214件中 101 - 110件表示
  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たウマ

    ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3) × (N1, N2) である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た米泉市

    2005年11月23日、中国農業省は、新疆ウイグル自治区米泉市で家禽が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し、15日からこれまでに2,064羽が死んだと発表した。感染のあった現場周辺の84,000羽を処分した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た感染

    鳥インフルエンザ(とりインフルエンザ、)とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。トリインフルエンザとも表記される。また、鳥インフルもしくは鳥フルと略称されることがある。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た常総市

    2005年6月26日、茨城県水海道市(現常総市)、H5N2型。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た高敞郡

    韓国全羅北道高敞郡(ドンリム貯水池は確認済み)と扶安郡のアヒル農場からH5N8亜型が検出され、2万羽が殺処分された。H5N8の検出は、韓国で初めてである。(H5N8の人間への感染例は今までのところ歴史上にない。)鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たタイビン省

    11月19日、閣僚会議で家禽の鳥インフルエンザ発生地域は17省・都市に広がったと報告された。新たに発生したのは北部タイビン省。農業・地域開発省は10月はじめから17省・都市62県114村で発生し、約90万羽が処分されたと報告。北部各省で家禽の感染が拡大傾向にあるという。保健省はH5N1型ウイルスの人への感染が2003年12月の最初の患者発生以降、32省・都市で92件発生し、42人が死亡したと報告。10月24日以降は新たな患者はいない。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た江北町

    2017年2月、佐賀県江北町の養鶏場で、多数のニワトリが死んでいるのが発見され、県が検査した結果、調査した全てのニワトリからH5型鳥インフルエンザウイルスが検出された。これを受け県は当該の養鶏場及び、同じ農家が運営する全ての養鶏場でニワトリの殺処分を実施した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たハイズオン省

    2005年10月はじめから家禽にH5N1型鳥インフルエンザが発生した地域は8省2都市に広がった。バクリエウ省、ドンタップ省、バクザン省、クアンナム省、タインホア省、ハイズオン省、フンイエン省、ニンビン省の各省と首都ハノイおよびハイフォン市で鳥インフルエンザ感染が確認されている。これまでに、15の省・都市で9600万羽に鳥インフルエンザのワクチン接種を終えている。また、ベトナム政府は、感染した家禽の処分では1羽に付き15000ドン(約100円)を補償している。しかし、農民からは少なすぎるとの声があがっている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たオランダ

    2003年2 - 4月、オランダ、ベルギー HPAI(H7N7型)。大流行。1000万羽以上処分。防疫従事者数十人が結膜炎に、十数人がインフルエンザ様症状示し、オランダの獣医師1名死亡。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た宇部市

    2011年2月、山口県宇部市の常盤公園で鳥インフルエンザが確認され、白鳥類350羽余り処分。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

214件中 101 - 110件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード