125件中 81 - 90件表示
  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た金星人

    「宇宙人に誘拐されて金星に行った」、「私はトム・クルーズが前世で日本人だったと知っている」、「太陽をちぎって食べている」などと発言した(ただし、これは自身が光合成を行うことの比喩表現である)。夫の総理就任が確実になり、多くのメディアがこれらの発言をとりあげた。トム・クルーズの話はサイエントロジーや新世代スピリチュアルとの関係で語られた。「日本の次期ファーストレディは、『はじけた』女性」、「日本の新しいファーストレディは金星人ではない、行ってきただけ」などと評された。「前世で一緒だったトム・クルーズと映画を競演したい」と発言している。NYではNUTSとも呼ばれており在米日本人ブログでも取り上げられた。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た韓服

    「食事の際にはキムチを欠かさない」など韓国文化に深く傾倒している。「(イ・ソジンの母が作った白キムチを食した後)このキムチを作る方法を学びに韓国に行かなくては」と由紀夫に訪韓を懇願したり、2010年に開催された「日韓交流お祭り」では韓国の民族衣装を着てキムチの美味しさをアピールするなど、キムチに対するこだわりは特に強い。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たサイエントロジー

    「宇宙人に誘拐されて金星に行った」、「私はトム・クルーズが前世で日本人だったと知っている」、「太陽をちぎって食べている」などと発言した(ただし、これは自身が光合成を行うことの比喩表現である)。夫の総理就任が確実になり、多くのメディアがこれらの発言をとりあげた。トム・クルーズの話はサイエントロジーや新世代スピリチュアルとの関係で語られた。「日本の次期ファーストレディは、『はじけた』女性」、「日本の新しいファーストレディは金星人ではない、行ってきただけ」などと評された。「前世で一緒だったトム・クルーズと映画を競演したい」と発言している。NYではNUTSとも呼ばれており在米日本人ブログでも取り上げられた。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た女性週刊誌

    当時の夫が『週刊文春』や『週刊新潮』に経緯を明らかにしたところによれば、以前に、幸を日本料理屋を経営していた元夫に紹介した知人から、スタンフォード大学に留学していた由紀夫の世話を頼まれ、面倒をみることとなり、幸も由紀夫と知りあうこととなる。近所から若い男が留守宅に通っているなどの噂を聞かされ、幸に悪い噂があるから気をつけるよう話したが、幸からは真実を打ち明けられなかったので深刻に受け止めなかったが、ある日突然、書きおきを残して幸は元夫の前から消え、それ以降は一度も音信がないとしている。2人の失踪後に、一度だけ、由紀夫の母が挨拶に現れたと述べている。この再婚に対して、一部の女性週刊誌などにおいて「略奪婚」と報じられた。なお、由紀夫は幸との結婚について略奪婚であることを公言している。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たチマ・チョゴリ

    2009年9月14日 - イ・ソジンが、総理就任を2日後に控えた鳩山由紀夫の東京事務所を表敬訪問。イが鳩山に、韓国の与党ハンナラ党の鄭夢準代表からの祝意と「是非近いうちに訪韓されることを期待する」とのメッセージを伝える。同席した幸は、調理から盛り付けまでを自ら行って、イ・ソジンを接待した。イ・ソジンからチマ・チョゴリをプレゼントされた幸は「近い将来、韓国を訪問するときに着ていく」と語った 。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た宝塚音楽学校

    1959年、神戸海星女子学院高等学校1年修了で宝塚音楽学校に入学。宝塚歌劇団47期生。1961年、宝塚歌劇団入団。翌1962年に星組に配属。同期に初風諄、羽山紀代美らがいる。若みゆきの芸名で娘役として舞台に立った。宝塚時代の愛称はコンちゃん。宝塚入団時の成績は66人中47位。その由来は喜劇役者の大村崑の物真似ばかりしていたからである。在団中の1964年に宝塚歌劇団創立50周年を迎えている。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たもんぺ

    引揚げ後、一家は高知に疎開した。近所の住民によると「みんな着物やモンペを着ていた時代に、お母さんの秀子さんはハイヒールを履いているからビックリしました。幸ちゃんも当時から華があり、フランス人形みたいにウエストがキュッとしまったワンピースを着ているんです。家には英語の本が山積みで、ご夫婦の会話が英語だったのをよく覚えています。台所をキッチンと言ってましたし、和式のトイレを洋式に改造して、座って用を足していました。私はそれが気に入って、便所を借りていたんです(笑)。こんな田舎に来るような人たちではないと言われていましたね」という 。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た憲兵隊

    祖父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやっていた。豊吉は昭和6年(1931年)死去。幸の叔母多鶴(幸雄の妹)によると「高知県出身の私の父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、日本人の母とのあいだに、兄の幸雄や私が生まれました。父は寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやってました。その父が亡くなったのは1931年(昭和6年)、私は13歳、4歳上の幸雄がアラスカにサーモン漁に出かけている時でした。高知にある遺産を相続するため、私たち家族は日本に戻ることになったのです」「兄は高知の工業高校を出た後、大阪の工業新聞で記者として働き始めました。戦争が始まると、私たちは、辛かったですね。毎月、家に憲兵隊がやってきて、『どちらが戦争に勝つか』と聞くのです。私は母親から『絶対にアメリカって言うんじゃありませんよ』と言われていました。それに、英語も禁止されたのです」 という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たシカゴ

    幸雄の妹多鶴によると「兄の幸雄は神戸で貿易会社を始めましたが、優しく親切な性格で、ガツガツした商売人には向いていなかった。戦後すぐにアメリカに戻った私も仕送りしましたが、結局、兄は貿易会社をたたみました。そして当時、私が住んでいたシカゴに単身でやってきたのです。シカゴでは工場勤務で2つのシフトを掛け持ちして働きづめでした。一時は、金属片で片腕に大けがを負ったこともありましたね」という。 シカゴで働く幸雄は、妻と二人の娘がアメリカに来るものだと思い、待ち続けたという。 再び一家四人で暮らせるように、家庭用の大きな鍋もキッチンに買いそろえた。しかしテーブルを家族がそろって囲むことは2度となかった。」という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た牧師

    そのうち、船員が泊まる所がなくて困っていると聞き、県庁近くの山本通でホテルを始めた。楠治(くすじ)は家に牧師を呼んで集会を行い、戦後は私財を擲って戦争未亡人のための母子寮を開寮した。それが、神戸市の母子生活支援施設として現存する「離宮ハイツ」である。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

125件中 81 - 90件表示

「鳩山幸」のニューストピックワード