82件中 71 - 80件表示
  • 小国町 (新潟県)

    小国町 (新潟県)から見た魚沼郡魚沼郡

    信濃川水系の渋海川中流域の丘陵地帯にあり、東西を関田山地と八石山地にはさまれている。中央部には盆地が開けており、そのような地形が古くは「一小国の観を呈す」といわれ、それが町名の由来の一説である。また盆地であるため独自の文化や伝統が発展した。町域は越後国の刈羽郡と魚沼郡にまたがっている。小国町 (新潟県) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県

    新潟県から見た魚沼郡魚沼郡

    岩船郡、蒲原郡、三島郡、古志郡、魚沼郡、刈羽郡、頸城郡新潟県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島正則

    福島正則から見た魚沼郡魚沼郡

    家康死後まもなくの元和5年(1619年)、台風による水害で破壊された広島城の本丸・二の丸・三の丸及び石垣等を無断修繕したことが武家諸法度違反に問われる。正則はその2ヶ月前から届けを出していたが、先年にも一国一城令発布後にもかかわらず新規に築城を行ったとして、毛利家から報告を受けた幕府より該当城の破却を命じられた後のことでもあり、幕府からは正式な許可が出ていなかった。福島側の言い分では、雨漏りする部分を止むを得ず修繕しただけという。江戸参勤中の正則が謝罪し、修繕した部分を破却するという条件で一旦は沙汰止みになったものの、求められた「本丸以外の修築分を破却」という条件に対し、正則は本丸の修築分のみ破却をおこない、二の丸・三の丸の修築分は据え置いた。これにより「破却が不十分である」と咎められる。また、人質として江戸に送るはずだった忠勝の出発を遅らせたこと、それに対して「万事親次第」と弁明を拒否するなどしたため、怒った将軍・徳川秀忠の上使として牧野忠成と花房正成が江戸芝愛宕下の正則の屋敷に派遣され、安芸・備後50万石は没収、信濃国川中島四郡中の高井郡と越後国魚沼郡の4万5,000石(高井野藩)に減転封の命令を受けることとなった。移封後、正則は嫡男・忠勝に家督を譲り、隠居した。出家して高斎と号した。福島正則 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀谷朝蔵

    加賀谷朝蔵から見た魚沼郡魚沼郡

    以後、新潟県西頸城郡長、同魚沼郡長、同中蒲原郡長、宮城県理事官、警察講習所教授、岩手県警察部長、皇宮警察長、静岡県書記官・内務部長、徳島県書記官・内務部長などを歴任。1935年に退官。加賀谷朝蔵 フレッシュアイペディアより)

  • へぎそば

    へぎそばから見た魚沼郡魚沼郡

    へぎそばとは、新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦。「へぎそば」は、小千谷市の業界団体によって商標登録されている。へぎそば フレッシュアイペディアより)

  • 十日町市

    十日町市から見た魚沼郡魚沼郡

    927年 『延喜式』の越後七郡の中に魚沼郡が見える。十日町市 フレッシュアイペディアより)

  • 北越急行ほくほく線

    北越急行ほくほく線から見た魚沼郡魚沼郡

    既に1916年(大正5年)5月4日には、頸城鉄道(くびきてつどう)が新黒井 - 浦川原間を全通させていた。当初はこの頸城鉄道とつなぎ松代まで伸ばす形での「東頸城縦貫鉄道」の建設請願を1932年(昭和7年)8月に国会へ提出した。この時点では松代から信越本線(直江津)側へ結ぶだけの鉄道で、十日町や六日町と結ぶという構想は(急峻な地形のために実現が困難と判断されたのか)なかった。その後さらに発展的な構想として、北陸地方と東京を結ぶ「上越西線」という構想となり、魚沼三郡や東頸城郡の町村長が六日町 - 直江津間に鉄道を敷設する陳情書を国会に提出した。1938年(昭和13年)4月になると時勢から軍事用の役割が付加されて、軍都と呼ばれた高田を起点とする「北越鉄道」の構想が打ち出され、国防にも役立つという位置づけとされた。1937年(昭和12年)8月から9月にかけて、鉄道省による路線測量と経済調査が実施され、路線案の比較検討が行われるとともに、地元による国会への請願が繰り返された。北越急行ほくほく線 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉景勝

    上杉景勝から見た魚沼郡魚沼郡

    弘治元年(1555年)、越後国魚沼郡上田庄(現・新潟県南魚沼市)の坂戸城下に上田長尾家当主・長尾政景の次男として生まれる。生母は長尾景虎(のちの上杉謙信)の実姉・仙洞院である。上杉景勝 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木牧之

    鈴木牧之から見た魚沼郡魚沼郡

    明和7年(1770年)越後国魚沼郡の塩沢で生まれる。鈴木屋の家業は地元名産の縮の仲買と、質屋の経営であった。地元では有数の豪商であり、三国街道を往来する各地の文人も立ち寄り、父・牧水もそれらと交流した。牧之もその影響を受け、幼少から俳諧や書画をたしなむ。鈴木牧之 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た魚沼郡魚沼郡

    会津産のコシヒカリは新潟県魚沼産同様高い評価を得ている(2018年(平成30年)現在、特Aクラスを得ている)。福島県 フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「魚沼のできごと」のニューストピックワード