265件中 31 - 40件表示
  • 鳥取県

    鳥取県から見た南条元忠

    伯耆国においても吉川広家、南条元忠が西軍方として改易・転封処分となり、中村忠一が入部した。慶長14年(1609年)に中村忠一が急死すると、その翌年には加藤貞泰、市橋長勝、関一政の3大名に分割された。この時、河村郡・久米郡は幕府直轄領となり、山田直時・伊丹康勝が代官として派遣された。また、慶長19年(1614年)には里見忠義が倉吉に配流され、久米郡の一部4,000石が与えられた。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た平林鴻三

    4代 平林鴻三(1974年3月27日?1983年3月9日、3期)鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た宮部長房

    因幡国では西軍方の宮部長熈、垣屋恒総、木下重堅が改易され、代わって亀井茲矩、池田長吉、山崎家盛の3大名が統治した(関ヶ原の戦い以前から鹿野城主であった亀井氏に関しては加増、それ以外の大名は転封)。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た吉川広家

    伯耆国においても吉川広家、南条元忠が西軍方として改易・転封処分となり、中村忠一が入部した。慶長14年(1609年)に中村忠一が急死すると、その翌年には加藤貞泰、市橋長勝、関一政の3大名に分割された。この時、河村郡・久米郡は幕府直轄領となり、山田直時・伊丹康勝が代官として派遣された。また、慶長19年(1614年)には里見忠義が倉吉に配流され、久米郡の一部4,000石が与えられた。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た石破二朗

    3代 石破二朗(1958年12月3日?1974年2月22日、4期)鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た遠藤茂

    2代 遠藤茂(1954年12月7日?1958年11月10日、1期)鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た徳川秀忠

    また、伯耆国汗入郡の大山寺は僧・豪円の活躍によって慶長15年(1610年)、徳川秀忠より寺領3,000石が認められた。この大山寺領は西伯耆一帯に散在し、18ヵ村が大山寺本坊西楽院の管掌下に置かれた。大山寺は鳥取藩士とは別の大山侍と呼ばれる武士を登用し、寺領支配に携わらせた。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た池田光政

    その後、元和4年(1618年)、池田光政が鳥取城に入部し、因伯2国からなる鳥取藩が成立した。このほか、鹿奴藩・若桜藩の2つの新田藩があった。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た木下重堅

    因幡国では西軍方の宮部長熈、垣屋恒総、木下重堅が改易され、代わって亀井茲矩、池田長吉、山崎家盛の3大名が統治した(関ヶ原の戦い以前から鹿野城主であった亀井氏に関しては加増、それ以外の大名は転封)。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県

    鳥取県から見た関一政

    伯耆国においても吉川広家、南条元忠が西軍方として改易・転封処分となり、中村忠一が入部した。慶長14年(1609年)に中村忠一が急死すると、その翌年には加藤貞泰、市橋長勝、関一政の3大名に分割された。この時、河村郡・久米郡は幕府直轄領となり、山田直時・伊丹康勝が代官として派遣された。また、慶長19年(1614年)には里見忠義が倉吉に配流され、久米郡の一部4,000石が与えられた。鳥取県 フレッシュアイペディアより)

265件中 31 - 40件表示

「鳥取のできごと」のニューストピックワード