71件中 41 - 50件表示
  • 八海醸造

    八海醸造から見た魚沼郡魚沼郡

    八海醸造(はっかいじょうぞう、英文名称:HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. )は、新潟県南魚沼市長森に本社を置く企業。創業は1922年(大正11年)で、新潟の地酒を代表する銘柄『八海山』の酒蔵である。仕込水『雷電様の清水』など酒造りに最適の雪国魚沼の環境条件と「寒梅と八海山は兄弟蔵」と言われた酒造りの技で、淡麗辛口の酒質評価が高い食中酒。製造方針は、「大吟醸酒製造技術の全酒類製造への応用」。新潟県内では、朝日酒造(売上高81億)・菊水酒造(売上51億)に次ぐ業界3位である。清酒以外では、発酵食品企業として『米・麹・発酵』をコンセプトにしている。八海醸造 フレッシュアイペディアより)

  • 方角地名

    方角地名から見た魚沼郡魚沼郡

    新潟県南魚沼市(魚沼郡南部にあたる南魚沼郡から)方角地名 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼神社

    魚沼神社から見た魚沼郡魚沼郡

    創建は崇神天皇の時代と伝えられている。魚沼神社という名は平安時代からあり、『延喜神名式』にも魚沼郡の神社5社が記され、その中に「魚沼神社」もあるが、当神社と一致するか否かについては江戸時代以来諸説がある。戦国時代には、彌彦神社(弥彦村)と祭神が同じことから「上弥彦神社」と呼ばれ、上杉謙信の時代の史料にも「上弥彦大明神」とあり、拝殿にも「彌彦大明神」の額が掲げられている。越後国一宮である弥彦村の彌彦神社に対し、当神社を「二の宮」と呼び、この地域の人々の信仰の中心となった。「魚沼神社」と称したのは幕末頃で、式内社であるという確証はない。現在の土川に移る前は上ノ山にあった。魚沼神社 フレッシュアイペディアより)

  • 伊米神社八幡宮

    伊米神社八幡宮から見た魚沼郡魚沼郡

    伊米神社八幡宮(いめじんじゃはちまんぐう)は、新潟県小千谷市桜町にある神社。『延喜式神名帳』に魚沼郡五座の一つとして記されている「伊米神社」の論社の一つ。伊米神社八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東山方言

    東海東山方言から見た魚沼郡魚沼郡

    南越方言(魚沼地方)--関東方言的。長野の奥信濃方言も南越方言に近い。東海東山方言 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言

    日本語の方言から見た魚沼郡魚沼郡

    中越南部方言(魚沼地方日本語の方言 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟州構想

    新潟州構想から見た魚沼郡魚沼郡

    佐渡市と魚沼(特例市)の基礎自治体の在り方。新潟州構想 フレッシュアイペディアより)

  • カラムシ

    カラムシから見た魚沼郡魚沼郡

    中世の越後国は日本一のカラムシの産地だったため、戦国大名として有名な上杉謙信は衣類の原料として青苧座を通じて京都などに積極的に売り出し、莫大な利益を上げた。新潟県の魚沼地方で江戸時代から織られていた伝統的な織物、越後縮はこれで織られていた。また上杉氏の転封先であった出羽国米沢藩では藩の収入源のひとつであった。このため、カラムシの専売化をめぐり、宝暦10年(1760年)の『青苧騒動』や文化4年(1807年)の『青苧一件』が起こる。なお、置賜地方産のカラムシを「米沢苧」という。カラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 西日本方言

    西日本方言から見た魚沼郡魚沼郡

    ア行五段動詞のウ音便は、新潟県(西越大部分や魚沼地方を除く)、富山県以西の北陸、近畿以西。岐阜・愛知以東は促音便。西日本方言 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言の概観

    日本語の方言の概観から見た魚沼郡魚沼郡

    意志・推量を表す「-べ(ー)」が分布するのは、北海道、東北地方(秋田県由利・山形県庄内を除く)、関東地方、新潟県の東蒲原郡・魚沼地方、長野県佐久地方、山梨県郡内地方、静岡県富士川以東である。「-べ(ー)」は原則として終止形に付くが、地域によっては「起きんべ(ー)」のような撥音化、「起きっぺ(ー)」のような促音化が置き、一段動詞には「起きべ(ー)」のように未然形に付く。日本語の方言の概観 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示