75件中 11 - 20件表示
  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た高木守道

    1993年ドラフトにおいて中日ドラゴンズを逆指名、ドラフト2位で中日に入団。当初は大学全日本メンバーであり、身長189cmという大柄な体格から「大型内野手」として期待され、当時の監督の高木守道からは「長打が打てて守れる2番ショート」の方針を打ち出された。1994年の10.8決戦でも立浪和義が負傷して途中退場し代走・ショートの守備に就く。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た王貞治

    ダイエーに移籍した後はその守備が監督の王貞治から高く評価され、一軍に定着。移籍初年度である1999年の10月には、自身初の一試合2本塁打を放っている。2000年シーズン当初は、浜名千広の怪我や柳田聖人の不振により二塁手のポジションが空き、5月まで打率が3割を超えるなど打撃好調だった鳥越は二塁手の定位置を獲得したが、遊撃手のレギュラーだった井口忠仁が夏場に戦線を離脱したため、以降は本職の遊撃手のレギュラーとして出場。同年9月1日の5連敗と優勝争い脱落の危機の中、迎えたオリックス戦では逆転本塁打を放ち連敗を止めた。以降チームは9連勝し、マジックを点灯させる。また9月30日の近鉄戦ではサヨナラ安打を放つなど、優勝争いを繰り広げたチームの中で貴重な活躍を見せ、オフには球団から坊西浩嗣と共に表彰を受けた。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た森脇浩司

    2005年は内野の全ポジションを守った。2006年は4月に二塁守備の際、サヨナラ負けにつながるエラーを犯してしまい、それ以降守備要員の座を森本学らに明け渡すことになってしまった。7月2日の試合でファーストを守り、2006年も内野の全守備位置に就いた。オールスター出場を果たした本間の活躍や新人の本多雄一の台頭もあり、夏場までは殆どベンチスタート、そして王が病気療養となり森脇浩司指揮下となった8月には二軍降格となり、34試合の出場に終わったこともあって10月に引退を表明した。7月26日の対ロッテ戦(一死満塁から代打の松中信彦の犠飛でサヨナラ勝ちをした試合)でサヨナラのホームを踏んだ川崎に浣腸をしている写真が2006年8月24日発売の「Number」659に、掲載された。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た川崎宗則

    2002年は、開幕レギュラーは獲得したものの、打撃不振で川崎宗則や野々垣にポジションを譲ったが、夏場から人が変わったように打ち出して打率を6分近く上げ、王の信頼を再び取り戻す。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た大越基

    すぐに周囲に溶け込むタイプであり、ダイエー移籍直後から藤井将雄とも非常に仲良くなっていた。藤井の葬儀では出棺の際、藤井の兄貴分であった工藤公康、主力の小久保裕紀、若田部健一らと一緒に棺を担いだ。同い年である田之上慶三郎、大越基、種田仁、大西崇之らと親交が深く、予定が合えば他チームの選手ともゴルフをする。チーム一のガッツマンで、引退した田口昌徳らと共にムードメーカーとしても大きく貢献した。日本プロ野球選手会ウェブページの伝言では、後輩である井端弘和に「尊敬している先輩」と言われたり、門倉健に先輩の威厳をぶつけたりもした。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た小久保裕紀

    すぐに周囲に溶け込むタイプであり、ダイエー移籍直後から藤井将雄とも非常に仲良くなっていた。藤井の葬儀では出棺の際、藤井の兄貴分であった工藤公康、主力の小久保裕紀、若田部健一らと一緒に棺を担いだ。同い年である田之上慶三郎、大越基、種田仁、大西崇之らと親交が深く、予定が合えば他チームの選手ともゴルフをする。チーム一のガッツマンで、引退した田口昌徳らと共にムードメーカーとしても大きく貢献した。日本プロ野球選手会ウェブページの伝言では、後輩である井端弘和に「尊敬している先輩」と言われたり、門倉健に先輩の威厳をぶつけたりもした。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た若田部健一

    すぐに周囲に溶け込むタイプであり、ダイエー移籍直後から藤井将雄とも非常に仲良くなっていた。藤井の葬儀では出棺の際、藤井の兄貴分であった工藤公康、主力の小久保裕紀、若田部健一らと一緒に棺を担いだ。同い年である田之上慶三郎、大越基、種田仁、大西崇之らと親交が深く、予定が合えば他チームの選手ともゴルフをする。チーム一のガッツマンで、引退した田口昌徳らと共にムードメーカーとしても大きく貢献した。日本プロ野球選手会ウェブページの伝言では、後輩である井端弘和に「尊敬している先輩」と言われたり、門倉健に先輩の威厳をぶつけたりもした。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た種田仁

    2004年シーズン以降、川崎がレギュラーを獲得し、控えに回ることが多くなったが、松中信彦や同い年で友人である種田仁の助言を受けて、種田のガニマタ風の打撃フォームに改造。体が前に突っ込む癖が改善し、得点圏打率が大幅に上昇した。しかし本人はお立ち台で「種田みたいでカッコ悪い」と語っていた。その後ホルベルト・カブレラの外野手転向に伴い、対左投手用の二塁レギュラーとなり、本間満とポジションを争った。他のチームではベンチ、または二軍落ちとなる程の成績であっても、常に一軍に置かれ、打てなくてもスタメン起用されることが多かった。毎年キャンプ時には、王が鳥越の打撃練習に付きっ切りで付き合っていたことなどから、王が鳥越を重宝していたことがうかがい知れる。敗退したプレーオフでも、敗色濃厚だった最終戦の最終回に同点のきっかけを作る二塁打を放つなど一人奮闘し、“ミスターオクトーバー”の異名を取った。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た明治大学

    臼杵高校を経て明治大学に入学。明大野球部時代は「3番・遊撃手」として活躍し、全日本メンバーにも選ばれる。リーグ通算67試合出場、248打数68安打、打率.274、8本塁打、31打点。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た福岡ソフトバンクホークス

    現在は、福岡ソフトバンクホークス一軍内野守備走塁コーチ。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード