志郡・魚沼郡・蒲原郡とともに越後国に譲られた。頸城郡 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の日本の人口統計

    江戸時代の日本の人口統計から見た魚沼郡魚沼郡

    以下に若松藩の身分別人口の変遷をまとめる。若松藩は奥越両地域(陸奥国会津郡、耶麻郡、大沼郡、河沼郡、安積郡、越後国蒲原郡など)に領地を有するほか、越後、陸奥(南山御蔵蔵入地)に預地を有していた。この内越後御預地については、享保9年(1724年)以降越後国魚沼郡、蒲原郡の内7万石を預かっていたが、文化8年(1811年)に幕府直領となり、その後小千谷を中心とする1万石を再び越後国御預地として受領することとなる。一方南山御蔵入地は陸奥国大沼郡、会津郡、岩瀬郡及び下野国塩谷郡に広がっていた。なお文化2年(1805年)の諸士・諸奉公人・諸士家来人口は『会津家世実記』記載の概数である。江戸時代の日本の人口統計 フレッシュアイペディアより)

  • 仁多米

    仁多米から見た魚沼郡魚沼郡

    仁多米(にたまい)とは、島根県仁多郡奥出雲町で収穫されるイネの品種コシヒカリの産地ブランドで、環境条件が魚沼地域以上で、日本穀物検定協会の米食味ランキングでは、西日本で唯一「特A」を獲得した高評価の良質米で「東の魚沼コシヒカリ、西の仁多米」と言われている。仁多米 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード