198件中 41 - 50件表示
  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た

    鳥インフルエンザウイルスは、野生の水禽類(アヒルなどのカモ類)を自然宿主として存在しており、。水禽類の管で増殖し、鳥間では(水中の)糞を媒介に感染する。水禽類では感染しても宿主は発症しない。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た多摩動物公園

    また、万一のトリインフルエンザ発生による全滅などのリスクを分散させるため、2007年12月に4羽(2つがい)が東京の多摩動物公園に移送され、非公開の下で分散飼育が開始された。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た新型インフルエンザ

    ヒトのインフルエンザの原因になるウイルス(ヒトインフルエンザウイルス)と、鳥インフルエンザの原因になるウイルス(鳥インフルエンザウイルス)では、感染対象となる動物(宿主)が異なるため、一般的には鳥インフルエンザウイルスがヒトに直接感染する能力は低く、また感染してもヒトからヒトへの伝染は起こりにくいと考えられている。しかし大量のウイルスとの接触や、宿主の体質などによってヒトに感染するケースも報告されている。また、ヒトインフルエンザウイルス自体、水鳥の鳥インフルエンザウイルスが何らかの過程で変異して生まれたものだと考えられている。そのため、鳥インフルエンザから新型インフルエンザが発生する危険性も指摘されている。なお俗に、これらの原因となる鳥インフルエンザウイルスのことを略して鳥インフルエンザと呼ぶこともある。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たオタワ

    世界の30カ国の政府高官による鳥インフルエンザ対策会議が、カナダのオタワで2005年10月25日から2日間の日程で開かれた。同会議では、感染発生や国連を初めとする国際機関の主導的役割の重要性を確認する全部で18項目の声明を発表した。同声明では、鳥からヒトへのウイルスの感染に関する研究推進や関連機関同市のネットワーク拡充を勧告している。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たスーパーマーケット

    日本国内で鳥インフルエンザが発生した場合、農水省がスーパーマーケットなどの小売店の鶏肉・鶏卵売り場に「鳥インフルエンザの発生した地域との取引はない」旨の表示の調査・撤去要請(実際に取引がなくても撤去を要請する)など、風評被害を防ぐための措置を行っている。12トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たドナウ川

    2005年11月21日、ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の村で家禽から毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。10月にもH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た遺伝子

    ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3)×(N1, N2)である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たクジラ

    ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3)×(N1, N2)である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見た東京大学

    現状ではワクチンはまだ臨床試験の段階で、「プレパンデミックワクチン」と呼ばれている。片岡義裕東京大学医科学研究所教授が開発したリバースジェネティクス法により作られている。本来のワクチンの開発には「新型インフルエンザ」が発生してから、その株をもとに開発するため半年以上かかるといわれており、その間の対応の際に使用するものである。そのため「過労や寝不足を避ける」「手洗い・うがいをする」などの防衛策を日頃から徹底するしかない。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • トリインフルエンザ

    トリインフルエンザから見たアライグマ

    2009年4月、日本獣医学会において、国内では哺乳類で初めてとなる野生のアライグマからのH5N1型高病原性鳥インフルエンザウイルスへの感染が発表された。東大医科学研究所は個体間の感染ではなく、感染した鳥の死骸を食べて感染した可能性が高いことを指摘している。トリインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

198件中 41 - 50件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード