120件中 71 - 80件表示
  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た再婚

    1967年に宝塚歌劇団を退団。1969年12月頃には渡米しており、アメリカでサンフランシスコの日本料理店「蝶蝶」のマネジャーと結婚するが出奔する形で離婚し、1975年に鳩山由紀夫と再婚した。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たホテルニューオータニ

    2010年1月8日 - イ・ソジンと東京・紀尾井町の「ホテルニューオータニ」内の日本料理店「なだ万」において夫妻で会食。幸夫人は誕生日を控えるイにジャンパーをプレゼント。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た着物

    引揚げ後、一家は高知に疎開した。近所の住民によると「みんな着物やモンペを着ていた時代に、お母さんの秀子さんはハイヒールを履いているからビックリしました。幸ちゃんも当時から華があり、フランス人形みたいにウエストがキュッとしまったワンピースを着ているんです。家には英語の本が山積みで、ご夫婦の会話が英語だったのをよく覚えています。台所をキッチンと言ってましたし、和式のトイレを洋式に改造して、座って用を足していました。私はそれが気に入って、便所を借りていたんです(笑)。こんな田舎に来るような人たちではないと言われていましたね」という 。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た疎開

    引揚げ後、一家は高知に疎開した。近所の住民によると「みんな着物やモンペを着ていた時代に、お母さんの秀子さんはハイヒールを履いているからビックリしました。幸ちゃんも当時から華があり、フランス人形みたいにウエストがキュッとしまったワンピースを着ているんです。家には英語の本が山積みで、ご夫婦の会話が英語だったのをよく覚えています。台所をキッチンと言ってましたし、和式のトイレを洋式に改造して、座って用を足していました。私はそれが気に入って、便所を借りていたんです(笑)。こんな田舎に来るような人たちではないと言われていましたね」という 。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た芸名

    1959年、神戸海星女子学院高等学校1年修了で宝塚音楽学校に入学。宝塚歌劇団47期生。1961年、宝塚歌劇団入団。星組に配属。同期に初風諄、羽山紀代美らがいる。若みゆきの芸名で娘役として舞台に立った。宝塚時代の愛称はコンちゃん。その由来は喜劇役者の大村崑の物真似ばかりしていたからである。在団中の1964年に宝塚歌劇団創立50周年を迎えている。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た祖父

    祖父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやっていた。豊吉は昭和6年(1931年)死去。幸の叔母多鶴(幸雄の妹)によると「高知県出身の私の父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、日本人の母とのあいだに、兄の幸雄や私が生まれました。父は寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやってました。その父が亡くなったのは1931年(昭和6年)、私は13歳、4歳上の幸雄がアラスカにサーモン漁に出かけている時でした。高知にある遺産を相続するため、私たち家族は日本に戻ることになったのです」「兄は高知の工業高校を出た後、大阪の工業新聞で記者として働き始めました。戦争が始まると、私たちは、辛かったですね。毎月、家に憲兵隊がやってきて、『どちらが戦争に勝つか』と聞くのです。私は母親から『絶対にアメリカって言うんじゃありませんよ』と言われていました。それに、英語も禁止されたのです」 という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た戦後

    そのうち、船員が泊まる所がなくて困っていると聞き、県庁近くの山本通で旅館を始めた。楠治(くすじ)は家に牧師を呼んで集会を行い、戦後は私財を擲って戦争未亡人のための母子寮を開寮した。それが、神戸市の母子生活支援施設として現存する「離宮ハイツ」である。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たサーモン

    祖父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやっていた。豊吉は昭和6年(1931年)死去。幸の叔母多鶴(幸雄の妹)によると「高知県出身の私の父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、日本人の母とのあいだに、兄の幸雄や私が生まれました。父は寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやってました。その父が亡くなったのは1931年(昭和6年)、私は13歳、4歳上の幸雄がアラスカにサーモン漁に出かけている時でした。高知にある遺産を相続するため、私たち家族は日本に戻ることになったのです」「兄は高知の工業高校を出た後、大阪の工業新聞で記者として働き始めました。戦争が始まると、私たちは、辛かったですね。毎月、家に憲兵隊がやってきて、『どちらが戦争に勝つか』と聞くのです。私は母親から『絶対にアメリカって言うんじゃありませんよ』と言われていました。それに、英語も禁止されたのです」 という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た

    母方の祖父橋本楠治(くすじ)は戦前、神戸の海岸通で船員にを売るテーラーを営んでいた。楠治(くすじ)について、水野美禰子・離宮ハイツ理事長によると「幸さんの母方の祖父、橋本楠治さんはサンタクロースのような白い髭をたくわえた方で、クリスマスになると、赤い服を着て、大きな袋をもって施設にみえるんです。子供たちから?髭のおじさん?と慕われていました」という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た地方参政権

    2009年9月14日を皮切りに、首相公邸などで私的に頻繁に韓国の俳優イ・ソジンと会っている。イは、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を求める在日本大韓民国民団(民団)の広報大使を務めている。産経新聞は、首相周辺から「特定の外国の人とばかり会うのは誤解を招きかねない」と懸念する声が出ている、と報道した。また来日する韓国の芸能人のほとんどと率先して会っており、その舞台に首相公邸などが使われていることは、「公私混同の極みである」という問題は、中国など外国メディアでも報じられている。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「鳩山幸」のニューストピックワード