82件中 41 - 50件表示
  • 北魚沼郡

    北魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(1町164村)北魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

  • 高井野藩

    高井野藩から見た魚沼郡魚沼郡

    しかし元和5年(1619年)、広島城の無断修築を武家諸法度違反として改易され、改めて信濃国高井郡2万石、越後国魚沼郡2万5000石の捨て扶持計4万5000石を与えられることとなった。このとき正則は嫡男の福島忠勝に家督を譲っているが、その忠勝が翌年に死去したことから、正則は魚沼2万5000石を幕府に返上している。なお、高井郡は北信地方全体を指す川中島四郡の一部であったため、正則の改易後の配流地を信濃川中島とする史料が多い。高井野藩 フレッシュアイペディアより)

  • 山男

    山男から見た魚沼郡魚沼郡

    「北越雪譜」第二編巻四によれば、天保年間より40〜50年前の頃、越後魚沼郡堀之内から十日町に通じる山道を通りがかった竹助という者が午後4時頃に道の側に腰かけて焼飯を食べていると、谷あいから猿に似たものが現れた。その背丈は普通の人より高くはなく、顔は猿のようには赤くなく、頭の毛が長く背に垂れていた。害をなす様子はなく、焼飯を求めるそぶりをするので竹助が与えると嬉しそうに食べた。この者は竹助の荷を肩に掛けて山道を先に立って歩き、1里半ほど行って池谷村に近くなったところで荷を下ろして素早く山へ駆け登った。その当時は山で仕事をする者が折々この「異獣」を見たという。柳田國男は「北越雪譜」のこの記事を、山人が米の飯に心を引かれた例であるとしている。山男 フレッシュアイペディアより)

  • ほんやら洞のべんさん

    ほんやら洞のべんさんから見た魚沼郡魚沼郡

    主人公は越後魚沼郡のはずれにある「べんぞうや」という半年も客が来ない貧しい宿屋に泊まり、主人であるべんぞうとお互いの身の上話を囲炉裏を囲み話し込む。一介の旅人である主人公は信濃川のハヤ捕りや宿の雰囲気に旅の気分に浸るが、べんさんは半年振りの客に張り切ったり落ち込んだりを繰り返しあくまで生活者の視点で行動する。鳥追い祭の夜、他家の錦鯉泥棒を決意し、主人公もついてゆく。ほんやら洞のべんさん フレッシュアイペディアより)

  • 苗場山

    苗場山から見た魚沼郡魚沼郡

    江戸後期の越後国魚沼郡塩沢の商人で、『北越雪譜』『秋山紀行』等を著した文人でもある鈴木牧之は、1811年(文化8年)、苗場山に登頂した。その際の登頂記が自著『北越雪譜』に収められている。ルートは三俣から神楽ヶ峰を経て山頂に至るものであった。苗場山 フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸

    坂戸から見た魚沼郡魚沼郡

    坂戸藩 - 越後国魚沼郡(現在の南魚沼市)に存在した藩。坂戸 フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸藩

    坂戸藩から見た魚沼郡魚沼郡

    坂戸藩(さかとはん)は、越後国魚沼郡(現在の新潟県南魚沼市)に存在した藩。居城は坂戸城。坂戸藩 フレッシュアイペディアより)

  • 廃藩置県

    廃藩置県から見た魚沼郡魚沼郡

    柏崎県 - 越後国のうち頸城郡・古志郡・魚沼郡・苅羽郡(刈羽郡)・三島郡廃藩置県 フレッシュアイペディアより)

  • 清龍寺

    清龍寺から見た魚沼郡魚沼郡

    万緑や魚沼なれば山なれば(太田白南風)清龍寺 フレッシュアイペディアより)

  • 御館の乱

    御館の乱から見た魚沼郡魚沼郡

    今井国広:謙信旗本。下平氏一族。魚沼郡千手城主。御館の乱 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード