前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 浜名千広

    浜名千広から見た鳥越裕介鳥越裕介

    国士舘高校時代は東京屈指の強打者兼内野手として注目された。に行われた第19回日米大学野球選手権大会、には東北福祉大学で同期の斎藤隆や作山和英、後に福岡ダイエーホークスでチームメイトとなる渡辺秀一や鳥越裕介らとともに日本代表として第20回日米大学野球選手権大会に出場。アマチュアナンバーワン遊撃手と高評され、端整な顔立ちで女性人気も集めた。1991年のドラフトで福岡ダイエーホークスと中日ドラゴンズから3位指名を受け、抽選の結果ダイエーが交渉権を獲得し、入団(大学同級生には他に金本知憲がいる)。浜名千広 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球脱税事件

    プロ野球脱税事件から見た鳥越裕介鳥越裕介

    名古屋地方裁判所の裁判で、被告人である鳥越裕介が「世間を騒がせてすいませんでした」と陳述したところ、裁判官は「あなたは脱税という法律違反を犯し、その罪を悔いて反省すべきなのである。『世間を騒がせたから申し訳ない』という言葉からは本当に罪を自覚しているのか極めて疑問だと言わざるをえない」という厳しい言葉を返した。判決を言い渡した時、裁判長の川原誠は「例え、鳥越被告人が(打率).300、.350打っても、山田(洋)被告人が15勝挙げようとも関係ない。社会人として、してはならないことを忘れてしまうとグラウンドで活躍できなくなる」という言葉を添えて両被告人を諭した。プロ野球脱税事件 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た鳥越裕介鳥越裕介

    守備面では鳥越裕介に遊撃手を譲って二塁手にコンバートされ、走塁面ではコーチの島田誠の助言から目標を盗塁王に定めて臨んだ年だった。プロ入り以降、打率が.250を超えたことがなかったことから、確実性を高めるためにフォームを足を上げる打法からすり足打法に変えてレギュラーシーズンに臨んだ。同年は3番としてほぼ定着し、打率は.261(リーグ27位)に終わったが、史上3人目の30本塁打、40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。この年、井口が30本塁打(リーグ12位)を記録したのに加え、松中が36本塁打、小久保裕紀が44本塁打、城島健司が31本塁打を記録し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップの日本代表に高橋由伸、井端弘和や高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと一緒に選ばれ、3番・二塁手として出場した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良将史

    奈良将史から見た鳥越裕介鳥越裕介

    初奪三振:2000年5月19日、対福岡ダイエーホークス9回戦(北九州市民球場)、7回裏に鳥越裕介から奈良将史 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た鳥越裕介鳥越裕介

    ソフトバンクは2回裏に1死2、3塁から鳥越裕介の犠飛で先制し、さらに3回には2死2塁からここまで17打席無安打だった松中が左翼へ待望の初安打を放ち、2塁走者の川崎が生還して2-0。一方、5回まで毎回走者を出しながら3度の併殺打などで無得点が続いていたロッテはようやく6回、1死2塁から福浦の2塁打で1点を返すが、その後の得点機、さらに7回の2死1、2塁の好機で得点できず同点に追いつけない。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 愛敬尚史

    愛敬尚史から見た鳥越裕介鳥越裕介

    初奪三振:同上、8回表に鳥越裕介から愛敬尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 河野亮

    河野亮から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ダイエー時代は一時期レギュラーに定着したが、6月に鳥越裕介とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。同年、古巣ダイエーとの日本シリーズでは山崎武司が骨折し出場不可能になったため「中日の秘密兵器」と一部スポーツ紙が取り上げたこともあったが、出番がないまま同年11月に鈴木平(ヤクルト時代に同僚だった)との交換トレードで岸川登俊と共にオリックス・ブルーウェーブへ移籍。河野亮 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス (ファーム)

    福岡ソフトバンクホークス (ファーム)から見た鳥越裕介鳥越裕介

    2009年 - 2010年 : 鳥越裕介福岡ソフトバンクホークス (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎慎太郎

    山崎慎太郎から見た鳥越裕介鳥越裕介

    1500投球回:2002年10月2日、対福岡ダイエーホークス27回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回表3死目に鳥越裕介の盗塁死により達成 ※史上150人目山崎慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ネルソン

    ブライアン・ネルソンから見た鳥越裕介鳥越裕介

    に入団テストを経てスイッチヒッターで内外野を器用にこなせるユーティリティープレイヤーとして、ダイエーに入団。同じ年には「台湾プロ野球の本塁打王」という肩書付きで入団した陳文賓がおり、中軸打者として期待されていたわけではなかったが、主砲の小久保裕紀がオープン戦でシーズン絶望の重傷を負うと、三塁が出来るネルソンに注目が集まり始める。陳はオープン戦から思うような成績が残せず守備にも難があったことから、ネルソンは開幕1軍の座を勝ち取った。開幕戦は「8番・三塁手」でスタメン出場し複数安打。その後もレギュラー出場を続けたが、さっぱり打てず4月上旬には一度2軍落ちとなった。再昇格後もなかなかヒットが出なかったが、5月14日の近鉄戦で開幕戦以来の複数安打を放つ。この試合では球団タイ記録となる8点差を逆転してのサヨナラ勝利を挙げ、このサヨナラ安打を放ったのがネルソンだった。5月下旬にはそれまで1本も打てなかった本塁打を5試合で3本打つなどの活躍を見せた。しかし7月7日に左鎖骨付近の痛みを訴えて再び2軍に落ちると、鳥越裕介が遊撃の定位置に復帰し、川崎宗則が三塁手に回ったためネルソンの出番はなくなり、その後の再昇格はなかった。9月10日に検査のため帰国。そのまま退団した。ブライアン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード