125件中 61 - 70件表示
  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た参議院

    2010年3月23日、参議院予算委員会において、自民党所属の参議院議員山本一太が、3月17日に首相公邸で行われたイ・ソジンとの会食を取り上げた。「お気に入りの韓流スターを公邸に招き、手料理をふるまったのは日韓親善を考えた外交政策だったのか?それとも個人的趣味だったのか?」の質問に対して、鳩山は「妻の自主性に任せているので、これ以上のことは私にはわからない」と答弁した。山本は「国民の生活状況は苦しい。母親から12億円もらっても気がつかないという首相同様、庶民感覚からずれている。総理官邸のKYカップルと呼ばれてもしかたがない」と批判した。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た宝塚歌劇団47期生

    鳩山 幸(はとやま みゆき、1943年6月28日 - )は、日本の政治家鳩山由紀夫(元総理大臣)の妻。夫の由紀夫が理事長を務める東アジア共同体研究所の評議員。元星組娘役のタカラジェンヌで宝塚歌劇団卒業生。宝塚歌劇団47期生。自身をライフコーディネーター(ライフスタイルの伝導師)と呼んでいる。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た貿易

    幸雄の妹多鶴によると「兄の幸雄は神戸で貿易会社を始めましたが、優しく親切な性格で、ガツガツした商売人には向いていなかった。戦後すぐにアメリカに戻った私も仕送りしましたが、結局、兄は貿易会社をたたみました。そして当時、私が住んでいたシカゴに単身でやってきたのです。シカゴでは工場勤務で2つのシフトを掛け持ちして働きづめでした。一時は、金属片で片腕に大けがを負ったこともありましたね」という。 シカゴで働く幸雄は、妻と二人の娘がアメリカに来るものだと思い、待ち続けたという。 再び一家四人で暮らせるように、家庭用の大きな鍋もキッチンに買いそろえた。しかしテーブルを家族がそろって囲むことは2度となかった。」という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たチマチョゴリ

    2010年3月17日 - イ・ソジンとイ・ソジンの母、姉2人らを首相公邸に招待。午後5時頃、公邸に到着した一行に天ぷらや鳥の手羽先などの手料理と総理夫妻行きつけの寿司屋から取り寄せた特製寿司を振る舞った。イは幸夫人に韓国の伝統衣装チマチョゴリをプレゼント。幸夫人は「近い将来、韓国を訪問するときに着ていく」と語った。鳩山総理は午後9時半すぎに合流。「いつもキムチを送ってくれてよく食べている」と述べた。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たアメリカ合衆国

    中華民国(現:中華人民共和国)、上海にアメリカの市民権をもつ楠瀬幸雄、秀子の二女として生まれる。1944年、戦況の悪化から母と一緒に日本に疎開し、高知県で生活を始める。その後、神戸市に引越し、神戸海星女子学院に編入した。学生時代のあだ名は、変わり者を意味する「black sheep(黒い羊)」。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た中央日報

    2009年10月9日 - 体調を崩していたペ・ヨンジュンに、訪韓していた鳩山夫妻が日本の外務省を通じて花束を贈った。当初はペ・ヨンジュンが入院する病院を鳩山夫妻が直接訪れる計画を示したが、警護の問題などから見送られた。このことは「いくら韓流ファンとはいえ、日本の首相夫妻が健康を崩した韓国の芸能人を心配して花束を贈るのは異例のことだ」と韓国紙『中央日報』に報じられた。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た寿司屋

    2010年3月17日 - イ・ソジンとイ・ソジンの母、姉2人らを首相公邸に招待。午後5時頃、公邸に到着した一行に天ぷらや鳥の手羽先などの手料理と総理夫妻行きつけの寿司屋から取り寄せた特製寿司を振る舞った。イは幸夫人に韓国の伝統衣装チマチョゴリをプレゼント。幸夫人は「近い将来、韓国を訪問するときに着ていく」と語った。鳩山総理は午後9時半すぎに合流。「いつもキムチを送ってくれてよく食べている」と述べた。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た中華人民共和国

    中華民国(現:中華人民共和国)、上海にアメリカの市民権をもつ楠瀬幸雄、秀子の二女として生まれる。1944年、戦況の悪化から母と一緒に日本に疎開し、高知県で生活を始める。その後、神戸市に引越し、神戸海星女子学院に編入した。学生時代のあだ名は、変わり者を意味する「black sheep(黒い羊)」。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た週刊新潮

    当時の夫が『週刊文春』や『週刊新潮』に経緯を明らかにしたところによれば、以前に、幸を日本料理屋を経営していた元夫に紹介した知人から、スタンフォード大学に留学していた由紀夫の世話を頼まれ、面倒をみることとなり、幸も由紀夫と知りあうこととなる。近所から若い男が留守宅に通っているなどの噂を聞かされ、幸に悪い噂があるから気をつけるよう話したが、幸からは真実を打ち明けられなかったので深刻に受け止めなかったが、ある日突然、書きおきを残して幸は元夫の前から消え、それ以降は一度も音信がないとしている。2人の失踪後に、一度だけ、由紀夫の母が挨拶に現れたと述べている。この再婚に対して、一部の女性週刊誌などにおいて「略奪婚」と報じられた。なお、由紀夫は幸との結婚について略奪婚であることを公言している。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た1億人の大質問!?笑ってコラえて!

    1億人の大質問!\?笑ってコラえて! 3時間スペシャル(2009年12月23日放送、日本テレビ)鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示

「鳩山幸」のニューストピックワード