134件中 21 - 30件表示
  • 家畜保健衛生所

    家畜保健衛生所から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    しかし動物の病気を診断する地方公的機関が他に存在しないこと、日本国内でもBSEや口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザがなど発生した関係で、家畜だけでなく野生動物、更には学校や動物園で飼育されている動物まで含めた検査業務(ただし、本来業務ではない)の依頼が急増しており、野鳥の大量死などが発生した際にも注目を集めるようになっている。また近年、急増するペットのミニブタに対する疾病などに対する相談も数多い。家畜保健衛生所 フレッシュアイペディアより)

  • タイの観光

    タイの観光から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    タイへの観光客は、2000年代より継続して増加しており、2007年には約1500万人となっている。この間、観光を巡る環境は良好だったわけではない。SARS(2002年)や鳥インフルエンザ(2003年)などに見舞われている。だが、タイは世界遺産などの遺跡やプーケット島などの豊かな自然といった観光資源に恵まれていることに加え、インフラストラクチャーや商業施設が開発により整ってきていることがタイの観光業へプラスの影響を与えている。タイの観光 フレッシュアイペディアより)

  • 花山ダム

    花山ダムから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    花山ダム完成後も県によって引き続き総合開発事業が行われ、三迫川には1961年(昭和36年)に栗駒ダム(重力式・62.0m)が完成している。また農林水産省東北農政局による国営農業水利事業に河川管理者として参画し、支流の二迫川に1991年(平成3年)に荒砥沢ダム(ロックフィル・74.4m)が、長崎川には2007年(平成19年)に小田ダム(ロックフィル・43.5m)が完成しており、完成後は県に管理が移管されて何れも栗原地方ダム管理事務所による管理が行われている。現在は「第二次迫川総合開発事業」が1971年(昭和46年)より進められ、自然湖である長沼に補助多目的ダムとして長沼ダム(アースダム・15.3m)が建設されている。これらのダムは冬季には多くの渡り鳥が羽を休めているが、県では鳥インフルエンザ予防の観点で過密する伊豆沼の渡り鳥を分散させるために、ダム湖の周辺整備事業に乗り出している。花山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 長沼ダム

    長沼ダムから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    長沼はハクチョウやカモの飛来地で有名な伊豆沼に隣接している。宮城県は全国の渡り鳥の80%?90%が越冬もしくは一時休息する地域であり、特に伊豆沼とその周辺は極めて多くの渡り鳥が越冬するためバードウォッチングのメッカである。しかし近年の鳥インフルエンザなど伝染病・感染症の伝播が懸念されており、宮城県では長沼ダムや花山ダムなど迫川流域のダム湖を整備して越冬地を分散させ、過密化の解消とそれに随伴する伝染病の蔓延(まんえん)予防対策を展開している。植物では長沼は有数のハスの繁殖地であり夏には長沼ハスまつりも開催される。遊覧船によってハスを間近で観察することも出来る。湖岸にはオランダ風車がシンボルの長沼フートピア公園もあり、多くの家族連れで賑わう。長沼ダム フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーカーランド・レヴィット

    マイケル・オーカーランド・レヴィットから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    レヴィットはアメリカの安全に関する最大の脅威としてトリインフルエンザを指摘した。レヴィットは世界保健機関のマイケル・マッコイ博士の研究を引用し、トリインフルエンザは科学的研究を要する最大の懸案事項であると述べた。マイケル・オーカーランド・レヴィット フレッシュアイペディアより)

  • マスクフェティシズム

    マスクフェティシズムから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    鳥インフルエンザの影響でサイズの大きい韓国マスクが日本でも流通し始めた。日本のマスク愛好者にも普及し、日本のマスクと違ってサイズも極端に大きいので単なる防寒具としてでなく顔を包むようにフィットするため好まれるようになった。顔の小さい女性が装着すると顔の半分以上が隠れてしまう。基本的に白色と青色が多く、後者は外で着けて街を歩くのは恥ずかしいと言う意見もある。韓国マスクもプリーツマスク同様、サイズが大きい為、ガーゼマスクフェチが外出時に二重にマスクをしたい時にガーゼマスクの上に韓国マスクを重ねることもある。マスクフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • 餌付け

    餌付けから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    さらに、問題をややこしくしたのが鳥インフルエンザであった。遠距離を移動する渡り鳥が病原体の移動にかかわる可能性から、2007年、あちこちの自治体で渡り鳥の餌付けを中止、あるいはそれを行う団体への中止申し入れなどがあった。このことで餌付けの是非が議論されたが、それは餌付けそのもののあり方を問題としたものではなかった。餌付け フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類キャリアによるIP

    鳥類キャリアによるIPから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    この文書はジョーク系RFCの中でも比較的人気があり、しばしば他のRFC文書に引用されている。例えば1998年のエイプリルフールに発表された同じジョーク系のRFCである RFC 2322(洗濯ばさみ DHCP による IPアドレスの管理)では遠隔地の通信には鳥類キャリアを使用するということが記述されている。また RFC文書の書き方を説明しているRFC 2223(RFCの書き方)の付録でnroffのマクロを説明する際のサンプル文書として RFC1149 が登場する。さらに1999年のエイプリルフールに発表された RFC 2549 "IP over Avian Carriers with Quality of Service"(鳥類キャリアによるIPのサービス品質)は、この通信にQoSを規定するという内容である。2011年4月1日には、RFC 6214 " Adaptation of RFC1149 for IPv6"(RFC1149のIPv6対応について)が発表され、RFC1149をIPv6に対応するために、さまざまな観点から考察が行われている(新たに発見されたウィルスの脅威など)。鳥類キャリアによるIP フレッシュアイペディアより)

  • 土木工事等の受託 (自衛隊)

    土木工事等の受託 (自衛隊)から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    昭和48年には年間236件行なわれていた土木工事等の受託も平成15年には3件に減少するなどほぼ役割を終えており、現在は災害派遣ほど緊急性はないが国の支援をアピールする必要がある事案への対応用の規定のような形になっている。(平成16年の京都府における鳥インフルエンザ発生など事案)なお、防衛出動や治安出動、災害派遣などより優先順位が劣るためこれらの任務に影響がある場合は中断又は中止される。土木工事等の受託 (自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • グルーミング

    グルーミングから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    進化の過程で、ある種の寄生生物(ノミ、シラミ、ダニなど)はこれに適応し、その宿主のグルーミング方法から効果的に逃れるようになった。さらには、多包条虫などの一部の寄生生物や微生物(真正細菌やウイルス、とりわけトリインフルエンザウイルス)は、糞便から口への感染サイクルなどの維持にグルーミングを利用すらしている。グルーミング フレッシュアイペディアより)

134件中 21 - 30件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード