171件中 31 - 40件表示
  • H10N8亜型

    H10N8亜型から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2012年には、1月に中華人民共和国広東省の鳥市場にいたアヒルから採集された A/Duck/Guangdong/E1/2012 (H10N8) 株から全ゲノム配列が解読され、6月に論文とゲノム配列が公開されている。解読の結果、HAセグメントのアミノ酸配列は弱毒性である事を示していた。またHAタンパク質は、株が鳥由来のインフルエンザウイルスであることを示していた。またNA遺伝子は北米系統、HA遺伝位はユーラシア系統である事が分かった。H10N8亜型 フレッシュアイペディアより)

  • マスクフェティシズム

    マスクフェティシズムから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザの影響でサイズの大きい韓国のマスクが日本でも流通し始めた。日本のマスク愛好者にも普及し、日本のマスクと違ってサイズも極端に大きいので単なる防寒具としてでなく顔を包むようにフィットするため好まれるようになった。顔の小さい女性が装着すると顔の半分以上が隠れてしまう。基本的に白色と青色が多く、後者は外で着けて街を歩くのは恥ずかしいと言う意見もある。韓国マスクもプリーツマスク同様、サイズが大きい為、ガーゼマスクフェチが外出時に二重にマスクをしたい時にガーゼマスクの上に韓国マスクを重ねることもある。マスクフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    (2) の例は、ハエによる病原大腸菌O157や赤痢菌の媒介、鳥インフルエンザの鶏舎間媒介。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類キャリアによるIP

    鳥類キャリアによるIPから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    この文書はジョーク系RFCの中でも比較的人気があり、しばしば他のRFC文書に引用されている。例えば1998年のエイプリルフールに発表された同じジョーク系のRFCである RFC 2322(洗濯ばさみ DHCP による IPアドレスの管理)では遠隔地の通信には鳥類キャリアを使用するということが記述されている。また RFC文書の書き方を説明しているRFC 2223(RFCの書き方)の付録でnroffのマクロを説明する際のサンプル文書として RFC1149 が登場する。さらに1999年のエイプリルフールに発表された RFC 2549 "IP over Avian Carriers with Quality of Service"(鳥類キャリアによるIPのサービス品質)は、この通信にQoSを規定するという内容である(1990年との違いとして、Linuxの普及を背景としたペンギンのジョークも入っている)。2011年4月1日には、RFC 6214 " Adaptation of RFC1149 for IPv6"(RFC1149のIPv6対応について)が発表され、RFC1149をIPv6に対応するために、さまざまな観点から考察が行われている(新たに発見されたウイルスの脅威など)。鳥類キャリアによるIP フレッシュアイペディアより)

  • H1N1亜型

    H1N1亜型から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    スペインかぜはH1N1のインフルエンザウイルスによって起こったものであるが、H5N1やH5N2によって引き起こされるトリインフルエンザと類似性が見られる。H1N1亜型 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2003年(平成15年)に感染症の重症急性呼吸器症候群 (SARS) が世界的に流行する。新型インフルエンザの流行問題として、平成21年に日本における2009年新型インフルエンザと2009年新型インフルエンザの世界的流行があり、H5N1亜型やトリインフルエンザが発生する危険性が問題となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ヘマグルチニン

    ヘマグルチニンから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    H5N1(トリインフルエンザ:avian flu)は極まれにヒトにも感染する可能性がある。ヒトの患者から発見されたトリインフルエンザウイルスのH5はアミノ酸配列が1つ変異していた。そのため、H5N1ウイルスのレセプター特性が変化してヒトにも感染するようになったということが発表された。この発見は通常ヒトには感染しないH5N1ウイルスがどのようにしてヒトの細胞に感染するのかを的確に説明できる。ヘマグルチニン フレッシュアイペディアより)

  • ジュッジ鳥類国立公園

    ジュッジ鳥類国立公園から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2006年のトリインフルエンザ流行時には、セネガルでは発症が確認されることはなかったものの、鳥たちの監視が実施された。ジュッジ鳥類国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • SRIインターナショナル

    SRIインターナショナルから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2006年、SRIはアメリカ国立アレルギー・感染症研究所から5690万ドルの契約を勝ち取り、トリインフルエンザ、SARS、ウエストナイル熱、肝炎の坑感染症薬を開発するための抗体を提供する研究を行うことになった。同じく2006年、フロリダ州セントピーターズバーグに海運や港湾の保安などを主な対象とした海洋工学の研究施設を新たに建設することにした。の海洋工学センターと共同運営である。SRIインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県認証食品

    兵庫県認証食品から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    BSE、鳥インフルエンザ、食品偽装表示などの問題を背景に食品に対する不安感や不信感が高まっていたため、これを払拭する目的で兵庫県が兵庫県産の食品に対して認証制度を始めた。審査基準により「ひょうご推奨ブランド」と「ひょうご安心ブランド」の2種類に分類されている。審査・認証はブランドごとに受ける必要があるが、1つの商品につき、2つのブランド認証を同時に保持はできない。認証を得た商品には認証マークの使用ができる。審査基準には、HACCP、トレーサビリティの概念が取り入れられている。兵庫県認証食品 フレッシュアイペディアより)

171件中 31 - 40件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード