82件中 51 - 60件表示
  • 堀直寄

    堀直寄から見た魚沼郡魚沼郡

    慶長3年(1598年)、堀家が越前北ノ庄城から越後春日山城へ転封となる。直寄は「老齢の父を助けるため3年の暇を賜りたい」と秀吉に直訴、これに感心した秀吉は「丹後守(直寄)は器量あるものなり、父兄と共に国政を聞くべし」と了承し、越後魚沼郡坂戸城2万石を与えられた(坂戸藩)。堀直寄 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野忠寿

    牧野忠寿から見た魚沼郡魚沼郡

    元禄8年(1695年)、近江膳所藩主・本多康慶の六男として生まれる。宝永7年(1710年)6月、越後長岡藩主・牧野忠辰の養嗣子となり、12月に従五位下、阿波守に叙任する。享保6年(1721年)8月25日、忠辰の隠居により家督を継いだ。11月に駿河守に転任する。享保8年(1723年)9月、内桜田門番となり、9月に奏者番となった。また、翌年には幕府領の魚沼郡や古志郡などの越後国の五郡、6万4,000石余りを預かる。ちなみに越後質地騒動鎮圧のために幕府は越後国内諸藩に対して越後国内の幕府領36万8,000石をそれぞれ預けており、越後長岡藩も同様な理由で預かることとなった。牧野忠寿 フレッシュアイペディアより)

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見た魚沼郡魚沼郡

    米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。新潟県魚沼地域がコシヒカリBLの一大産地として広く知られており、全国に出荷される。魚沼産は1989年産から2016年産にかけて日本穀物検定協会による食味ランキングで、最上位である「特A」の格付けが維持されていた。近年では海外での日本食ブームもあり、アメリカ カリフォルニアでもコシヒカリの栽培が行われている。コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 中越地方

    中越地方から見た魚沼郡魚沼郡

    コシヒカリの産地として有名である。南部は古来より越後国魚沼郡に属しており、今日でも魚沼地方(うおぬまちほう)と呼ばれている。「米どころ・新潟」と呼ばれるほどに米の大産地である新潟県であるが、そのうち信濃川、魚野川流域など中越地方、特に魚沼コシヒカリは、当地の水や気候がコシヒカリの栽培に最も適していると言われ、日本穀物検定協会による米の食味ランキングでも上位にランクインしている。中越地方 フレッシュアイペディアより)

  • 山内氏勝

    山内氏勝から見た魚沼郡魚沼郡

    天正17年(1589年)の摺上原の戦いで蘆名氏は伊達政宗に滅ぼされるが、氏勝は居城・中丸城、その落城後は水久保城に拠り、政宗に抵抗を続けた。その間、豊臣秀吉の意を受けた石田三成や上杉景勝の助勢もあり、ついには翌年の奥州仕置までに水久保城を持ちこたえることができた。しかし戦後の奥州仕置によって旧蘆名領は全て蒲生氏郷に与えられるという裁定がなされたため、結果として所領を失うことになり、その後は越後国魚沼郡に蟄居したという。政宗との交戦中、三成から本領を安堵するので秀吉が会津に攻め入るまで政宗との戦いを継続せよという旨の書状が氏勝へ送られたが、結局は反故にされた。山内氏勝 フレッシュアイペディアより)

  • 川口田麦山

    川口田麦山から見た魚沼郡魚沼郡

    当地は和名抄の魚沼郡剌上郷にあたるが、正確な位置は比定されていない。、中世に入ると、下川郷十九半名のひとつとして田麦山の名が現れる。この地域には1495年(明応5年)に小田原から退いて当地内南部の山ノ相川に拠った大淵氏の支配下であった。大淵氏は1561年(永禄4年)の上杉謙信の小田原攻め(小田原城の戦い (1560年))に際しては新田一族の田中氏に付き従って出陣した。1542年(天文11年)に起きた天文の乱において、田中氏当主である田中太郎左衛門長義が越後国守護上杉定実の側につき、長尾為景と対立したが、為景没後、田中氏の自立承認と引き換えに守護代長尾晴景に帰服した。川口田麦山 フレッシュアイペディアより)

  • ユスリカ

    ユスリカから見た魚沼郡魚沼郡

    ツツガムシ:新潟県魚沼地方では、かつて赤虫と呼んでいた。ユスリカ フレッシュアイペディアより)

  • 東海東山方言

    東海東山方言から見た魚沼郡魚沼郡

    南越方言(魚沼地方)--関東方言的。長野の奥信濃方言も南越方言に近い。東海東山方言 フレッシュアイペディアより)

  • 会津藩

    会津藩から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡のうち157村(ほか幕府領79村を預かる。柏崎県に編入)会津藩 フレッシュアイペディアより)

  • 美咲あかり (演歌歌手)

    美咲あかり (演歌歌手)から見た魚沼郡魚沼郡

    第5回、第6回の新潟県クラウン杯歌謡グランプリにおいて2年連続の入賞。 2006年10月にデビュー曲『朱里の舞』。2008年7月の『名残り川』『越後路ひとり旅』の発売。2009年7月の『波止場?恋模様』『戦国智将直江兼続』。2011年6月には、『北の港町』『あかり音頭』を発売。2012年5月には『魚沼の女(うおぬまのひと)』を発売。2015年7月25日には『夫婦灯り』『おりん哀しや』を発売美咲あかり (演歌歌手) フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード