171件中 81 - 90件表示
  • 千僧駐屯地

    千僧駐屯地から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    平成7年の阪神淡路大震災、平成9年のナホトカ号重油流出事故、平成16年の鳥インフルエンザ防疫作業、新潟県中越地震、平成17年のJR福知山線脱線事故などの災害派遣、UNDOF派遣、イラク人道復興支援などの国際貢献に積極的に参加した。千僧駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 加地正郎

    加地正郎から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    『インフルエンザの世紀 「スペインかぜ」から「鳥インフルエンザ」まで』平凡社新書 2005加地正郎 フレッシュアイペディアより)

  • 殺処分

    殺処分から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    また、口蹄疫・高病原性鳥インフルエンザなどでは、患畜の屠殺・殺処分の他、死体の焼却や埋却なども義務付けており、さらには摘発淘汰の対象は感染動物と同じ施設や建物で飼養されていた全ての同種の動物に及ぶ。即ちこれら疾病の感染発生が確認されることは事実上、当該施設における同種の動物の全滅を意味する。殺処分 フレッシュアイペディアより)

  • 獣医師

    獣医師から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    「家畜保健衛生所」において、BSEや口蹄疫ならびに高病原性鳥インフルエンザをはじめとする家畜の感染症など、生産性に悪影響を及ぼす各種疾病の検査・診断業務及び予防対策に従事する者(家畜防疫員)。獣医師 フレッシュアイペディアより)

  • チキンタツタ

    チキンタツタから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    1991年4月に期間限定商品として初登場し、1992年2月からレギュラーメニューになり、10年間以上にわたり人気となり客に好評であったが、2004年2月に鳥インフルエンザの影響で材料調達が困難となっていたことや、他のメニューと食材の共有が不可という理由もあったことから、店頭在庫がなくなり次第販売終了となった。チキンタツタ フレッシュアイペディアより)

  • 異種移植

    異種移植から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    人獣共通感染症はXenozoonosisあるいはゼノーシスとしても知られている。異種移植によって種の間で病原因子が伝染しうる。動物からヒトへの感染症は通常はまれだが、例えば、インフルエンザAウイルスは、鳥からヒトに渡された鳥インフルエンザである。異種移植は、以下の3つの理由により、疾患の伝染の機会を増加させる可能性がある。異種移植 フレッシュアイペディアより)

  • STOP劉備くん!

    STOP劉備くん!から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    諸葛亮と正反対の人物で、自分が死んでいることすら理解せずに動いていることがある程の馬鹿。武勇に関しては文句なしの働きをするが、基本的にマイナスになるような厄介事(例:自軍の防衛用トラップを盗賊に売り飛ばす、鳥インフルエンザで死んだ鳥を食料として送る、派遣会社のギャラ欲しさに曹操軍に寝返るなど)ばかりを抱えて来るので蜀の悩みの種でもある。姜維曰く「常春の男」。STOP劉備くん! フレッシュアイペディアより)

  • 尾身茂

    尾身茂から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    尾身の最大の業績のひとつは、西太平洋地域において小児麻痺(ポリオ)の根絶を達成したことである(1)。ポリオ根絶の功績・手腕の為、日本政府は1998年、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局事務局長選挙に候補者として尾身氏を擁立し、当選。その後再選され、事務局長として10年間活躍した。人類にとって21世紀最初の公衆衛生学的危機であった重症急性呼吸器症候群(SARS)対策に於いて陣頭指揮をとったことは良く知られている(2)。また、尾身は、西太平洋地域事務局長在任中に、アジアにおける結核対策を前進させたこと、鳥インフルエンザの脅威を世界に発信したことなどでも知られている。尾身茂 フレッシュアイペディアより)

  • 魚肉ソーセージ

    魚肉ソーセージから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    その後、メーカー側の開発・販売努力 (カルシウム・DHA・ビタミン・コラーゲンの添加、アニメや子供向け特撮ヒーローのキャラクター採用) や、健康・ヘルシー志向 (低カロリー・低脂肪・高タンパク) も手伝って、徐々に魚肉ソーセージが見直されるようになった。BSEや鳥インフルエンザなどで畜肉の安全性に疑問が呈された際にも、魚肉ソーセージが注目された。一時は需要が急増しフル生産体制になりメーカーは当惑したという。魚肉ソーセージ フレッシュアイペディアより)

  • AHCC

    AHCCから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    また、ニューヨーク州立ビンガムトン大学Hernan AvilesらはKlebsiella pneumoniae感染に対する防御効果を報告しており、17)外傷、感染あるいは飢餓による免疫低下やその他の生体への悪影響を改善する可能性があることを示唆している。さらに、ドレクセル大学において動物を用いたインフルエンザウイルスに対する感染実験では、NK活性の上昇が認められており、近年、鳥インフルエンザや西ナイルウイルスの予防にも効果的であることが報告されている。AHCC フレッシュアイペディアより)

171件中 81 - 90件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード