42件中 21 - 30件表示
  • シロイルカ

    シロイルカから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本においての初めての飼育展示は鴨川シーワールドによる。一般公開されたのは1976年9月である。この時、飼育された個体はカナダハドソン湾のチャーチルで同水族館員によって捕獲されたポール(雄)、ローラ(雌)、チッチ(雌)の3頭である。シロイルカ フレッシュアイペディアより)

  • ハンドウイルカ

    ハンドウイルカから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川シーワールド(千葉県鴨川市東町)ハンドウイルカ フレッシュアイペディアより)

  • コマッコウ

    コマッコウから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    2003年1月28日に、千葉県南房総市の長者川河口で座礁したコマッコウが鴨川シーワールドで保護され、2004年2月26日まで飼育された。飼育期間は395日間で日本最長であった。コマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤綾子

    加藤綾子から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    天気予報代理、鴨川シーワールド(2008年8月24日)加藤綾子 フレッシュアイペディアより)

  • ハナゴンドウ

    ハナゴンドウから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川シーワールド(千葉県鴨川市):サーフスタジアムにてイルカと同居中。2003年4月19日に館山市塩見漁港で座礁していたのを保護された。当初は衰弱していたが、現在は元気に泳ぐことが出来るようになり、時折イルカパフォーマンスにも出場している。名前は「ハウト」。ハナゴンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉中央バス

    千葉中央バスから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    カピーナ号は、千葉と鴨川の間を館山自動車道、久留里線沿線を経由して結ぶ高速バス路線である。日東交通、鴨川日東バスとの共同運行により1999年に開業した。千葉 - 鴨川間ではJR外房線よりも所要時間が短く、往復乗車券を利用した場合には運賃も安くなることから、開業以来高い利用率を維持している。沿線には、鴨川シーワールドや東京ドイツ村などのレジャー施設もあり、一部の便が乗り入れる。千葉中央バス フレッシュアイペディアより)

  • カスピカイアザラシ

    カスピカイアザラシから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    画像:カスピカイアザラシ.jpg|カスピカイアザラシ(鴨川シーワールド)?カスピカイアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県の観光地

    千葉県の観光地から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    ファイル:Orcinus orca show in kamogawa sea world.jpg|鴨川シーワールドのシャチパフォーマンス千葉県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    奥田香苗 鴨川シーワールド・シャチのトレーナーいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • ゼニガタアザラシ

    ゼニガタアザラシから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    画像:ゼニガタアザラシ.jpg?|鴨川シーワールドゼニガタアザラシ フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード