134件中 61 - 70件表示
  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た高病原性鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    家畜伝染病予防法では、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスのうち、H5およびH7亜型による感染症を高病原性鳥インフルエンザ HPAIとして法定伝染病に、それ以外の亜型によるものを鳥インフルエンザとして届出伝染病に指定して区別している。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 下村健一

    下村健一から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    2004年3月3日、鳥インフルエンザ事件で浅田農産に対するメディアのバッシング激しいさなか、自身のウェブサイトで「鳥インフルエンザの浅田農産会見を敢えて評価する」1というタイトルの記事を書いた。そのなかで「世間から"叩かれる"立場にいる人がここまで率直に語っている会見は、稀有だと思う。なるべく無難な模範回答で逃げて、ひたすら頭を下げ続けて、嵐が頭上を通り過ぎるのを待とうというテクニック(マスコミに叩かれる立場に立った企業・公人などが演じる常套手段)を弄さず、質問攻めの火に油を注ぐことをも厭わず直球で答え続けた浅田農産のその姿勢を、この逆風下で敢えて僕は評価したい。(中略)失敗が重大であるからこそ、この会見の姿勢は、評価すべきなのだ。」と書いた。しかしこのエールの甲斐もなく浅田夫妻は自殺してしまった。ドキュメンタリー作家森達也は「下村さんのHPのメッセージ、全文読みました。今のこの世界に下村さんがいることが、涙が出るほど嬉しい(大袈裟かな。でも本当です)。彼がどんな思いで首にロープを巻いたのか?最後にどんな言葉を老妻と交わしたのか?…自らを主語として想像できるメディアがあるのだろうか?…つらいです。」と書いている。下村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国農業部

    中華人民共和国農業部から見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    農場段階の食品の安全性について規制、政策を指揮する。その重要な職務の1つは化学物質、汚染物質、農薬の使用の規制である。農業部の管轄下にあるThe Institute for the Control of Agrochemicalsは農薬の試験、調査、使用の規制について責任を負う。農業部は動物の健康、トリインフルエンザの流行、狂牛病の予防対策についても責任を負う。また、地方行政機関、病気の研究機関、予防接種、緊急事態などを指揮する。中華人民共和国農業部 フレッシュアイペディアより)

  • SRIインターナショナル

    SRIインターナショナルから見たトリインフルエンザトリインフルエンザ

    2006年、SRIはから5690万ドルの契約を勝ち取り、トリインフルエンザ、SARS、ウエストナイル熱、肝炎の坑感染症薬を開発するための抗体を提供する研究を行うことになった。同じく2006年、フロリダ州セントピーターズバーグに海運や港湾の保安などを主な対象とした海洋工学の研究施設を新たに建設することにした。の海洋工学センターと共同運営である。SRIインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 害鳥

    害鳥から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    渡り鳥は遠方から病原体を運んでくることがあり、例として鳥インフルエンザなどがある。害鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアサミット

    東アジアサミットから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    鳥インフルエンザ対策で抗ウイルス剤「タミフル」の共同備蓄を進める。東アジアサミット フレッシュアイペディアより)

  • 京都産業大学

    京都産業大学から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    2006年 - 鳥インフルエンザ研究センター開設。大学院マネジメント研究科に「デュアル・ディグリー・プログラム」(日米学位、MBA、ミズーリ大学セントルイス校)開設。京都産業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 非常事態宣言

    非常事態宣言から見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    対象には武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害などのほか、鳥インフルエンザやAIDSなど疫病もある。措置には警察・軍隊など国家公務員の動員、公共財の徴発、最高責任者による政令の発布や検問、令状によらない逮捕・家宅捜索などを許す事の他、集会の自由やストライキなどの行為の制限である。非常事態宣言 フレッシュアイペディアより)

  • ベニスズメ

    ベニスズメから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    かつては多くの個体が大量かつ安価に輸入・流通していたが、鳥インフルエンザの影響を受け東南アジアからの野鳥の輸入が途絶えたため、他のアジアンフィンチ同様現在ほとんど見ることができない。ヨーロッパでは飼い鳥として累代飼育もされているが、ヨーロッパの多くの国からも鳥の生体輸入が禁止されているため、近年ペットショップなどで稀に売り出されるのは生体輸入が禁止されていないスペインもしくはベルギーで累代飼育された個体にほぼ限られており、価格もコキンチョウなど高級フィンチすら超える高価な飼い鳥になっている。ベニスズメ フレッシュアイペディアより)

  • ワタリガラス

    ワタリガラスから見た鳥インフルエンザトリインフルエンザ

    イギリスではチャールズ2世の勅令で、最低6羽のワタリガラスがロンドン塔で飼育されており、「ロンドン塔からワタリガラスがいなくなるとイギリスは滅びる」というジンクスがある。2006年には鳥インフルエンザから保護するためにロンドン塔から一時避難させられた。ロンドン塔の衛兵ヨーマン・ウォーダーズの中には、ワタリガラスの世話をする「レイヴンマスター」という役職がある。ワタリガラス フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード