71件中 51 - 60件表示
  • 堀直寄

    堀直寄から見た魚沼郡魚沼郡

    慶長3年(1598年)、堀家が越前北ノ庄城から越後春日山城へ転封となる。直寄は秀吉に直訴し、「父監物(直政)事、老齢にして此の度、北国へ罷越し、自然彼の国にて一揆など起らば、落着くことも成り難く、是れのみ心元なく、何卒三年の御暇を賜りたし、」と申し、秀吉も感心し、「丹後(直寄)の申し様奇特なり、早々に久太郎(秀治)のあとより下るべし、」といい、増田長盛を召し、「丹後守は器量あるものなり、父兄と共に国政を聞くべし」といって越後魚沼郡坂戸城に2万石を与えた(坂戸藩)。堀直寄 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼

    魚沼から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡 - 越後国(古くは越中国)に存在した郡魚沼 フレッシュアイペディアより)

  • 福島正則

    福島正則から見た魚沼郡魚沼郡

    家康死後まもなくの元和5年(1619年)、台風による水害で破壊された広島城の本丸・二の丸・三の丸及び石垣等を幕府に無断で修理したことが武家諸法度違反に問われる。正則はその2ヶ月前から届けを出していたが、先年にも一国一城令発布後にもかかわらず新規に築城を行ったとして、毛利家から報告を受けた幕府より該当城の破却を命じられた後のことでもあり、幕府からは正式な許可が出ていなかった。福島側の言い分では、雨漏りする部分を止むを得ず修繕しただけという。江戸参勤中の正則が謝罪し、修繕した部分を破却するという条件で一旦は沙汰止みになったものの、求められた「本丸以外の修築分を破却」という条件に対し、正則は本丸の修築分のみ破却をおこない、二の丸・三の丸の修築分は据え置いた。これにより「破却が不十分である」と咎められる。また、人質として江戸に送るはずだった忠勝を遅らせたこと、それに対して「万事親次第」と弁明を拒否するなどしたため、怒った将軍・徳川秀忠の命により、安芸・備後50万石を没収、信濃国川中島四郡中の高井郡と越後国魚沼郡の4万5,000石(高井野藩)に減封・転封される。移封後、正則は嫡男・忠勝に家督を譲り、隠居した。出家して高斎と号した。福島正則 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の日本の人口統計

    江戸時代の日本の人口統計から見た魚沼郡魚沼郡

    以下に若松藩の身分別人口の変遷をまとめる。若松藩は奥越両地域(陸奥国会津郡、耶麻郡、大沼郡、河沼郡、安積郡、越後国蒲原郡など)に領地を有するほか、越後、陸奥(南山御蔵蔵入地)に預地を有していた。この内越後御預地については、享保9年(1724年)以降越後国魚沼郡、蒲原郡の内7万石を預かっていたが、文化8年(1811年)に幕府直領となり、その後小千谷を中心とする1万石を再び越後国御預地として受領することとなる。一方南山御蔵入地は陸奥国大沼郡、会津郡、岩瀬郡及び下野国塩谷郡に広がっており、元文元年(1864年)には正式に領地として編入する。なお文化2年(1805年)の諸士・諸奉公人・諸士家来人口は『会津家世実記』記載の概数である。江戸時代の日本の人口統計 フレッシュアイペディアより)

  • 廃藩置県

    廃藩置県から見た魚沼郡魚沼郡

    柏崎県 - 越後国のうち頸城郡・古志郡・魚沼郡・苅羽郡(刈羽郡)・三島郡廃藩置県 フレッシュアイペディアより)

  • 北魚沼郡

    北魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(1町164村)北魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

  • 天領

    天領から見た魚沼郡魚沼郡

    出雲崎代官所 - 頸城郡135村、魚沼郡106村、三島郡36村天領 フレッシュアイペディアより)

  • 南魚沼郡

    南魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(178村)南魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

  • 会津藩

    会津藩から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡のうち157村(ほか幕府領79村を預かる。柏崎県に編入)会津藩 フレッシュアイペディアより)

  • 中魚沼郡

    中魚沼郡から見た魚沼郡魚沼郡

    「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、魚沼郡のうち後の本郡域の支配は以下の通り。●は寺社領、○は寺社除地が存在。(79村)中魚沼郡 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード