鳥越裕介 ニュース&Wiki etc.

鳥越 裕介(とりごえ ゆうすけ、1971年7月1日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)。 (出典:Wikipedia)

「鳥越裕介」Q&A

  • Q&A

    ソフトバンクの工藤の後任は誰が良さそうですか? ・小久保裕紀(侍ジャパン監督) ・…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月31日 22:01

  • Q&A

    鳥越さんって結婚してるんですか?たしか奥様は乳がんで死んだと記憶していますが顔は公開…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月14日 12:44

  • Q&A

    元中日ドラゴンズの鳥越裕介コーチの守備の上手さは遊撃手だと誰ぐらいでしたか? ドラ選…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年3月12日 07:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「鳥越裕介」のつながり調べ

  • 2000年の日本シリーズ

    2000年の日本シリーズから見た鳥越裕介

    再び東京ドームに舞台を移しての第6戦。巨人自慢の重量打線が爆発した。3回表にダイエーが鳥越裕介のタイムリー二塁打で1点を先制。その裏、投手のメイが四球を選んだあと、1番の仁志が左翼線を破る二塁打でメイが一気にホームインし、同点。後藤孝志の中飛で仁志が三塁に進んだ後、清原の三塁内野安打で仁志が生還し、逆転。ここでダイエーは早くも先発の永井から渡辺正和に交代したが、その渡辺正から松井がバックスクリーン左へ3号2ラン。4回表、城島のシリーズタイ記録となる4号本塁打で追い上げたが、5回裏、巨人は5安打1四球を集め5点を奪い、試合を決定づけた。ダイエーは6回に巨人の守備の乱れにつけ込んで1点を返したものの、シリーズタイ記録となる13三振を喫するなど粗い攻撃で点差を詰めることはできなかった。巨人は6回以降小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、最後は岡島がニエベスを空振り三振に仕留め、ゲームセット。巨人が6年ぶりの日本一を決めた。(2000年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た鳥越裕介

    同年9月、戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトに臨むものの、獲得意思を示した球団はなくそのまま現役を引退。この様子は、2005年12月28日にTBSで放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の中で紹介された。ホークスでは、同期の鳥越裕介、田之上慶三郎、宮地克彦らと非常に仲がよく、「71年会」と呼ばれた。コンバット満からは、川崎宗則が一軍定着するまで「ホークスで一番の男前」と言われていた。(出口雄大 フレッシュアイペディアより)

「鳥越裕介」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「鳥越裕介」のニューストピックワード