214件中 31 - 40件表示
  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たオタワ

    世界の30カ国の政府高官による鳥インフルエンザ対策会議が、カナダのオタワで2005年10月25日から2日間の日程で開かれた。同会議では、感染発生や国連を初めとする国際機関の主導的役割の重要性を確認する全部で18項目の声明を発表した。同声明では、鳥からヒトへのウイルスの感染に関する研究推進や関連機関同市のネットワーク拡充を勧告している。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たスーパーマーケット

    日本国内で鳥インフルエンザが発生した場合、農水省がスーパーマーケットなどの小売店の鶏肉・鶏卵売り場に「鳥インフルエンザの発生した地域との取引はない」旨の表示の調査・撤去要請(実際に取引がなくても撤去を要請する)など、風評被害を防ぐための措置を行っている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たH7N9亜型

    2013年3月に、上海などで3人が感染しうち2人が死亡したH7N9亜型鳥インフルエンザウイルスは、南京市などでも新たに4人の感染が確認された。お互いの接触は無く、独立して感染した模様。この猛毒型の鳥インフルエンザは、2012年まではヒトへの感染例は無かったため、最近になって豚などを通じてヒトに感染するように変異した可能性がある。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たクリミア半島

    2005年12月3日、ウクライナ農業政策省は、クリミア半島の農村部で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにした。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たアライグマ

    2009年4月、日本獣医学会において、国内では哺乳類で初めてとなる野生のアライグマからのH5N1型高病原性鳥インフルエンザウイルスへの感染が発表された。東大医科学研究所は個体間の感染ではなく、感染した鳥の死骸を食べて感染した可能性が高いことを指摘している。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た青海省

    2005年5月に、青海省で渡り鳥6000羽余りが鳥インフルエンザで死んだほか、その年だけで5回にわたる家禽への鳥インフルエンザの感染があった。厳重な警戒を強めている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た内モンゴル自治区

    2005年11月25日、中国農業省は、内モンゴル自治区北部の紮蘭屯市で鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した家禽が新たに発見されたと発表した。240羽の家禽餓死に、16,567羽が処分された。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た養鶏

    ウイルスの中には、家禽類のニワトリ・ウズラ・七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもたらすものがある。このようなタイプを高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)と呼び、世界中の養鶏産業にとって脅威となっている。また、このうちH5N1亜型ウイルスなどでは家禽と接触した人間への感染、発病が報告されており(ただし、感染者はヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスに対するレセプターを有していた)、今のところ一般の人に感染する危険性は極めて低いが、ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人の間で感染(ヒトヒト感染)する能力を持つウイルスが生まれる(変異する)ことが懸念されている。将来、それが爆発的感染(パンデミック)を引き起こす可能性がある。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た環境省

    疫学的な面で厚生労働省・国立感染症研究所、養鶏関連などについては農林水産省、野鳥については環境省が主体となって、対応を行っている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見たモスクワ

    2005年10月24日、モスクワ南東約400kmのロシア中部タンボブ州で鳥インフルエンザの発生が確認された。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード