37件中 21 - 30件表示
  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た鳥越裕介鳥越裕介

    9月26日の西武戦(西武ドーム)でフェルナンド・セギノール・リンデン・中谷仁の球団史上初となる3者連続ホームランを記録した。7番打者から9番打者の3者連続ホームランは、2003年9月14日の福岡ダイエーホークス(フリオ・ズレータ・出口雄大・鳥越裕介)以来、プロ野球史上2度目。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 和知

    宮本和知から見た鳥越裕介鳥越裕介

    3者連続3球三振:1994年8月17日、対中日ドラゴンズ21回戦(東京ドーム)、3回表に鳥越裕介・佐藤秀樹・立浪和義から ※史上12人目(セ・リーグ7人目)宮本和知 フレッシュアイペディアより)

  • 野村弘樹

    野村弘樹から見た鳥越裕介鳥越裕介

    7月1日の対中日戦では5回までパーフェクトピッチングを見せる。6回1死から鳥越裕介に初ヒットを打たれたが、続く門倉健を併殺打に打ち取って無失点に抑えると、その後も好投を続けて8回を1安打無四球という完璧なピッチングを見せた。9回は佐々木主浩が3人で片付けて、野村?佐々木で打者27人の準完全試合を達成した。野村弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 7月1日

    7月1日から見た鳥越裕介鳥越裕介

    1971年 - 鳥越裕介、プロ野球選手・コーチ7月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本シリーズ

    2000年の日本シリーズから見た鳥越裕介鳥越裕介

    再び東京ドームに舞台を移しての第6戦。巨人自慢の重量打線が爆発した。3回表にダイエーが鳥越裕介のタイムリー二塁打で1点を先制。その裏、投手のメイが四球を選んだあと、1番の仁志が左翼線を破る二塁打でメイが一気にホームインし、同点。後藤孝志の中飛で仁志が三塁に進んだ後、清原の三塁内野安打で仁志が生還し、逆転。ここでダイエーは早くも先発の永井から渡辺正和に交代したが、その渡辺正から松井がバックスクリーン左へ3号2ラン。4回表、城島のシリーズタイ記録となる4号本塁打で追い上げたが、5回裏、巨人は5安打1四球を集め5点を奪い、試合を決定づけた。ダイエーは6回に巨人の守備の乱れにつけ込んで1点を返したものの、シリーズタイ記録となる13三振を喫するなど粗い攻撃で点差を詰めることはできなかった。巨人は6回以降小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、最後は岡島がニエベスを空振り三振に仕留め、ゲームセット。巨人が6年ぶりの日本一を決めた。2000年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た鳥越裕介鳥越裕介

    法政大学野球部のセレクションを受ける準備を進めていたが、当時の広陵監督の勘違いでセレクションを受けられず、1年間の浪人生活の後、中央大学硬式野球部のセレクションを目指すが、またも監督の不手際もあってセレクションを受けられず(浪人には推薦がない)、学業成績が悪かったため不合格となった。この間、ヤクルトスワローズの入団テストを受けたがこれも不合格。失意の中、知人から当時は無名だった東北福祉大学を紹介され一般受験で入学。仙台六大学リーグ通算52試合出場、165打数63安打、打率.382。最優秀選手1回、ベストナイン2回受賞。恩師として名前を挙げる伊藤義博監督の下で1年からレギュラーとなり佐々木主浩・大塚孝二・矢野輝弘・斎藤隆・浜名千広ら後にプロ入りするメンバーと共に主力として4年連続で全日本大学野球選手権大会に出場。第37回大会では決勝で近畿大学に逆転負けを喫して準優勝。第38回大会では連続優勝した近畿大学に3回戦で敗れ、第39回大会では小池秀郎・高津臣吾・川尻哲郎らを擁する亜細亜大学に決勝で敗れて準優勝。翌、4年時の第40回大会では3度目の決勝で関西大学と延長17回の末に勝利し初優勝を達成。左手首をはく離骨折していながら勝ち越しの2点適時打を放ち、初優勝の立役者となった。同年、第20回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、チームの勝利に貢献。後にチームメイトとなる桧山進次郎と同室になり、本人曰く「人に話せないようなことを色々した」という。これが縁となって阪神入団後に雑誌で2人の対談が行われた。この部屋で洗濯係だった鳥越裕介は「金本さんにめちゃくちゃいじめられた」と後に語っている。金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州811系電車

    JR九州811系電車から見た鳥越裕介鳥越裕介

    2006年、P 101編成にソフトバンクグループとなった日本テレコム(現在のソフトバンクテレコム)のラッピング広告を施したもの。同一グループのプロ野球球団、福岡ソフトバンクホークスの選手のラッピングが施されていた。ラッピングはクハ811-101が鳥越裕介、サハ811-101が斉藤和巳、モハ811-101が松中信彦、クモハ810-101が杉内俊哉であった。JR九州811系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た鳥越裕介鳥越裕介

    鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た鳥越裕介鳥越裕介

    対する阪神は4回表、先発斉藤からジョージ・アリアス、片岡篤史が四球を選び、矢野輝弘の右越えの三塁打で2点を返し逆転に成功。その裏、今度はダイエーが城島健司のソロホームランで同点に追いつくと、ペドロ・バルデス、村松有人の連打の後、鳥越裕介の犠牲フライで勝ち越し。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大沼幸二

    大沼幸二から見た鳥越裕介鳥越裕介

    初奪三振:2001年5月26日、対福岡ダイエーホークス10回戦(西武ドーム)、9回表に鳥越裕介から大沼幸二 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード