214件中 11 - 20件表示
  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たフラミンゴ

    2005年11月11日、クウェートで鳥インフルエンザに感染した渡り鳥のフラミンゴから高病原性のH5N1型ウイルスが検出されたことが明らかになった。ペルシャ湾岸地域で同型が見つかったのははじめて。中国でも湖北省京山県で家禽が鳥インフルエンザH5N1型に感染したことを発表した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たワクチン

    10月以降、鳥インフルエンザの家禽への感染拡大防止のため、ワクチン接種に力を入れてきた。その結果約50億羽の家禽が免疫を持ったと中国農業省が2005年12月21日発表した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た厚生労働省

    疫学的な面で厚生労働省・国立感染症研究所、養鶏関連などについては農林水産省、野鳥については環境省が主体となって、対応を行っている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た高松市

    2004年3月1日、香川県塩江町(現・高松市)の飼料肥料加工会社へ出荷された上記養鶏場の羽毛から同ウイルスが検出。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た湖南省

    2005年10月には、内モンゴル自治区フフホト市、安徽省天長市、湖南省湘潭県で鳥インフルエンザが報告されている。安徽省の24歳の女性が鳥インフルエンザに感染し、10月1日に発病し、発熱、肺炎の症状を示し、10月10日には死亡した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た世界保健機関

    H5N1型の鳥インフルエンザウイルスは、鳥から鳥に感染するものであり、まれに人に感染することがあるが、ヒトインフルエンザウイルスと異なり、ヒトからヒトへの感染拡大は確認されていない。しかし、鳥インフルエンザウイルスの感染が広域化・長期化しているため、豚やヒトの体内で突然変異する危険性が高まっている。多くのウイルス学者らは、ヒト新型インフルエンザの発生が15-20年の周期で起きる可能性をすでに1980年代後半から示唆しており、最後の新型インフルエンザ発生にあたる1977年のソ連かぜから20年後に発生した香港鳥インフルエンザが新型ヒトインフルエンザとして大流行する危険性を指摘している。世界保健機関 (WHO) も、香港1997年型の発生直後から、鳥インフルエンザの監視体勢を強化しており、2005年には世界各地で流行している鳥インフルエンザが、いつ突然変異で新型ヒトインフルエンザになって世界的な大流行(パンデミック)を起こしてもおかしくないと警告している。そうなった場合、最大で5億人が死亡すると試算されている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た中国

    2005年8月12日、中国チベット自治区ラサ市郊外の養鶏場で、鳥インフルエンザ(H5N1型)発生。これまでに130羽が死んでいる。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たSARS

    2008年5月12日施行の改正感染症予防法では、H5N1型鳥インフルエンザがSARSなどと並ぶ二類感染症となった(H5N1型以外の鳥インフルエンザは四類感染症)。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た遼寧省

    中国東北部、遼寧省では10月下旬から鳥インフルエンザで鶏が大量に死んでいる。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た山口市

    2004年1月、日本・山口県阿東町(現・山口市)の養鶏場で6千羽死亡。動物衛生研究所の分析にて国内初のHPAI(H5N1型)が検出。2/18終息宣言。淘汰処理された鶏は計3万5千羽。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード