75件中 21 - 30件表示
  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見たナゴヤドーム

    1999年シーズン中に移籍したダイエーで、古巣の星野中日を下して日本一を経験する。慣れ親しんだナゴヤドームでの日本一決定直後、鳥越は一人だけ中日ベンチの方を向いてガッツポーズをし、そのガッツポーズの瞬間の写真が週刊ベースボールでの引退記念インタビューの冒頭に掲載された。祝勝会ではカメラに向かって「トレードしてくれたおかげで日本一になることができました。拝啓、星野仙一様!」と言い放ち、プロ野球珍プレー・好プレー大賞でも度々取り上げられた。翌2000年、ダイエーはV2を達成したが、前年と同じように祝勝会で「これ、名古屋も映りますか?」と前置きした上で「私、二年連続で優勝することができました。ありがとうございました。拝啓、星野仙一様! イェーイ!」と、やはり同じ発言をしている。週刊ベースボールの引退記念インタビューにて、「ホークスでは『星野監督にトレードに出された』という反骨心で頑張ろうと決めていた」と語っており、星野に対する悪い印象は一切無いと言っている。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た渡部高史

    初安打:同上、7回裏に渡部高史から鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た李鍾範

    1998年はプロ野球脱税事件の出場停止処分のために開幕から4週間は二軍を含めて試合に出られなかった。処分解除後も、内野ポジションには阪神から移籍してきた久慈照嘉や、当時絶好調だった李鍾範、更にロッテから移籍の南渕時高がおり、出場機会が激減する。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た野々垣武志

    だが2001年、オープン戦では12球団打撃ランキング4位という好成績を収めながら、シーズン開幕直後から大不振に陥り、6月からは浜名や野々垣武志らにポジションを奪われた。結果、この年一度も猛打賞がなく、シーズン通じて一度も打率を2割台に乗せることない打率.174と、低い成績で終わってしまう。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た南渕時高

    1998年はプロ野球脱税事件の出場停止処分のために開幕から4週間は二軍を含めて試合に出られなかった。処分解除後も、内野ポジションには阪神から移籍してきた久慈照嘉や、当時絶好調だった李鍾範、更にロッテから移籍の南渕時高がおり、出場機会が激減する。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た柴原洋

    2012年3月4日に行われた、柴原洋の引退セレモニーでは遊撃のポジションに就いた。この日はロッテとのオープン戦だったこともあり、井口が二塁に就いた。そのため内野陣は、一塁松中、二塁井口、三塁小久保、遊撃鳥越というダイエー黄金期のメンバーで、打席に立つ柴原の最後の花道を飾った。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た森本学

    2005年は内野の全ポジションを守った。2006年は4月に二塁守備の際、サヨナラ負けにつながるエラーを犯してしまい、それ以降守備要員の座を森本学らに明け渡すことになってしまった。7月2日の試合でファーストを守り、2006年も内野の全守備位置に就いた。オールスター出場を果たした本間の活躍や新人の本多雄一の台頭もあり、夏場までは殆どベンチスタート、そして王が病気療養となり森脇浩司指揮下となった8月には二軍降格となり、34試合の出場に終わったこともあって10月に引退を表明した。7月26日の対ロッテ戦(一死満塁から代打の松中信彦の犠飛でサヨナラ勝ちをした試合)でサヨナラのホームを踏んだ川崎に浣腸をしている写真が2006年8月24日発売の「Number」659に、掲載された。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た藤井将雄

    すぐに周囲に溶け込むタイプであり、ダイエー移籍直後から藤井将雄とも非常に仲良くなっていた。藤井の葬儀では出棺の際、藤井の兄貴分であった工藤公康、主力の小久保裕紀、若田部健一らと一緒に棺を担いだ。同い年である田之上慶三郎、大越基、種田仁、大西崇之らと親交が深く、予定が合えば他チームの選手ともゴルフをする。チーム一のガッツマンで、引退した田口昌徳らと共にムードメーカーとしても大きく貢献した。日本プロ野球選手会ウェブページの伝言では、後輩である井端弘和に「尊敬している先輩」と言われたり、門倉健に先輩の威厳をぶつけたりもした。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た田口昌徳

    すぐに周囲に溶け込むタイプであり、ダイエー移籍直後から藤井将雄とも非常に仲良くなっていた。藤井の葬儀では出棺の際、藤井の兄貴分であった工藤公康、主力の小久保裕紀、若田部健一らと一緒に棺を担いだ。同い年である田之上慶三郎、大越基、種田仁、大西崇之らと親交が深く、予定が合えば他チームの選手ともゴルフをする。チーム一のガッツマンで、引退した田口昌徳らと共にムードメーカーとしても大きく貢献した。日本プロ野球選手会ウェブページの伝言では、後輩である井端弘和に「尊敬している先輩」と言われたり、門倉健に先輩の威厳をぶつけたりもした。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た久慈照嘉

    1998年はプロ野球脱税事件の出場停止処分のために開幕から4週間は二軍を含めて試合に出られなかった。処分解除後も、内野ポジションには阪神から移籍してきた久慈照嘉や、当時絶好調だった李鍾範、更にロッテから移籍の南渕時高がおり、出場機会が激減する。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「鳥越裕介」のニューストピックワード