60件中 21 - 30件表示
  • ガメラ対深海怪獣ジグラ

    ガメラ対深海怪獣ジグラから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    その一方、鴨川シーワールド近郊では、付属する国際海洋研究所の科学者である洋介とトム、その子供である健一とヘレンが休暇を過ごしていたが、謎の宇宙船に誘拐されてしまった。ジグラ星人を名乗る船内の宇宙人X1号は、高度な科学を有する自分たちが地球の海を管理すると宣言し、人類に降伏を要求。見せしめに東京をマグニチュード13の大地震で壊滅させる。さらに、洋介とトムを催眠術で眠らせたが、健一とヘレンは2人を連れて脱出した。4人に逃げられたジグラ星人は、X1号を地上に送り込み、健一とヘレンの暗殺を命じる。ガメラ対深海怪獣ジグラ フレッシュアイペディアより)

  • タマちゃん

    タマちゃんから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    2006年9月にはタマちゃんが出没した荒川と並行する新河岸川沿いの川越市の田畑で衰弱した野生のキタオットセイの子供が発見され(しんちゃんと名付けられる)、上野動物園職員が捕獲・収容後、鴨川シーワールドで半年ほど加療して2007年3月に銚子沖で放流された事例もある。タマちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆・三津シーパラダイス

    伊豆・三津シーパラダイスから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    過去にシャチも計3頭飼育されていた。最初のシャチは紀伊半島沖で1986年に捕獲したが1988年に死亡となり、1995年にヤマト(オス)が外国の水族館から搬入され、1997年にはアスカ(メス)が紀伊半島沖で捕獲され搬入された。しかし2000年10月にヤマトが、2007年9月19日にはアスカが死亡したため、2016年現在飼育されていない。アスカ死亡の時点で、日本でシャチが飼育されているのは鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)と太地町立くじらの博物館(和歌山県東牟婁郡太地町)のみとなった。 死因については、小さな異物を誤飲した物が肺に留まったことで吸引性肺炎を発症し、それに伴う免疫低下の合併症による敗血症であると同年12月にプレスリリースで公表されている。近隣のあわしまマリンパークなどでも過去にイルカが駿河湾内に漂着していた異物を誤飲して死亡した事例がある。伊豆・三津シーパラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 館山日東バス

    館山日東バスから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    安房白浜 - 本千倉 - 南三原駅前 - 南三原郵便局 - 和田浦駅入口 - お花畑 - 江見駅入口 - 鴨川駅西口 - 鴨川シーワールド - 亀田病院館山日東バス フレッシュアイペディアより)

  • シロイルカ

    シロイルカから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本では、1976年9月に鴨川シーワールドによってはじめて一般公開された。2004年7月17日には、日本では初めてとなるシロイルカの赤ちゃんが名古屋港水族館で産まれている。母親は2001年4月18日にロシア連邦科学アカデミー附属の飼育施設から同水族館へと来た「No.3」、父親は「No.2」である。子供は雄、個体ナンバーはNo.7であり、2005年3月13日に「ベル」という愛称がつけられた。本種の出産は世界中の水族館で報告されているが、生後半年以上成長する例は稀である。名古屋港水族館は「ベル」の繁殖の成功により、2005年8月、(社)日本動物園水族館協会より繁殖賞を受賞している。シロイルカ フレッシュアイペディアより)

  • ネズミイルカ科

    ネズミイルカ科から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    他のイルカとは違い、ネズミイルカ科のイルカが水族館などにおいて展示飼育されることは稀である。日本においてはスナメリの展示飼育が鳥羽水族館など複数の施設で行われている。ネズミイルカの展示飼育はおたる水族館、鴨川シーワールドでの例が報告されているが、極めて稀である。ネズミイルカ科 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川日東バス

    鴨川日東バスから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    1-7:亀田病院 - 鴨川シーワールド - 安房鴨川駅 - 鴨川市役所入口 - 福祉センター前 - 追分 - 主基駅 - 長狭学園正門前 - サン・ラポール - ロマンの森共和国 - 下の台 - 宿原 - 清和中 - 東粟倉 - 猪原 - 大野台 - 小糸小入口 - 上根本自治会館入口 - 長石大橋 - DNA研究所 - かずさアーク - 矢那川ダム - 日枝神社 - 伊豆島 - 木更津総合高校 - 木更津駅西口 - イオンモール木更津鴨川日東バス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県の観光地

    千葉県の観光地から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    ファイル:Orcinus orca show in kamogawa sea world.jpg|鴨川シーワールドのシャチパフォーマンス千葉県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川バイパス

    鴨川バイパスから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    開通直後は周囲が田園地帯だったこともあり特に渋滞などは発生しなかったが、大規模商業施設(フローレ鴨川、ベイシア鴨川店など)や宿泊施設および鴨川シーワールドなどが続々と進出したため、現在は観光客が多い春季(花見客など)や夏季(海水浴客など)の週末のほか、平日でもラッシュアワーには長狭高前、横渚、待崎橋の各交差点などで渋滞が発生し、嶺岡トンネル内から曽呂十字路まで車列が続いていることもある。このため旧道に迂回する車が多くなった結果、市街地の旧道でも渋滞し環境が悪化することとなった。鴨川バイパス フレッシュアイペディアより)

  • オホーツク水族館

    オホーツク水族館から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    1972年8月、網走沖で小型捕鯨船がシャチ(ゼロ(0)号)を捕鯨銛で射て、日本で初捕獲する。シャチは港で数日間過ごしたのち、オホーツク水族館に移送され、3日間の仮飼育が行われる。そして鴨川シーワールドへ緊急移送されたが、捕獲時の銛の傷が重く敗血症で死亡した。オホーツク水族館 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード