51件中 11 - 20件表示
  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た鳥越裕介鳥越裕介

    休養日1日を挟み行われた第3戦は第1戦、第2戦とはうって変わり接戦となった。西武は1回表にフェルナンデスの2ラン本塁打で先制、さらに2回表にも1点を加えた。一方のダイエーは4回に西武先発の張を攻め、井口、城島の本塁打と鳥越裕介の二塁打で4-3と逆転した。西武は5回表にフェルナンデスのこの日2本目の本塁打で同点に追いつくがその裏、中島裕之の失策でダイエーが再び1点を勝ち越した。6回西武は中島が失策の汚名返上の同点ソロ本塁打を放ち、さらに続く野田浩輔が勝ち越しのソロ本塁打を放った。その後、西武は7回の無死満塁のチャンスを逃したが小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、6-5で逃げ切り、リーグ優勝に王手をかけた。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 柳田聖人

    柳田聖人から見た鳥越裕介鳥越裕介

    、自身2度目の開幕スタメン出場(二塁手)。しかし打撃不振により浜名共々二塁を鳥越裕介に明け渡し、鳥越が遊撃手に回った後も二塁には本間満が台頭。一軍と二軍を行き来するシーズンとなった。ただし2年連続のリーグ優勝を決めた10月7日のオリックス戦ではスタメン出場、日本シリーズでは3試合に途中出場。柳田聖人 フレッシュアイペディアより)

  • レジェンド・シリーズ2013

    レジェンド・シリーズ2013から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ファイル:HAWKS88-TORIGOE.JPG|南海ホークスの復刻ユニフォームを着用した鳥越裕介レジェンド・シリーズ2013 フレッシュアイペディアより)

  • 田口昌徳

    田口昌徳から見た鳥越裕介鳥越裕介

    また、明るい性格でベンチに控えていることも多いため、同じくベンチにまわることの多くなった鳥越裕介とともに、チームのムードメーカーとなり、地元のテレビ番組にもそのキャラクターを生かして数多く出演した。キャラクター・顔つき・喋り方などがかつてのプロ野球界爆笑男であるギャオス内藤とそっくりである。田口昌徳 フレッシュアイペディアより)

  • 久慈照嘉

    久慈照嘉から見た鳥越裕介鳥越裕介

    1997年オフ、脱税事件で出場停止となった鳥越裕介の穴埋めとして1998年に関川浩一とともに、大豊泰昭・矢野輝弘との交換トレードで中日へ移籍。背番号は6。6は高校時代と社会人時代に慣れ親しんでいた背番号でもあった。遊撃手として新外国人の李鍾範が入団したため二塁手に転向。しかし李が死球により戦列を離れたため、シーズン後半からは遊撃手を務めた。1999年には福留孝介にレギュラーの座こそ譲ったものの、当時守備に不安があった福留に代わり試合の後半に出場することも多かった。久慈照嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た鳥越裕介鳥越裕介

    対する阪神は4回表、先発斉藤からジョージ・アリアス、片岡篤史が四球を選び、矢野輝弘の右越えの三塁打で2点を返し逆転に成功。その裏、今度はダイエーが城島健司のソロホームランで同点に追いつくと、ペドロ・バルデス、村松有人の連打の後、鳥越裕介の犠牲フライで勝ち越し。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た鳥越裕介鳥越裕介

    コーチ:80大石大二郎、82高山郁夫、73斉藤学、83立花義家、71藤井康雄、88鳥越裕介、87井出竜也、85的山哲也2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 種田仁

    種田仁から見た鳥越裕介鳥越裕介

    に復調するものの同い年の鳥越裕介の加入もあり、89試合の出場に終わった。種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 臼杵市

    臼杵市から見た鳥越裕介鳥越裕介

    鳥越裕介 - 元プロ野球選手(福岡ソフトバンクホークス、現千葉ロッテマリーンズヘッド兼内野守備走塁コーチ)臼杵市 フレッシュアイペディアより)

  • コンバット満

    コンバット満から見た鳥越裕介鳥越裕介

    主に福岡のローカルバラエティ番組に出演している。TVQ九州放送に於いてスポーツ番組のキャスターを長年務めていることもあり、福岡ソフトバンクホークスの選手とは交流が深い。特に、同世代である鳥越裕介とは仲が良い。コンバット満 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード