前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • プロ野球脱税事件

    プロ野球脱税事件から見た鳥越裕介鳥越裕介

    名古屋地方裁判所の裁判で、被告人である鳥越裕介が「世間を騒がせてすいませんでした」と陳述したところ、裁判官は「あなたは脱税という法律違反を犯し、その罪を悔いて反省すべきなのだ。『世間を騒がせたから申し訳ない』という言葉からは本当に罪を自覚しているのか極めて疑問だと言わざるをえない」という厳しい言葉を返した。判決を言い渡した時、裁判長の川原誠は「例え、鳥越被告人が(打率).300、.350打っても、山田被告人が15勝挙げようとも関係ない。社会人として、してはならないことを忘れてしまうとグラウンドで活躍できなくなる」という言葉を添えて両被告人を諭した。プロ野球脱税事件 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井将雄

    藤井将雄から見た鳥越裕介鳥越裕介

    チームが見事にV2を達成したのを見届けた後、10月13日に容態が急変、31歳という若さで帰らぬ人となり、32歳の誕生日となる予定であった10月16日に告別式が行われた。出棺の際、親友の若田部健一、兄貴分の工藤公康を筆頭に、秋山幸二、小久保裕紀、松中信彦、城島健司、村松有人、鳥越裕介、大道典嘉、西村龍次らが棺を担いだ。死の直後、個人後援会関係者の代筆で「皆様へ」で始まる藤井の最後のメッセージが、在福マスコミや個人ウェブサイトに公開された。戒名は「勝球院秀峰明政居士」。藤井将雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た鳥越裕介鳥越裕介

    休養日1日を挟み行われた第3戦は第1戦、第2戦とはうって変わり接戦となった。西武は1回表にフェルナンデスの二点本塁打で先制、さらに2回表にも1点を加えた。一方のダイエーは4回に西武先発の張を攻め、井口、城島の本塁打と鳥越裕介の二塁打で4-3と逆転した。西武は5回表にフェルナンデスのこの日2本目の本塁打で同点に追いつくがその裏、中島裕之の失策でダイエーが再び1点を勝ち越した。6回西武は中島が失策の汚名返上の同点本塁打を放ち、さらに続く野田浩輔が勝ち越しの本塁打を放った。その後、西武は7回の無死満塁のチャンスを逃したが小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、6-5で逃げ切り、リーグ優勝に王手をかけた。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 河野亮

    河野亮から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ダイエー時代は一時期レギュラーに定着したが、6月に鳥越裕介とのトレードで中日ドラゴンズに移籍。同年の日本シリーズでは山崎武司が骨折し出場不可能になったため「中日の秘密兵器」と一部スポーツ紙が取り上げたこともあったが、出番は無く同年11月に鈴木平とのトレードで岸川登俊と共にオリックス・ブルーウェーブへ移籍する。河野亮 フレッシュアイペディアより)

  • 愛敬尚史

    愛敬尚史から見た鳥越裕介鳥越裕介

    初奪三振:同上、8回表に鳥越裕介から愛敬尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た鳥越裕介鳥越裕介

    同年9月、戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトに臨むものの、獲得意思を示した球団はなくそのまま現役を引退。この様子は、2005年12月28日にTBSで放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の中で紹介された。ホークスでは、同期の鳥越裕介、田之上慶三郎、宮地克彦らと非常に仲がよく、「71年会」と呼ばれた。コンバット満からは、川崎宗則が一軍定着するまで「ホークスで一番の男前」と言われていた。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 田口昌徳

    田口昌徳から見た鳥越裕介鳥越裕介

    また、明るい性格でベンチに控えていることも多いため、同じくベンチにいることの多い鳥越裕介(現・一軍コーチ)とともに、チームのムードメーカーでもあり、地元のテレビ番組にもそのキャラクターを生かして数多く出演している。キャラクター・顔つき・喋り方などがかつてのプロ野球界爆笑男であるギャオス内藤とそっくりである。田口昌徳 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良将史

    奈良将史から見た鳥越裕介鳥越裕介

    初奪三振:2000年5月19日、対福岡ダイエーホークス9回戦(北九州市民球場)、7回裏に鳥越裕介から奈良将史 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た鳥越裕介鳥越裕介

    ソフトバンクは2回裏に1死2、3塁から鳥越裕介の犠飛で先制し、さらに3回には2死2塁からここまで17打席無安打だった松中が左翼へ待望の初安打を放ち、2塁走者の川崎が生還して2-0。一方、5回まで毎回走者を出しながら無得点が続いていたロッテはようやく6回、1死2塁から福浦の2塁打で1点を返すが、その後の得点機、さらに7回の2死1、2塁の好機で得点できず同点に追いつけない。しかし、その裏の守備では、2死2塁で川崎の一二塁間を抜けそうな適時打性の打球を二塁手の早坂圭介が好捕し、二ゴロによるアウトでソフトバンクの追加点を防いだ。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 柳田聖人

    柳田聖人から見た鳥越裕介鳥越裕介

    、自身2度目の開幕スタメン出場(二塁手)。しかし打撃不振により浜名共々二塁を鳥越裕介に明け渡し、鳥越が遊撃手に回った後も二塁には本間満が台頭。一軍と二軍を行き来するシーズンとなった。ただし2年連続のリーグ優勝を決めた10月7日のオリックス戦ではスタメン出場、日本シリーズでは3試合に途中出場。柳田聖人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード