214件中 21 - 30件表示
  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たバージニア州

    2002年3月、米国バージニア州(H7N2型低病原性)で発生。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たサギ

    2005年10月28日、ルーマニアの農業省は、モルドバとの国境付近でサギの死体から、毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たOIE

    ウイルスの病原性は、OIEの定める判定基準に従って判定される。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たハノイ

    2005年10月はじめから家禽にH5N1型鳥インフルエンザが発生した地域は8省2都市に広がった。バクリエウ省、ドンタップ省、バクザン省、クアンナム省、タインホア省、ハイズオン省、フンイエン省、ニンビン省の各省と首都ハノイおよびハイフォン市で鳥インフルエンザ感染が確認されている。これまでに、15の省・都市で9600万羽に鳥インフルエンザのワクチン接種を終えている。また、ベトナム政府は、感染した家禽の処分では1羽に付き15000ドン(約100円)を補償している。しかし、農民からは少なすぎるとの声があがっている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たカリフォルニア州

    2002年9月、カリフォルニア州(H5N2型低病原性)鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た進化

    ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3) × (N1, N2) である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た江西省

    12月17日、中国江西省の衛生当局は、12月6日に肺炎で亡くなった南昌市の73歳女性から、H10N8型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。H10系列の人間への感染は初めて。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たブルセラ症

    ブルセラ症や伝達性海綿状脳症 (BSE) と同じく、家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つに指定されている。感染が確認され次第、都道府県知事の権限により殺処分命令が発せられ、これに基づいて殺処分が実施される事となっている。また、発生養鶏場から半径数〜数十キロ圏内の他の養鶏場で飼育されている鶏の検査、および、未感染であることが確認されるまでの間、鶏生体や鶏卵の移動を自粛する要請を行う。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たインフルエンザ

    ヒトのインフルエンザの原因になるウイルス(ヒトインフルエンザウイルス)と、鳥インフルエンザの原因になるウイルス(鳥インフルエンザウイルス)では、感染対象となる動物(宿主)が異なるため、一般的には鳥インフルエンザウイルスがヒトに直接感染する能力は低く、また感染してもヒトからヒトへの伝染は起こりにくいと考えられている。しかし大量のウイルスとの接触や、宿主の体質などによってヒトに感染するケースも報告されている。また、ヒトインフルエンザウイルス自体、水鳥の鳥インフルエンザウイルスが何らかの過程で変異して生まれたものだと考えられている。そのため、鳥インフルエンザから新型インフルエンザが発生する危険性も指摘されている。なお俗に、これらの原因となる鳥インフルエンザウイルスのことを略して鳥インフルエンザと呼ぶこともある。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た

    水禽類の管で増殖し、鳥間では(水中の)糞を媒介に感染する。水禽類では感染しても宿主は発症しない。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード