82件中 61 - 70件表示
  • 小千谷縮

    小千谷縮から見た魚沼郡魚沼郡

    17世紀、堀次郎将俊(明石次郎)が、絹織物であった明石縮の技法を応用し、越後麻布の改良に成功した。その改良は魚沼地方全体に広がっていった。当時は、越後縮と呼ばれていた。小千谷縮 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た魚沼郡魚沼郡

    大宝年間 - この頃までに越国を分かって越前、越中、越後とする。越国の分立国は『日本書紀』持統天皇6年9月癸丑条に「越前国司献二白蛾一」とあるのを初見としていることから、692年(持統天皇6年)以前に越中国も成立した可能性が高いとされている。また、婦負郡、新川郡、射水郡、礪波郡もこの頃までには成立していたといわれ、703年(大宝2年)以前には頸城郡、古志郡、蒲原郡、魚沼郡も越中の版図に含まれていた。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本方言

    西日本方言から見た魚沼郡魚沼郡

    ア行五段動詞のウ音便は、新潟県(西越大部分や魚沼地方を除く)、富山県以西の北陸、近畿以西。岐阜・愛知以東は促音便。西日本方言 フレッシュアイペディアより)

  • 八海醸造

    八海醸造から見た魚沼郡魚沼郡

    八海醸造(はっかいじょうぞう、英文名称:HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. )は、新潟県南魚沼市長森に本社を置く企業。創業は1922年(大正11年)で、新潟の地酒を代表する銘柄『八海山』の酒蔵である。仕込水『雷電様の清水』など酒造りに最適の雪国魚沼のテロワール(環境条件)と「寒梅と八海山は兄弟蔵」と言われた酒造りの技で、淡麗辛口の酒質評価が高い食中酒。製造方針は、「大吟醸酒製造技術の全酒類製造への応用」。新潟県内では、朝日酒造(売上高 8,589百万)に次ぐ業界2位である。清酒以外では、発酵食品企業として『米・麹・発酵』をコンセプトにしている。八海醸造 フレッシュアイペディアより)

  • 武川米

    武川米から見た魚沼郡魚沼郡

    山梨県内を中心に新潟県魚沼産の「コシヒカリ」と同等のブランド米として認知され、高い人気を誇っている米である。武川米 フレッシュアイペディアより)

  • 預地

    預地から見た魚沼郡魚沼郡

    会津藩預地 - 陸奥国(岩代国)河沼郡67村、大沼郡104村、耶麻郡68村、越後国魚沼郡81村預地 フレッシュアイペディアより)

  • 天領

    天領から見た魚沼郡魚沼郡

    出雲崎代官所 - 頸城郡135村、魚沼郡106村、三島郡36村天領 フレッシュアイペディアより)

  • 桑名藩

    桑名藩から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡のうち - 22村(同上)桑名藩 フレッシュアイペディアより)

  • 方角地名

    方角地名から見た魚沼郡魚沼郡

    新潟県南魚沼市(魚沼郡南部にあたる南魚沼郡から)方角地名 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た魚沼郡魚沼郡

    長岡が位置する中越地方(旧・古志郡、魚沼郡他)も、当初は柏崎に県庁が置かれて柏崎県となったが、1873年(明治6年)6月10日には旧・新潟県(下越地方)や相川県(佐渡島)と合併させられ、旧・長岡藩の領内で、1843年(天保14年)に天領にされた港町の新潟に県庁が置かれ、県名も郡名を取った「蒲原県」ではなく、都市名を取った「新潟県」とされた。宮武が言う所の「永久不滅の賞罰的県名」の典型例である。都道府県 フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード