171件中 51 - 60件表示
  • 園圃街雀鳥花園

    園圃街雀鳥花園から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    2004年、鳥インフルエンザが香港でも確認されたため、香港政府は公園内の衛生管理を徹底する処置を行った。以下は当時の施策である。園圃街雀鳥花園 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アム・マイン

    カール・アム・マインから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    フォーゲルパルク・カール(カール鳥類園)は1971年に設立された。3 ha の敷地内に国内外の鳥類のための大型禽舎や開放型飼育場があった。この鳥類園は、鳥インフルエンザ H5N1型のために2006年6月30日に行政指導を受け、閉鎖された。カール・アム・マイン フレッシュアイペディアより)

  • タイの観光

    タイの観光から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    タイへの観光客は、2000年代より継続して増加しており、2007年には約1500万人となっている。この間、観光を巡る環境は良好だったわけではない。SARS(2002年)や鳥インフルエンザ(2003年)などに見舞われている。だが、タイは世界遺産などの遺跡やプーケット島などの豊かな自然といった観光資源に恵まれていることに加え、公共施設や商業施設が開発により整ってきていることがタイの観光業へプラスの影響を与えている。タイの観光 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康夫

    鈴木康夫から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    近年ではインフルエンザの研究に注力しており、鳥類の糞などからトリインフルエンザウイルス採取し鶏卵で培養し、それにさまざまな物質を注入することでウイルスに対抗し得る物質を調査している。また、その研究の過程において、インフルエンザウイルスの変異を数時間で測定、検知する技術を開発している。鈴木康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 蒜山タンチョウの里

    蒜山タンチョウの里から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    この施設は、多数のタンチョウを保護・飼育・繁殖させる岡山県自然保護センターの、鳥インフルエンザなどからのリスク分散のため、自然保護センターのサブ施設として開設されたものである。蒜山タンチョウの里 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤公園 (宇部市)

    常盤公園 (宇部市)から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    ときわ公園が総合公園として開園した最初期のころから同園のシンボルでありつづけ、公園のみならず宇部市そのもののシンボルとしても認知されていたが、2011年(平成23年)2月6日に園内で発生した高病原性鳥インフルエンザの感染拡大防止のため、園内の全てのハクチョウが殺処分となった。常盤公園 (宇部市) フレッシュアイペディアより)

  • 河上満栄

    河上満栄から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2011年2月4日0時33分にtwitter上で「宮崎の火山が噴火し続けている。牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」とツイート。これに対して、宮崎県の新燃岳噴火災害や、口蹄疫・鳥インフルエンザ流行禍に関して、宮崎県民を揶揄しているとも受け取れる不謹慎な発言だと批判が殺到した。これを受け、「宮崎の噴火についてのつぶやきで、宮崎の関係者のみなさまに誤解を与えるような表現があったことを深くお詫び申し上げます」と同日20時過ぎに追加のツイートをするが、最終的には両方のツイートとも削除され、その後アカウントそのものも削除された。一方ブログ上で一旦公開された謝罪記事には当初「今回、ネット上で、無名無数の方々から激しい罵りを受けました」「私も大変傷つきました」との表現があったが、短時間で削除され、twitter閉鎖の告知記事も、大幅に文章が削除・修正された。河上満栄 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化塩素

    二酸化塩素から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2008年、強毒性H5N1型鳥インフルエンザの人型変異とそれに起因する世界的大流行(パンデミック)への懸念から、空間消毒薬として二酸化塩素ガスが注目され、日本の経済報道番組でも紹介された。それ以後も日本のプロ野球団で使用されているとスポーツ紙で取り上げられるなどしている。二酸化塩素 フレッシュアイペディアより)

  • 李鍾郁

    李鍾郁から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    感染症対策に尽力したことから、韓国から「ワクチンの皇帝」と異名を授けられた。世界的な蔓延が危惧される鳥インフルエンザ対策にも精力的に取り組んだ。李鍾郁 フレッシュアイペディアより)

  • あぶくま親水公園

    あぶくま親水公園から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    日本野鳥の会により公園内で餌付けが行われ、例年10月下旬から3月下旬まで白鳥の観察や餌付け体験ができるが、2008年度は鳥インフルエンザの影響で、餌付けが禁止された。4月は近くにある花見山公園の一般車両の臨時駐車場となり、花見山まではシャトルバス(往復300円)が運行される。あぶくま親水公園 フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード