71件中 61 - 70件表示
  • 御館の乱

    御館の乱から見た魚沼郡魚沼郡

    今井国広:謙信旗本。下平氏一族。魚沼郡千手城主。御館の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 桑名藩

    桑名藩から見た魚沼郡魚沼郡

    魚沼郡のうち - 22村(同上)桑名藩 フレッシュアイペディアより)

  • 石油

    石油から見た魚沼郡魚沼郡

    『日本書紀』には、越国より天智天皇に「燃土と燃水」が献上されたという記述がある。江戸時代の『大和本草』には、越後の各地で土から出る油、「臭水(くそうず)」が産し、灯油に使われるとある。同書は信濃、越前、佐渡にもあるとする。臭水は草水が転じたとされ、新潟市秋葉区や新潟県阿賀野市、新潟県柏崎市を始め各地に地名として残る。『北越雪譜』も越後国魚沼郡で雪中に燃える水が見つかり、風呂の燃料や灯火に使われたと記す。石油 フレッシュアイペディアより)

  • 村上義清

    村上義清から見た魚沼郡魚沼郡

    元亀4年(1573年)1月1日、越後根知城にて病死。享年73。仇敵・信玄の死の5ヶ月前。日滝寺に葬られたというが、その墓所については根小屋地内の安福寺とも言われ、魚沼郡赤沢の説もある。坂城町田町の出浦家墓所中には後年(天正4年、慶長4年、没後百年など数説あり)分骨されたという墓所が残る。村上義清 フレッシュアイペディアより)

  • 仁多米

    仁多米から見た魚沼郡魚沼郡

    仁多米(にたまい)とは、島根県仁多郡奥出雲町で収穫されるイネの品種コシヒカリの産地ブランドで、環境条件が魚沼地域以上で、日本穀物検定協会の米食味ランキングでは、西日本で唯一「特A」を獲得した高評価の良質米で「東の魚沼コシヒカリ、西の仁多米」と言われている。仁多米 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県

    新潟県から見た魚沼郡魚沼郡

    岩船郡、蒲原郡、三島郡、古志郡、魚沼郡、刈羽郡、頸城郡新潟県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た魚沼郡魚沼郡

    会津産のコシヒカリは新潟県魚沼産同様高い評価を得ている(2008年(平成20年)現在、特Aクラスを得ている)。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉景勝

    上杉景勝から見た魚沼郡魚沼郡

    弘治元年(1555年)、越後国魚沼郡上田庄(現・新潟県南魚沼市)の坂戸城下に上田長尾家当主・長尾政景の次男として生まれる。生母は上杉輝虎(上杉謙信)の実姉・仙桃院。輝虎の甥に当たる。長兄が早世したので世子となるが、永禄7年(1564年)の父・政景の溺死を受け、春日山城(現・新潟県上越市)に入って叔父・上杉謙信の養子となった。上杉景勝 フレッシュアイペディアより)

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見た魚沼郡魚沼郡

    日本穀物検定協会による平成20年度の「米の食味ランキング」において最高の「特A」を得たコシヒカリの産地は、山形県の内陸、下越以外の新潟県の全域、福島県の会津、群馬県の北毛、長野県の東信、山梨県の峡北だった。この内、新潟県の魚沼産が一番高値で取引されている。すなわち、食味の良い産地は新潟県周辺の内陸部に集中しているが、これらの地域では夏季にフェーン現象などで昼間に高温になりながらも夜間は熱帯夜になりづらいという気候の特徴が共通している。コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 小国町 (新潟県)

    小国町 (新潟県)から見た魚沼郡魚沼郡

    信濃川水系の渋海川中流域の丘陵地帯にあり、東西を関田山地と八石山地にはさまれている。中央部には盆地が開けており、そのような地形が古くは「一小国の観を呈す」といわれ、それが町名の由来の一説である。また盆地であるため独自の文化や伝統が発展した。町域は越後国の刈羽郡と魚沼郡にまたがっている。小国町 (新潟県) フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード