前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 行川アイランド

    行川アイランドから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    1964年8月13日に開園。フラミンゴショーの人気などから1970年には年間117万人もの入場者数を記録し、外房線には行川アイランド駅が設けられた。しかしながらレジャー施設が皆無であった鴨川町で大規模水族館の鴨川シーワールドが1970年10月に開園すると、当園の入場者数は同年から減少しはじめた。当初は個人経営だったが、1976年に会社更生法を申請。当時のオーナーが社長を務める日本冶金工業が経営を引き受けた。その後は子会社である冶金興産株式会社が管理し、株式会社行川アイランドが運営を受託する形となったが、同年以降は一度も黒字になっていない。行川アイランド フレッシュアイペディアより)

  • カマイルカ

    カマイルカから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本においては、ハンドウイルカ(バンドウイルカ)と並び水族館などで数多く飼育されている。東北以北においては多く飼育される。しかし、飼育下における繁殖は難しいとされ、海遊館や鴨川シーワールド、名古屋港水族館などわずかな例に留まっている。カマイルカ フレッシュアイペディアより)

  • セイウチ

    セイウチから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川シーワールド(千葉県鴨川市) - 1994年(平成6年)に、繁殖に成功、繁殖賞を受賞。セイウチ フレッシュアイペディアより)

  • カモちゃん

    カモちゃんから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    カモちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 谷田専治

    谷田専治から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    宮城県仙台市生まれ。1933年東北帝国大学理学部卒。北京に赴任、44年「日本産石灰海綿の研究」で理学博士。46年帰国、函館水産専門学校教授、北海道大学教授、69年定年退官、名誉教授。鴨川シーワールド建設に携わり、江の島水族館館長。谷田専治 フレッシュアイペディアより)

  • マリンワールド海の中道

    マリンワールド海の中道から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドの「ロッキーワールド」や横浜・八景島シーパラダイスの「ふれあいラグーン」などと同様に、海獣(海棲哺乳類)の飼育展示用途の施設である。新築された建物はカリフォルニアアシカとゴマフアザラシがそれぞれ暮らす大小2つの水槽が有り、海中(1階)と海面・陸上側(2階)どちらからも観察できる2階建てとなっている。アシカが住むメイン水槽を囲む形で建屋内に1階と2階を結ぶ螺旋状のスロープが設けられており、1階は「うみなかCUBE」と言う名称の水槽のアクリル板が全面に張られた展示室となっている。円柱水槽(直径1.5m、高さ2.8m)も設置され、息継ぎのため水面に垂直浮上するアザラシの習性を利用した行動展示が行われている。マリンワールド海の中道 フレッシュアイペディアより)

  • カピーナ号

    カピーナ号から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    千葉駅 - 中央二丁目 - (千葉)県庁 - 蘇我駅 - 松ヶ丘十字路 - (松ヶ丘IC - 京葉道路 - 館山自動車道 - 姉崎袖ケ浦IC) - 天羽田杉浦 - 滝ケ沢団地 - (東京ドイツ村 - )平岡小前 - 高谷 - 馬来田駅前 - 小櫃駅前 - 俵田 - 久留里駅前 - 久留里城三の丸跡 - 平山 - 松丘 - 亀山・藤林大橋 - 笹(亀山湖入口) - 君津ふるさと物産館 - (鴨川有料道路) - 福祉センター前 - 鴨川市役所入口 - 安房鴨川駅 - 鴨川シーワールド - 亀田病院カピーナ号 フレッシュアイペディアより)

  • みなぞう

    みなぞうから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本国内でミナミゾウアザラシを飼育しているのは1995年(平成7年)当時においては江の島水族館と二見シーパラダイスの2施設であり、このうち二見で飼育されていたオスの「元気」が1999年(平成11年)8月に死亡したため、国内では唯一のオスのミナミゾウアザラシとなった。なお、鴨川シーワールドにおいて1999年(平成11年)12月月頃まで国内唯一のキタゾウアザラシが飼育されていた(この個体は野生の迷入個体を保護する形で飼育した為、他のゾウアザラシと飼育の事情が若干異なる)が、これを最後に現在は国内で飼育されていない。みなぞう フレッシュアイペディアより)

  • 夢!どうぶつ大図鑑

    夢!どうぶつ大図鑑から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    番組サポーター:宮下実(近畿大学教授)、荒井一利(鴨川シーワールド館長)夢!どうぶつ大図鑑 フレッシュアイペディアより)

  • もう、しませんから。

    もう、しませんから。から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    『発掘!マガジン野郎!!』の作者。レポート形式の漫画を描く機会が多いためか、西本が後継者にしようと鴨川シーワールドに連れて行き、イルカに乗せようとしたが水恐怖症ということが発覚。結局担当が乗る羽目になり、本人はショーを満喫していた。『ああっ! 0発屋!!』連載の縁で再登場した際には西本と共にベッキー・クルーエルの東京観光をエスコートした。もう、しませんから。 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード