134件中 91 - 100件表示
  • 新型インフルエンザ

    新型インフルエンザから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    感染症予防法によると新型インフルエンザは一類?五類に属さない「新型インフルエンザ等感染症」の一つとして取り扱われる。新型インフルエンザの発生が危惧され致死率が高くなると予想されるトリインフルエンザは、インフルエンザA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る場合は二類感染症、血清亜型がH5N1以外の場合は四類感染症に分類される。ちなみに、新型インフルエンザとトリインフルエンザを除いたインフルエンザ全般は五類感染症に分類される。この意味に関しては感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律を参照。新型インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 発熱相談センター

    発熱相談センターから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    2002年2月、中国福建省に旅行した香港人が高病原性鳥インフルエンザに感染、2人が死亡(成人で初)発熱相談センター フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    (2) の例は、ハエによる病原大腸菌O157や赤痢菌の媒介、鳥インフルエンザの鶏舎間媒介。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 河上満栄

    河上満栄から見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    2011年2月4日0時33分にtwitter上で「宮崎の火山が噴火し続けている。牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」とツイート。これに対して、宮崎県の新燃岳噴火災害や、口蹄疫・鳥インフルエンザ流行禍に関して、宮崎県民を揶揄しているとも受け取れる不謹慎な発言だと批判が殺到した。これを受け、「宮崎の噴火についてのつぶやきで、宮崎の関係者のみなさまに誤解を与えるような表現があったことを深くお詫び申し上げます」と同日20時過ぎに追加のツイートをするが、最終的には両方のツイートとも削除され、その後アカウントそのものも削除された。一方ブログ上で一旦公開された謝罪記事には当初「今回、ネット上で、無名無数の方々から激しい罵りを受けました」「私も大変傷つきました」との表現があったが、短時間で削除され、twitter閉鎖の告知記事も、大幅に文章が削除・修正された。河上満栄 フレッシュアイペディアより)

  • 1月25日

    1月25日から見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    2011年 - 兵庫県伊丹市の昆陽池公園で野鳥の死骸からトリインフルエンザが確認される。1月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 外食産業

    外食産業から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    2000年代には、2001年のBSE問題、2004年の鳥インフルエンザの流行が、関連店舗に打撃を与える。また、飲酒運転の取り締まり強化が、アルコール販売に影響を与えた。マクドナルドの80円バーガーなど低価格競争が話題になったが、収益は改善せず、低価格競争からの脱却を計っている。外食産業 フレッシュアイペディアより)

  • ハエ

    ハエから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    衛生害虫としてのハエの害の1つ目と2つ目はこのハエの摂食習性に起因する。まず、動植物の死骸から好んでタンパク質を摂取するハエの場合、人間の食物と糞便などの汚物の双方で摂食を行う場合があり、このときに病原性のある細菌、ウイルス、寄生虫卵などを体の表面を通じて、または食品上で消化管内容物を吐出したり糞便を排泄することによって媒介することとなる。ヒトの居住空間に進出しているハエの一部には、イエバエのように積極的に人家に侵入する性質を持ったものがあり、こうしたハエは特に食物の病原体による汚染を引き起こす可能性が高い。古くから、ポリオウイルス、赤痢菌、サルモネラ、赤痢アメーバ、回虫卵、鞭虫卵などがハエによって媒介されることが知られ、警戒されていたが、公衆衛生の向上によってこれらの病原体が少なくなった日本ではあまり危険視されなくなっていた。しかし、1990年代後半以降、病原性大腸菌O157やトリインフルエンザウイルスといった感染症病原体がハエによって媒介されていることを強く示唆する研究結果が公表され、再びハエによる病原体媒介が着目されつつある。ハエ フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    鳥インフルエンザの発生や外国産野菜の残留農薬の問題等が頻発して「安いだけではダメ、安心して食べられる安全で安いものがいい」という消費者の意識が高まった2004年、モスでは1996年ごろから減農薬や有機栽培の野菜を使い始めていたが、そのことをより広く知らせアピールするために従来赤色であった看板を「安心、安全、環境」を象徴するとして緑色へ転換し始め、従来の店舗を看板の色より赤モス、新型の店舗を緑モスとした。同時に「ただのファーストフード」からの脱却を目的に、ファーストフードらしい内装からレストランに近いイメージの木目調を基調としたゆったりした内装への改装も進め、高級ハンバーガー「匠味」を始めとする緑モス限定の高級感のあるメニューの提供を始める。しかしこれにより「安ければそれだけでいい」と考える一部の消費者に対して「モスは高い」とのイメージを与えることになった。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類

    鳥類から見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    鳥類は媒介者となって、オウム病、サルモネラ症、カンピロバクター症、マイコバクテリア(鳥結核症)、鳥インフルエンザ、ジアルジア症、クリプトスポリジウム症などの疾患を、遠距離を介して広めることがある。これらの中には、ヒトによって媒介されうる人獣共通感染症もある。鳥類 フレッシュアイペディアより)

  • 千僧駐屯地

    千僧駐屯地から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    平成7年の阪神淡路大震災、平成9年のナホトカ号重油流出事故、平成16年の鳥インフルエンザ防疫作業、新潟県中越地震、平成17年のJR福知山線脱線事故などの災害派遣、UNDOF派遣、イラク人道復興支援などの国際貢献に積極的に参加した。千僧駐屯地 フレッシュアイペディアより)

134件中 91 - 100件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード