120件中 81 - 90件表示
  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たSMAP×SMAP

    SMAP×SMAP 新春ドリームスペシャル(2010年1月4日放送、関西テレビ・フジテレビ)鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たハイヒール

    引揚げ後、一家は高知に疎開した。近所の住民によると「みんな着物やモンペを着ていた時代に、お母さんの秀子さんはハイヒールを履いているからビックリしました。幸ちゃんも当時から華があり、フランス人形みたいにウエストがキュッとしまったワンピースを着ているんです。家には英語の本が山積みで、ご夫婦の会話が英語だったのをよく覚えています。台所をキッチンと言ってましたし、和式のトイレを洋式に改造して、座って用を足していました。私はそれが気に入って、便所を借りていたんです(笑)。こんな田舎に来るような人たちではないと言われていましたね」という 。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たシアトル

    祖父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやっていた。豊吉は昭和6年(1931年)死去。幸の叔母多鶴(幸雄の妹)によると「高知県出身の私の父・楠瀬豊吉は20世紀初頭に渡米し、シアトルの製材所で親方として働き、日本人の母とのあいだに、兄の幸雄や私が生まれました。父は寄宿舎を建て、渡米してきた日本の若者たちを住まわせて職探しを手伝ったり、慈善事業のようなこともやってました。その父が亡くなったのは1931年(昭和6年)、私は13歳、4歳上の幸雄がアラスカにサーモン漁に出かけている時でした。高知にある遺産を相続するため、私たち家族は日本に戻ることになったのです」「兄は高知の工業高校を出た後、大阪の工業新聞で記者として働き始めました。戦争が始まると、私たちは、辛かったですね。毎月、家に憲兵隊がやってきて、『どちらが戦争に勝つか』と聞くのです。私は母親から『絶対にアメリカって言うんじゃありませんよ』と言われていました。それに、英語も禁止されたのです」 という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た和服

    翌1965年、フランスのパリ公演メンバーに那智わたる、甲にしきらと共に選抜され、9月18日から20日までパリ市内のアルハンブラ劇場で公開試演会、9月21日から10月17日まで同劇場で33回の一般公演を行った。若みゆきを含む、タカラジェンヌたちが全員着物姿でパリ市内見物をしているカラー写真が現存する。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た博品館劇場

    2007年9月、博品館劇場「フレンドシップ 約束」鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た産経新聞

    2009年9月14日を皮切りに、首相公邸などで私的に頻繁に韓国の俳優イ・ソジンと会っている。イは、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を求める在日本大韓民国民団(民団)の広報大使を務めている。産経新聞は、首相周辺から「特定の外国の人とばかり会うのは誤解を招きかねない」と懸念する声が出ている、と報道した。また来日する韓国の芸能人のほとんどと率先して会っており、その舞台に首相公邸などが使われていることは、「公私混同の極みである」という問題は、中国など外国メディアでも報じられている。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たタイム (雑誌)

    国際的には、奇抜な発言(後述)が話題となり、米国の時事週刊誌タイムが選ぶ「最もはじけたファーストレディー」で1位となった。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た神戸海星女子学院中学校・高等学校

    中華民国(現:中華人民共和国)・上海にアメリカの市民権をもつ楠瀬幸雄、秀子の二女として生まれる、。昭和19年(1944年)、戦況の悪化から、母と一緒に日本に疎開し、高知県で生活を始める。その後、神戸市に引越し、神戸海星女子学院に編入した。学生時代のあだ名は、変わり者を意味する「black sheep(黒い羊)」。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た西宮市

    豊吉が亡くなると、アメリカの市民権を持ったまま父幸雄は帰国。高知の工業高校を出た後、大阪の工業新聞で記者として働き始めた。西宮に住むようになった幸雄は、橋本秀子と出会い結婚した。秀子と幸雄は結婚後、上海に移り住んだ。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見た貿易

    幸雄の妹多鶴によると「兄の幸雄は神戸で貿易会社を始めましたが、優しく親切な性格で、ガツガツした商売人には向いていなかった。戦後すぐにアメリカに戻った私も仕送りしましたが、結局、兄は貿易会社をたたみました。そして当時、私が住んでいたシカゴに単身でやってきたのです。シカゴでは工場勤務で2つのシフトを掛け持ちして働きづめでした。一時は、金属片で片腕に大けがを負ったこともありましたね」という。 シカゴで働く幸雄は、妻と二人の娘がアメリカに来るものだと思い、待ち続けたという。 再び一家四人で暮らせるように、家庭用の大きな鍋もキッチンに買いそろえた。しかしテーブルを家族がそろって囲むことは2度となかった。」という。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示

「鳩山幸」のニューストピックワード