198件中 31 - 40件表示
  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た安徽省

    2005年10月には、内モンゴル自治区フフホト市、安徽省天長市、湖南省湘潭県で鳥インフルエンザが報告されている。安徽省の24歳の女性が鳥インフルエンザに感染し、10月1日に発病し、発熱、肺炎の症状を示し、10月10日には死亡した。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たハノイ

    2005年10月はじめから家禽にH5N1型鳥インフルエンザが発生した地域は8省2都市に広がった。バクリエウ省、ドンタップ省、バクザン省、クアンナム省、タインホア省、ハイズオン省、フンイエン省、ニンビン省の各省と首都ハノイ及びハイフォン市で鳥インフルエンザ感染が確認されている。これまでに、15の省・都市で9600万羽に鳥インフルエンザのワクチン接種を終えている。また、ベトナム政府は、感染した家禽の処分では1羽に付き15000ドン(約100円)を補償している。しかし、農民からは少なすぎるとの声があがっている。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た鳥インフルエンザ

    家畜伝染病予防法では、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスのうち、H5およびH7亜型による感染症を高病原性鳥インフルエンザ HPAIとして法定伝染病に、それ以外の亜型によるものを鳥インフルエンザとして届出伝染病に指定して区別している。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たカリフォルニア州

    2002年9月、カリフォルニア州(H5N2型低病原性)トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たザナミビル

    鳥インフルエンザウイルスが変異して人に感染する「新型インフルエンザ」が大流行した場合、一時的な対策としてウイルスの増加を抑制するノイラミニダーゼ阻害薬であるオセルタミビル(商品名タミフル)とザナミビル(商品名リレンザ)が有効であろうと期待されている。オセルタミビルはスイスのロシュ社、またザナミビルは英国のグラクソ・スミスクライン社 (GSK) でしか製造されていないため、現在、アメリカやヨーロッパなど世界中から需要が集中し、日本が確保するのは困難な状況である。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た進化

    ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3)×(N1, N2)である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たトキ

    日中で鳥インフルエンザが流行したため相互に鳥の輸入が禁止され、近親交配の弊害を避けるために予定していた日中のトキの交換が延期された。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たブルセラ症

    ブルセラ症や伝達性海綿状脳症 (BSE) と同じく、家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つに指定されている。感染が確認され次第、都道府県知事の権限により殺処分命令が発せられ、これに基づいて殺処分が実施される事となっている。また、発生養鶏場から半径数?数十キロ圏内の他の養鶏場で飼育されている鶏の検査、および、未感染であることが確認されるまでの間、鶏生体や鶏卵の移動を自粛する要請を行う。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た高病原性鳥インフルエンザ

    家畜伝染病予防法では、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスのうち、H5およびH7亜型による感染症を高病原性鳥インフルエンザ HPAIとして法定伝染病に、それ以外の亜型によるものを鳥インフルエンザとして届出伝染病に指定して区別している。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たインフルエンザ

    ヒトのインフルエンザの原因になるウイルス(ヒトインフルエンザウイルス)と、鳥インフルエンザの原因になるウイルス(鳥インフルエンザウイルス)では、感染対象となる動物(宿主)が異なるため、一般的には鳥インフルエンザウイルスがヒトに直接感染する能力は低く、また感染してもヒトからヒトへの伝染は起こりにくいと考えられている。しかし大量のウイルスとの接触や、宿主の体質などによってヒトに感染するケースも報告されている。また、ヒトインフルエンザウイルス自体、水鳥の鳥インフルエンザウイルスが何らかの過程で変異して生まれたものだと考えられている。そのため、鳥インフルエンザから新型インフルエンザが発生する危険性も指摘されている。なお俗に、これらの原因となる鳥インフルエンザウイルスのことを略して鳥インフルエンザと呼ぶこともある。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

198件中 31 - 40件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード