60件中 11 - 20件表示
  • Sony Aquarium

    Sony Aquariumから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    展示用の魚類は、沖縄から2泊3日のフェリーで移送され、千葉県の鴨川シーワールドで休息し、のちに銀座に移動する。夏の展示が終了すると、鴨川シーワールドに引き取られる。2013年で6年連続出演の全長1.5mのニセゴイシウツボの個体は6年前に沖縄からやって来て、その後、鴨川シーワールドで飼育され、銀座に展示されている。Sony Aquarium フレッシュアイペディアより)

  • 谷田専治

    谷田専治から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    宮城県仙台市生まれ。1933年東北帝国大学理学部卒。北京に赴任、1944年「日本産石灰海綿の研究」で理学博士。1946年帰国、函館水産専門学校教授、北海道大学教授、1969年定年退官、名誉教授。鴨川シーワールド建設に携わり、江の島水族館館長。谷田専治 フレッシュアイペディアより)

  • おたる水族館

    おたる水族館から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    雄の「ウチオ」と雌の「ウーリャ」(二見シーパラダイスより搬入)のペアで長らく飼育されている。2002年に日本においては鴨川シーワールドに次いで繁殖に成功し、「セイタ(雄)」と名付けられたが、2006年に歯髄炎が原因で死亡した。その後、2度の死産を経て、2009年5月31日に雌の子供を出産。公募から「ツララ」と名付けられ、母子共に展示されて、2011年よりツララはショーに出演するためにイルカスタジアムで飼育されている。おたる水族館 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアアシカ

    カリフォルニアアシカから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    多数の展示施設があるが、アシカ飼育で日本での先駆けである京急油壺マリンパークは、1981年頃から繁殖と出産・飼育展示を目的とした施設「あしか島」を設置して、幼獣を各施設に輩出している。また、鴨川シーワールド・ロッキーワールドのアシカ・アザラシプールでは、アザラシとともに国内で唯一飼育されているが飼育される。カリフォルニアアシカ フレッシュアイペディアより)

  • 夢!どうぶつ大図鑑

    夢!どうぶつ大図鑑から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    番組サポーター:宮下実(近畿大学教授)、荒井一利(鴨川シーワールド館長)夢!どうぶつ大図鑑 フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    奥田香苗 鴨川シーワールド・シャチのトレーナーいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • みなぞう

    みなぞうから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本国内でミナミゾウアザラシを飼育しているのは1995年(平成7年)当時においては江の島水族館と二見シーパラダイス(現・伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)の2施設であり、このうち二見で飼育されていたオスの「元気」が1999年(平成11年)8月に死亡したため、国内では唯一のオスのミナミゾウアザラシとなった。なお、鴨川シーワールドにおいて1999年(平成11年)12月頃まで国内唯一のキタゾウアザラシが飼育されていた(この個体は野生の迷入個体を保護する形で飼育した為、他のゾウアザラシと飼育の事情が若干異なる)が、これを最後に現在は国内で飼育されていない。みなぞう フレッシュアイペディアより)

  • 七瀬亜深

    七瀬亜深から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨シー検定(ナレーション、鴨川シーワールド) 七瀬亜深 フレッシュアイペディアより)

  • 久川綾のSHINY NIGHT

    久川綾のSHINY NIGHTから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    同号では、当時VAPの別荘がある千葉県勝浦市での出張録音を敢行した模様も取材。久川が鴨川シーワールドでイルカと戯れるシーン、夜の花火大会での久川と坂下の浴衣姿等が掲載された。久川綾のSHINY NIGHT フレッシュアイペディアより)

  • ハナゴンドウ

    ハナゴンドウから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本においては、江の島水族館においては1961年4月14日に飼育を開始した雌の個体「ヨン」(搬入の順番が4番目だったため命名)が2003年10月6日まで生存し、42年の世界最長の飼育記録を作った。また、鴨川シーワールドは座礁していたハナゴンドウをしばしば保護している。ハナゴンドウ フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード