51件中 21 - 30件表示
  • 渡辺秀一

    渡辺秀一から見た鳥越裕介鳥越裕介

    神奈川大に進学し、には第20回日米大学野球選手権大会において、後にダイエーでチームメイトとなる浜名千広や鳥越裕介と、には第21回日米大学野球選手権大会において小久保裕紀らとともに日本代表に選出され出場する。渡辺秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た鳥越裕介鳥越裕介

    遊撃手としてはプロ1年目2006年3月2日のオープン戦以降3試合に先発出場、2年目は春季キャンプの紅白戦で守備に付いており、2011年時点でも守備練習は行っていた。2012年6月30日の試合途中に公式戦で初めて守備についたが、フィルダースチョイスから失点に繋がり、以後は二塁手に戻った。鳥越裕介内野守備走塁コーチの提案により、2015年のオープン戦では遊撃手としても出場した。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ホークスでは、同期の鳥越裕介、田之上慶三郎、宮地克彦らと非常に仲がよく、「71年会」と呼ばれた。コンバット満からは、川崎宗則が一軍定着するまで「ホークスで一番の男前」と言われていた。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た鳥越裕介鳥越裕介

    9月26日の西武戦(西武ドーム)でフェルナンド・セギノール・リンデン・中谷仁の球団史上初となる3者連続ホームランを記録した。7番打者から9番打者の3者連続ホームランは、2003年9月14日の福岡ダイエーホークス(フリオ・ズレータ・出口雄大・鳥越裕介)以来、プロ野球史上2度目。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドコーチ

    ヘッドコーチから見た鳥越裕介鳥越裕介

    千葉ロッテマリーンズ:鳥越裕介(内野守備・走塁コーチ兼任)ヘッドコーチ フレッシュアイペディアより)

  • JR九州811系電車

    JR九州811系電車から見た鳥越裕介鳥越裕介

    2006年、P101編成に日本テレコム(現・ソフトバンクテレコム)のラッピング広告を施したもの。福岡ソフトバンクホークスの選手(順番に鳥越裕介・斉藤和巳・松中信彦・杉内俊哉)が描かれていた。運用は他編成と共通で2007年にラッピングが撤去され、元の塗装に戻っている。JR九州811系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 李杜軒

    李杜軒から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ホークス時代の2009年から2014年までは、鳥越裕介内野守備走塁コーチ(当時)の勧めで、ホークスのOBである井口資仁(当時はロッテの内野手)がオフシーズン中に主導していた自主トレーニングに参加。そのトレーニングに同行していた鳥谷敬から、筋力トレーニングへ取り組む姿勢も学んだという。ちなみに井口は、2017年シーズンで現役を引退すると、2018年シーズンからロッテの一軍監督へ就任。鳥越も、一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチとして、ロッテに移籍した。李がロッテとの入団交渉中であることを伝えた台湾の報道では、前述した合同トレーニングや、NPBのオフシーズンに現地で開催する野球教室を通じて井口と親しい関係にあることが取り上げられていた。李杜軒 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本和知

    宮本和知から見た鳥越裕介鳥越裕介

    3者連続3球三振:1994年8月17日、対中日ドラゴンズ21回戦(東京ドーム)、3回表に鳥越裕介・佐藤秀樹・立浪和義から ※史上11人目(セ・リーグ7人目)宮本和知 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の福岡ダイエーホークス

    1999年の福岡ダイエーホークスから見た鳥越裕介鳥越裕介

    6月、中日との間でトレードが成立、河野亮を放出し、代わりに鳥越裕介を獲得。1999年の福岡ダイエーホークス フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た鳥越裕介鳥越裕介

    ''は鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード