71件中 31 - 40件表示
  • 平沢文雄

    平沢文雄から見た魚沼郡魚沼郡

    平沢 文雄(ひらさわ ふみお、1934年12月12日 - )は、日本のスキー指導者。第一期全日本スキー連盟デモンストレーター。新潟県魚沼郡出身。平沢文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 世直し一揆

    世直し一揆から見た魚沼郡魚沼郡

    5月に入ると、佐幕派の桑名藩の飛領がある越後国魚沼郡で一揆が発生した。同郡に入った新政府軍が戦乱を理由とした年貢の半減に応じた結果、間もなく鎮圧された。また、8月には村松藩でも村役人の追放を訴える一揆が起きて藩と新政府軍に鎮圧されている。この地域の一揆の主な舞台は北越戦争及び会津戦争の主戦場でもあった長岡藩と会津藩であった。世直し一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 十万石まんじゅう

    十万石まんじゅうから見た魚沼郡魚沼郡

    埼玉県の菓子であるが、日本の各地の具材を使用しており、北海道十勝産の小豆を使ったこしあんを、奈良県葛城山産のつくね芋や新潟県魚沼産のコシヒカリの粉を使った皮を使用している。砂糖はザラメ糖を使用している。十万石まんじゅう フレッシュアイペディアより)

  • 牧野忠寿

    牧野忠寿から見た魚沼郡魚沼郡

    元禄8年(1695年)、近江膳所藩主・本多康慶の六男として生まれる。宝永7年(1710年)6月、長岡藩主・牧野忠辰の養嗣子となり、12月に従五位下、阿波守に叙任する。享保6年(1721年)8月25日、忠辰の隠居により家督を継いだ。11月に駿河守に転任する。享保8年(1723年)9月、内桜田門番となり、9月に奏者番となった。また、翌年には幕府領の魚沼郡や古志郡などの越後国の五郡、6万4千石余りを預かる。ちなみに越後質地騒動鎮圧のために幕府は越後国内諸藩に対して越後国内の幕府領36万8千石をそれぞれ預けており、越後長岡藩も同様な理由で預かることとなった。牧野忠寿 フレッシュアイペディアより)

  • 火車 (妖怪)

    火車 (妖怪)から見た魚沼郡魚沼郡

    天正時代。越後国魚沼郡での葬儀で、突風とともに火の玉が飛来して棺にかぶさった。火の中には二又の尾を持つ巨大猫がおり、棺を奪おうとした。この妖怪は雲洞庵の和尚・北高の呪文と如意の一撃で撃退され、北高の袈裟は「火車落(かしゃおとし)の袈裟」として後に伝えられた。火車 (妖怪) フレッシュアイペディアより)

  • 頸城郡

    頸城郡から見た魚沼郡魚沼郡

    当初は越中国であったが、大宝2年(702年)3月、古志郡・魚沼郡・蒲原郡とともに越後国に譲られた。頸城郡 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲原郡

    蒲原郡から見た魚沼郡魚沼郡

    当初は越中国に属していたが、大宝2年(702年)に頸城郡・魚沼郡・古志郡とともに越後国に管轄を移された。古代から中世にかけてのある時期に北部の沼垂郡(北蒲原郡にほぼ相当する地域)を編入したが、その時期は明らかでない。蒲原郡 フレッシュアイペディアより)

  • 苗場山

    苗場山から見た魚沼郡魚沼郡

    江戸後期の越後国魚沼郡塩沢の商人で、『北越雪譜』『秋山紀行』等を著した文人でもある鈴木牧之は、1811年(文化8年)、苗場山に登頂した。その際の登頂記が自著『北越雪譜』に収められている。ルートは三俣から神楽ヶ峰を経て山頂に至るものであった。苗場山 フレッシュアイペディアより)

  • 北越雪譜

    北越雪譜から見た魚沼郡魚沼郡

    北越雪譜(ほくえつせっぷ)は、江戸後期における越後魚沼の雪国の生活を活写した書籍。初編3巻、二編4巻の計2編7巻。雪の結晶のスケッチから雪国の風俗・暮らし・方言・産業・奇譚まで雪国の諸相が、豊富な挿絵も交えて多角的かつ詳細に記されており、雪国百科事典ともいうべき資料的価値を持つ。著者は、魚沼郡塩沢で縮仲買商・質屋を営んだ鈴木牧之。1837年(天保8)に江戸で出版されると当時のベストセラーとなった。北越雪譜 フレッシュアイペディアより)

  • 清龍寺

    清龍寺から見た魚沼郡魚沼郡

    万緑や魚沼なれば山なれば(太田白南風)清龍寺 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示