171件中 71 - 80件表示
  • 闘牛 (韓国)

    闘牛 (韓国)から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    開催は原則として毎週土日曜に行われ、1月前後は休催される。ただし、2014年は2月15日に開始予定だったが受託事業者である韓国牛事会との間での開催条件交渉が決裂し無期限延期となり、交渉が妥結した後12月13日から開催されたがこの年は6日間の開催に留まった。また2015年は1月31日開始予定が口蹄疫と鳥インフルエンザの影響により3月28日まで開催が延期された。闘牛 (韓国) フレッシュアイペディアより)

  • 餌付け

    餌付けから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    さらに、問題をややこしくしたのが鳥インフルエンザであった。遠距離を移動する渡り鳥が病原体の移動にかかわる可能性から、2007年、あちこちの自治体で渡り鳥の餌付けを中止、あるいはそれを行う団体への中止申し入れなどがあった。このことで餌付けの是非が議論されたが、それは餌付けそのもののあり方を問題としたものではなかった。餌付け フレッシュアイペディアより)

  • 清武町

    清武町から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    日向夏、切干大根などが中心。2007年1月13日、町内の養鶏場でトリインフルエンザが発生した。清武町 フレッシュアイペディアより)

  • サイトカイン放出症候群

    サイトカイン放出症候群から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    サイトカインストームは多くの炎症性疾患および非炎症性疾患(移植片対宿主病(GVHD)、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、敗血症、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、天然痘、全身性炎症反応症候群(SIRS))で発生するほか、一部の医薬品でも誘発される。その実例として、2006年に治験薬が第I相臨床試験実施中の6名にサイトカインストームによると思しき極めて重篤な反応を惹起したことが挙げられる。サイトカイン放出症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 公衆衛生

    公衆衛生から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    トリインフルエンザ(高病原性トリインフルエンザ、旧称家禽ペスト、Orthomyxoviridae Influenza virus A)公衆衛生 フレッシュアイペディアより)

  • オカメインコ

    オカメインコから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    日本には明治末期の1910年代に輸入され、ペットとしての歴史は長いが原種の色合いが地味なことから同じオーストラリア産のセキセイインコなどと比べると全く普及せず、1960年代頃までセキセイインコの10倍以上の価格が付けられていた。しかし、ルチノーなどの品種が開発されると徐々に人気が上がり、現在ではペットショップで普通に見かけるほどになった。近年では鳥インフルエンザの発生により、生産コストが上がったため、価格は再び上昇気味である。オカメインコ フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    家畜の飼育基準の不徹底(不衛生な生育環境、家畜育成用抗生物質の乱用など。トリインフルエンザ、SARSの項目も参照)中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアサミット

    東アジアサミットから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザ対策で抗ウイルス剤「タミフル」の共同備蓄を進める。東アジアサミット フレッシュアイペディアより)

  • 喜田宏

    喜田宏から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    専門は獣医学であり、特に獣医微生物学といった分野について研究している。具体的には、ウイルス学、微生物生態学、感染病理学などについて研究している。特に鳥インフルエンザの起源と流行予防の研究では国内第一人者であり、新聞やテレビなどへの出演も多い。喜田宏 フレッシュアイペディアより)

171件中 71 - 80件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード